Nikonレンズ Z NIKKOR カメラ レンズ

NIKKOR Z 40mm f/2は最高のレンズではないが、とても楽しいレンズ

DPReviewがニコン「NIKKOR Z 40mm f/2」のサンプルギャラリーを公開。Z 7と組み合わせて夜景やポートレート、日常風景など、絞り開放を多用した作例多めで57点の写真を公開しています。

DPReview:Nifty...forty? Nikon Z 40mm F2 sample gallery

ニコンZマウントカメラ用のコンパクトな40mm F2レンズは、アメリカ太平洋岸北西部の店頭に並んだばかりだ。ニコンのラインナップの中で最も安価なレンズの1つとして、Z 28mm F2.8と並んでいる。

我々は、このレンズの軽さだけでなく、しっかりとした作りとフルサイズカメラでのバランスの良さにも感銘を受けた。早速、シアトル周辺でZ 7に装着して撮影を行い、299ドルという価格でどのような画質が得られるのかを確認した。

簡単に言うと ニコンがこれまでに作った中で最高のレンズではないが、とても楽しいレンズだ。

全57点のサンプルギャラリーは低照度で絞り開放を使った写真や、日中に開放付近を使用した作例が多め。絞った遠景の写真は少なめですが、サンプルギャラリーの最後に絞りを調整しながら定点撮影した作例を確認できます。同じく絞り値ごとのボケも確認可能。

遠景の解像性能は絞り開放から全体的に安定した画質を実現しているように見えます。ただし、細部や周辺部のコントラストが少し甘く、球面収差やコマ収差が少し残っている可能性あり。とは言え、コンパクトな明るいレンズとしては健闘しています。さらにF4まで絞るとワンランク上の解像性能を発揮。

ボケ質は、少なくとも接写時にとても柔らかく滑らかな後ボケ。周辺部まで口径食の影響が少ないのは意外。ただし、ポートレートのような撮影距離ではボケが騒がしく見えます。軸上色収差も残存しており(このクラスのレンズとしては良く抑えられていますが)、画像を大きくクロップした際は色々と騒がしく見えるかも。また、コマ収差はかなり残っているので、絞り開放で夜景や星空を撮影時は点光源の変形すると理解しておいたほうが良さそう。

私も発売日から使用、面白いレンズです。
従来の高性能なS-Lineレンズと比べると低解像・高収差ですが、一眼レフ用レンズよりも小型軽量で、光学性能もそこまで悪くありません。キットレンズに追加するエントリー単焦点としてはおススメしやすい。

ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 交換レンズデータベース

NIKKOR Z 40mm f/2
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す

管理人のレビュー記事

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ
-