【セール情報】DXOがPureRAW2など最大50%OFF
【セール情報】Amazon BLACK FRIDAY
【ブラックフライデー特集記事】 Amazon / DXO / まとめ

Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ カメラ 噂情報 機材の噂情報・速報

2022年にキヤノンはAPS-Cを含む3台のEOS Rカメラを発表する?

Canon Rumorsが2022年に登場すると思われる3台のEOS Rカメラについて言及しています。KIss Mと7Dを混ぜたようなAPS-C、R6と同センサーのエントリーモデル、R6と新エントリーの中間モデル。

Canon Rumors:There are currently 3 EOS R system cameras coming in the second half of 2022 [CR2]

キヤノンは、2022年を通して積極的な製品投入を続けていくだろう。世界的な半導体不足のために、スピードを落とすことはないようだ。キヤノンは社内で問題の解決策を見つけたのかもしれないが、2022年のほとんどの期間、不足が続くことを前提に計画を進めていくだろう。

  • 現在、2022年後半のロードマップには3台のEOS Rシステムカメラがあるが、非常に良好な情報源が、我々が何を期待できるかについて、ついに語ってくれた。
  • 2022年中にAPS-C RFマウントのカメラが発表されることは間違いない。仕様などは明らかになっていないが、情報源はそれが真のハイブリッドカメラであると述べている。「EOS Kiss MとEOS 7Dを混ぜたようなカメラ」と表現している。
  • 新しいエントリーレベルのフルサイズRFカメラが発表される。このカメラはEOS R6のイメージセンサーを使用するが、それ以上のことは何もわかっていない。
  • 新しいエントリーレベルのカメラとEOS R6の間には、新しいイメージセンサーを搭載したボディが登場するが、EOS R5よりも画素数は低くなる。

情報源はまた、これらのカメラのうち、少なくとも1つから電子ファインダーが取り除かれるかもしれないと述べている。それがエントリーレベルのカメラである可能性は高そうだ。将来的には、より多くのカメラから出んファインダーが省略されても不思議ではない。若い撮影者は、我々年配者ほどファインダーを使用しないのだから。

当面は[CR3]の格付けをしないように言われた。

とのこと。
以前から噂されていた「APS-C EOS R」「エントリーモデル」「エントリーモデルとR6の間のモデル」の3台が2022年に期待できるみたいですね。今年は比較的手ごろな価格のEOS Rが充実することになると思われ、さらに、これらに対応する手ごろなレンズ群が登場するのかもしれません。

APS-Cの話題で言えば、「EOS M6 Mark II」が後継モデルを待たずにディスコンとなり、APS-Cミラーレスシステム「EOS M」シリーズは残すところEOS Kiss M2とEOS M200のみ。売れ筋のこれらをディスコンにすることはないと思いますが、ミドル・アッパーミドル機の購買層はEOS Rシステムへの移行を促したいのかもしれません。噂では「Kiss Mと7Dを混ぜたようなカメラ」と表現しており、小型で高性能なスポーツタイプのミラーレスとなるのかもしれませんね。

エントリーモデルがどのようなカメラとなるのか不明ですが、以前の噂では「EOS RP」の直接の後継モデルとはならないそうな。ファインダーを搭載しないカメラも噂されており、ひょっとしたらフルサイズの「EOS M200」のようなカメラとなるのかもしれませんね。EOS R6と同じセンサーを搭載していると噂され、スナップや家族行楽用に購入できないか、個人的に期待しています。DIGIC Xを搭載してEOS iTR AF Xの一部機能が使えると良いですねえ。

「エントリーとR6の間のカメラ」と言うと今のところ初代「EOS R」。3000万画素センサーを搭載しており、噂とも合致するセンサー解像度です。2018年に登場したEOS Rも今年で4年(8月)となるので、そろそろ後継モデルが登場してもおかしくないでしょう。とは言え「R3・R5・R6・R・RP・(新エントリー)」とラインアップが充実する中で、EOS Rの価格帯でどのような新カメラを投入するのか匙加減が難しそう。M-Fnバー復活なるか?

噂のまとめ

コードネーム一覧

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)

APS-C EOS R

  • 2022年に間違いなく登場する
  • 裏面照射型CMOSセンサー
  • 1台以上のカメラに搭載される
  • 2800~3200万画素かもしれない
  • 2021年発表の可能性がある
  • 2021年後半
  • 裏面照射型センサー
  • 静止画と動画の両方で訴求力がある
  • EOS RPより小さくなるわけではない
  • RF-Sレンズの計画はない
  • 新型APS-Cセンサー
  • 新型APS-Hセンサー
  • 2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
  • DIGIC Xプロセッサ
  • デュアルピクセルCMOS AF II
  • 4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
  • 5軸ボディ内手ぶれ補正

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下

ミドル フルサイズEOSR

  • 2022年に登場

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF800mm F5.6 L IS USM
  • RF1200mm F8 L IS USM

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, カメラ, 噂情報, 機材の噂情報・速報