Nikon Nikon Z Nikon関連の情報 Z 6II カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

ニコン「Z 6II」最新情報・噂情報まとめページ

このページではニコン「Z 6II」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

特集ページ

購入早見表

関連カメラ

関連記事

海外の評価

DPReview

DPReview:Nikon Z6 II review

  • カメラの紹介
    ・既存のZ 6のマイナーチェンジモデルだ。機能性を少し拡張しているが、ほぼ同様のバランスの取れた静止画・動画を備えている。
    ・ハードウェアの主な違いはデュアルEXPEED 6プロセッサを搭載し、処理能力向上によるパフォーマンスと機能の改善がある。
    ・比較的マイナーなアップデートだが、競争力のあるカメラだ。
  • ビルド・外観
    ・従来通り頑丈な防塵防滴ボディだ。マグネシウム合金のボディは堅牢性と重量のバランスが取れている。
    ・最新のEN-EL15cバッテリーを使用する。従来より20%ほど容量が増加しているモデルだ。従来のバッテリーとも互換性があるものの、最新バッテリーのbタイプ・cタイプではUSB充電に対応している。
    ・バッテリーは1回の充電で背面モニタで410枚、ファインダーで340枚の撮影が可能だ。週末フォトグラファーなどには十分な性能だが、ウェディングフォトのようなシーンでは予備バッテリーが必要かもしれない。
    ・USB-Cポート経由で給電動作に対応している。
    ・MB-N11バッテリーグリップ装着時はホットスワップに対応している。
  • 携帯性
    ・記載なし。
  • グリップ
    ・従来通り快適なグリップを備えている。
  • 操作性
    ・基本的に前モデルと同等の操作性だ。
    ・フロント、リアダイヤルはとても適切な配置で、簡単にアクセスできる。
    ・前面にはFnボタンを2つ搭載している。
  • 手ぶれ補正
    ・記載なし。
  • ファインダー
    ・従来通り、368万ドットのOLEDファインダーだ。
    ・光学系とコーティングは従来通りだが、リフレッシュレートとブラックアウトの時間が改善していると言われている。
    ・スペックだけを見ると特に優れていないが、光学系はパネルの解像度を最大限活用しているように見える。
  • モニター
    ・ファインダーと同じく変更点は無い。
    ・解像度はきちんとしており、チルト式の可動方式を採用している。
    ・チルトは富士フイルムのような3Wayが良かった。
    ・動画ユーザーとしてはバリアングルモニタが良かった。
  • メニューシステム
    ・過去10年間のニコン製カメラと同様のシステムだ。
    ・非常に密集したシステムだが、カテゴリで適切に分けられているのでナビゲートは簡単だ。
    ・ユーザーインターフェースの主な変更点は「i」メニューのAFモードにワイドエリアの検出モードが追加されたことである。
  • オートフォーカス
    ・ニコンによると、AFは元のZ 6から段階的に改善している。
    ・最も注目すべき変更は「ワイドAF」に顔検出・瞳検出モードが追加されたことだ。これにより、顔検出の範囲を絞り込むことが可能だ。
    ・ワイドAFの検出モードはAFモードリストから選択可能だ。検出機能を個別にオンオフする必要はない。
    ・低照度AFが1EV改善している。ローライトAFを使うことでさらに2EV暗い環境でAFを利用可能だ。
    ・AFの性能と使いやすさは良好だが、それでもクラス最高のカメラと比べると少し見劣りする。
    ・トラッキングモードはオートエリアでボタンを押すとアクティブとなる。半押しで追従開始するが、この際に顔検出や瞳検出は連動しない。
    ・Z 6と比べて追従AFの追従性が改善している。
    ・顔検出や瞳検出が外れてしまっても、同じ位置を粘り強く捕捉し続ける。ただし、顔・瞳検出とトラッキング機能は連携出来ないため、しばらく検出できないと乗り移りが発生してしまう。
    ・瞳AFは瞳ではなくまつ毛にピントが合ってしまうことがある。他のシステムと同様、眼鏡装着時はピントが合わない時がある。しかし、全体的に見ると、ピンポイントAFやMFよりも瞳AFのほうが確実な結果を得ることが出来ると感じる。
    ・大部分の場合、瞳AFはまつ毛では無く瞳にピントが合うようになっている。Z 6よりも改善しているように見える。
    ・トラッキングAFは非常に信頼性が高く、AF速度を適切にコントロールしている。大部分のZレンズで使用しているステッピングモーター駆動は内部録音でチャタリングを発生する可能性がある。しかし、最も信頼性の高い動画AFの一つと言えるだろう。
    ・様々な状況で良好に機能するAFだと思われる。
  • 連写性能・ドライブ
    ・最大で14コマ秒の見事な連写速度を実現しているが、これはAF-S・12Bit RAWに限られる。
    ・追従AF時も立派な12コマ秒の連写速度に対応している。
    ・シャッター方式「自動」があり、シャッターショックが問題となりそうな場合は自動的にシャッター方式を変更してくれる。高速シャッター時は電子先幕の問題を回避するため、自動的にメカシャッターへ切り替わる。
  • 高感度ISOノイズ
    ・低照度や高感度ISOの画質はZ 6と見分けがつかない。つまり十分なディテールを持ち、ノイズレベルは競合他社と同等だ。
  • ダイナミックレンジ
    ・Z 6と同様、デュアルゲインISO回路を持つセンサーだ。つまり高感度ISOでノイズが少なくなる。このため、回路が切り替わる直前はより高感度を使うよりノイズが増える。ただし、違いはそれほど目立たない。
    ・Z 6のように、深いシャドウに現れるバンディングノイズの兆候は見られない。
  • 仕上がり機能
    ・JPEGの色は暖色系で豊かな黄色と緑の見栄えが良い。キヤノンのような心地よい肌色では無く、少しマゼンダに傾いている。しかし、ソニーやパナソニックほどではない。
    ・シャープネスはライバルよりも粗がある。
    ・ノイズリダクションはとても良好だが、競合モデルよりもエッジの処理が甘い。見かけ上のディテールが低くなる。
  • 動画
    ・Z 6の強力な動画機能を継承している。
    ・2021年2月に予定されている無料のファームウェアアップデートで4K 60p UHDへの対応が確定している。これはAPS-Cクロップ時の内部記録で利用可能だ。
    ・N-Logに加えてHLGを外部出力可能となっている。
    ・有料アップグレードにより12Bitの4K RAW(ProRes RAW)を外部出力可能だ。さらに2021年2月にはBlackmagic RAWを利用することが出来るようになる。
    ・EOS R6やLUMIX S5と異なり、内部記録で10Bit動画の撮影が出来ない。Log・HDR・RAW動画を撮影する際は外部レコーダーが必要だ。
    ・静止画と動画で設定値を共有するか、分離するか選ぶことが可能だ。
    ・高性能なAFを加えると、カジュアルな撮影やハイクオリティなハイブリッドユーザーのためのカメラとなる。
    ・画質は従来通り、非常にディテールのある4Kだ。ただし、FullHDは見事とは言えず、モアレが発生しやすい。
    ・APS-C 4K 60pがどのような画質となるかは来年2月までは分からない。
    ・ローリングシャッターは4K 24p/30pどちらも22msだ。これはEOS R6よりも遥かに優れており、LUMIX S5に匹敵する。ただし、α7S IIIやLUMIX GHのような10~15msよりも遥かに下回る数値だ。
    ・RAW動画は6Kからラインスキップで4Kが出力される。

総評

非常に高性能なカメラであり、あらゆる状況に対応する。使いやすく、非常に効果的なAFシステムを備え、優れた動画撮影も可能だ。従来のZ 6から飛躍的な改善とはいかないが、バッテリーグリップの追加やデュアルカードスロットは役に立つと思う。さらに様々な小さい改善点を備えている。これにより家族写真からウェディング・スポーツ撮影まで、あらゆるジャンルでおススメできる。

ほとんどの点でうまくいくカメラだが、さらに優れたAFシステムや動画機能を備えた競合カメラが存在することは考慮しておく必要があるだろう。

エルゴノミクスは素晴らしく、メニューは全体的に良く整理されている。撮影がとても楽しいカメラだ。バッテリーライフは長時間の撮影や動画利用で影響を与える可能性があるものの、一般的には使いやすい。BluetoothやWi-Fiは一度設定すればとてもスムーズに動作する。

Z6 IIは検討する価値のあるカメラだが、ライバルとの差別化が図られているわけではない。機能の幅の広さにより、D750やD780(発売当時は最高のデジタル一眼レフカメラとして名を馳せていた2機種)を凌駕しているが、同程度の性能を持つ競合他社と比較しても、金賞を獲得するのに必要なほどの眩しさは感じられない。

長所:優れた画質・エルゴノミクスに基づいたコンパクトボディ・豊富なコントロール・強力な動画機能・様々な状況で安定したAF性能・一貫した動画AF性能・良好なビルドクオリティ・自動シャッター方式モード・USB充電と給電・外部バッテリーチャージャー付属

短所:AF機能は最高のインターフェースではない・焦点距離を大きく変えるとAFがハンチングする・バッテリーライフが中途半端・メニューや再生画面ではジョイスティックが使えない・10Bit動画やLog動画は外部レコーダー必須・RAW動画はサブサンプリングで品質が低下する・一部のメニューセクションが多すぎる

競合モデル

  • EOS R6
    R6はZ6 IIよりも高価で、直接的なコントロールポイントは少ないが、よりシンプルなAF体験、印象的な手ブレ補正、10Bit動画の内部記録、より広いエリアでの4K/60p撮影、そしていくつかの高速で静かなフォーカスのナノUSMレンズが存在する。
    ニコンの動画は非常に良好で、ローリングシャッターが少なく、AF性能は大まかに匹敵し、F1.8レンズ群はキヤノンの初期製品よりも魅力的かもしれない。決定的な性能差と言うよりも、個々のニーズや人間工学的な好みに左右されると思う。
  • α7 III
    ソニーは幅広いレンズラインアップと優れたバッテリーライフだ。しかし、Z 6IIのような最新の便利なAFシステムを備えていない。
    我々は全体的にZ 6IIが好みだ。優れたファインダー、優れた動画AF、優れた人間工学のボディである。α7Cはよりコンパクトだが、携帯性が本当に必要な場合を除いてZ 6IIがおススメである。
  • LUMIX S5
    価格・機能・センサー性能の点で多くの類似点がある。大きな違いはAF性能だ。特に動画のAFはS5が見劣りする。手ぶれ補正はパナソニックのほうが強力だが、我々は万能なZ 6IIを選ぶだろう。

PhotographyBlog

PhotographyBlog:Nikon Z6 II Review

  • Z 6IIの心臓部は前モデルと同じ2450万画素の裏面照射型CMOSセンサーだが、AFやバッファ、動画機能が改善されている。そしてデュアルカードスロットとなり、SDカードに対応した。Z 6で指摘されていた問題に対処した小さなリニューアルがいくつか存在する。
  • これらはEXPEED 6プロセッサのデュアル化によるものだ。
  • ボディデザインは従来通りだが、驚くことではない。グリップが少し深くなっているが、これはSDカードスロット追加のためだと思われる。
  • Z 6と同様、一眼レフの要素を凝集したデザインを採用しており、ストレスの溜まらないコントロールレイアウトだ。ボディには多くのダイヤルとボタンがあり、十分なスペースが確保されている。
  • 大部分のコントロールは右側に集約されているため、右手だけでの操作も可能だ。
  • 静止画・動画の切替スイッチは非常に固く、誤って操作してしまう可能性はほぼ無い。
  • AFジョイスティックでの操作は非常に便利だ。ファインダー使用中のタッチパッドAFには対応していない。
  • 「i」ボタンで頻繁にアクセスする設定を素早く変更することが可能だ。
  • メモリーカードスロットはXQD/CFexpressスロットに加え、SDカードスロットが追加された。バックアップやオーバーフロー、ファイル形式や静止画と動画で分けることが出来る。
  • ファインダーやモニターはZ6と同じだ。変化は無いものの、この価格帯では優れたファインダーである。モニタは従来通りのチルト可動方式だ。自撮りなどには対応していない。
  • 左側面にはマイク・ヘッドホンジャックやHDMI・リモコンポートがある。そして新規にUSB給電に対応したUSB-Cポートもある。
  • オートフォーカスや連写性能は改善しているが、EOS R6の驚異的なパフォーマンスと比べるとやや残念だ。予測可能な動きの犬に対してR6はほぼ100%のヒット率だが、Z 6IIはかなりの数のミスショットが発生する。瞳AFも同様だ。
  • しかし、Z 6と比べて僅かに改善しているように感じる。低照度でのAF性能も良好だ。
  • Z 6と同じセンサーを使用しているため、画質に大きな変化は無いが、様々な状況で良好な結果が得られると予想される。
  • バルブモードの長秒露光設定に対応している。

Z 6はその価格帯で非常に優れたオールラウンドカメラだった。さらにZ 6IIでメモリーカードスロットが追加され、ハイアマチュアやプロでも使いやすくなっている。とは言え、改善されたAFはまだまだ動体撮影に理想的とは言えない。この種の撮影は一眼レフ、もしくはキヤノンやソニーのミラーレスに匹敵していない。

もう一つ考えなくてはならないのはZ 6からの乗り換えだ。僅かに良好なAFと連写、そしてバッファ、そして追加のメモリーカードスロットを備えているが、他の仕様はほぼ同じだ。最も重要なセンサーを含め、ファインダーやモニター、全体的な操作性も同じである。Z 6のシングルスロットで問題ない場合は手ごろな価格のZ 6を検討する価値がある。

我々が期待していたほど革新的なアップグレードでは無いが、多くの人におススメできるカメラである。

Digital Camera World

Digital Camera World:Nikon Z6 II review

  • 2018年に登場した「Z 6」の後継モデルだ。根本的に新しい訳ではないが、非常に洗練されたカメラである。初期モデルのフィードバックを受けて改善を施している。
  • XQDカードスロットに加えてSD UHS-IIカードスロットが追加された。これは初期モデルのXQDシングルスロットに批判があったのだろう。
  • もう一つの大きな変更点はEXPEED 6プロセッサを追加したことだ。撮影時のデータを集中的に処理するプロセッサが加わったことで、高速連写や低照度性能、良好な動画機能を獲得している。
  • 連写性能は12fpsから14fpsへ向上し、バッファも改善している。ただし、14fps時はAF-S限定である。AF-C時は12fpsだ。
  • 動画は今のところ4K 30pまでだが、2月のファームウェアアップデートで4K 60pに対応予定だ。ただし、1.5倍のクロップが発生する。
  • 2450万画素の裏面照射型CMOSセンサーやFull HD 120fps、ファインダーやモニターの解像度などはZ 6と同じだ。
  • コントロールレイアウトはZ 6と同じである。深いグリップは持ちやすく、前後コマンドダイヤル・ISO・露出補正ボタンなど重要な操作は人差し指と親指で利用できる。
  • 一眼レフと比べるとコンパクトボディのため、ボタン数には限りがある。ドライブモードの選択はダイヤルでは無くメニューを呼び出す必要がある。
  • 前面には二つのFnボタンがある。Fn2は初期設定でフォーカスモードの切り替えに対応している。そして、この機能で新たに人間・動物の瞳検出を切り替えることが出来るようになった。これは今までカスタムボタンで設定する必要があった機能だ。
  • ファインダーは従来通りだ。369万ドットのファインダーは十分クリアな見栄えだが、60fps固定のリフレッシュレートは120fpsと比べると少しぎこちなく感じる。
  • ニコンはいまだにバリアングルモニタでは無く、チルトモニタを採用し続けている。
  • 連写性能は改善しているが、最大20fpsのミラーレスも存在する。ニコンはこの点でもう少し頑張ってほしかった。(特に14fpsはAF-S限定である)
  • 273点のハイブリッドAFシステムは正確に被写体を捕捉する。競合他社の位相差AFシステムと比べると半歩遅れているが、それほど引き離されてはいない。
  • 瞳検出モードは印象的だ。騒がしい背景でも人間・動物のどちらも検出する。距離によって、顔または瞳に切り替わる。キヤノンやソニーほどではないが、僅差で非常に優れた性能だ。追従性はとても信頼できる。
  • Z 6も優れた低照度性能だったが、Z 6IIはさらに磨きがかかっている。測距輝度範囲は-6EVまで拡張し、低照度での撮影は手ぶれ補正が役に立つ。
  • 手ぶれ補正の性能はほとんど変わっていないように感じるが、フルサイズ用の補正効果としてはパナソニックと同等であり、ソニーよりも優れている。
  • 2月に追加される4K 60pまで動画を評価するのは時期尚早だ。しかし、これが1.5倍クロップなのは残念である。
  • 4K 30pの場合、内部記録で8Bit、外部出力でN-logやHLGを使用した10Bitの動画撮影が可能だ。12BitのRAW動画を使用する場合は有償アップグレードが必要である。
  • 動画の連続撮影時間は29分59秒に制限されているが、幸いにも4K動画の利用制限は無い。オーバーヒートする前に4K 30p動画を1時間17分28秒撮影することが出来た。
  • 動画撮影時の見事なAF性能は従来通りだ。さらに動画での瞳検出AFに対応している。
  • 手ぶれ補正は動画撮影で効果的だが、ぶれをゼロに抑えることは出来ない。
  • 動画撮影時の欠点はモニタの可動方式がチルトであることだ。バリアングルモニタを好むVloggerやコンテンツクリエイターは汎用性に制限がかかる。
  • ラボテスト
    ・同じ2400万画素だが、α7 IIIほどは解像しない。違いは極僅かだが、Z 6よりも少しソフトだ。これは推測だが、高感度ISOが向上しているのでノイズリダクションを強めているのではないだろうか。
    ・ダイナミックレンジは優れている。ベースISO感度と最高ISO感度では競合他社に軍配が上がるものの、ISO100からISO6400のパフォーマンスは一貫性が高い。
    ・高感度ノイズ耐性はEOS R6やLUMIX S5、α7 IIIとほぼ同じだ。しかし、ISO6400以降でZ 6IIが優位に立っている。これはデュアルEXPEED 6が役に立っているのだろう。

Z 6にデュアルカードスロットが追加され、プロセッサの追加で連写性能や4K 60p(FW予定)に対応している。ただしそれ以外の点、ファインダーやモニター、イメージセンサー、コントロールレイアウトに違いは無い。とは言え、依然として見事な画質と手ぶれ補正を備え、驚異的なISO感度性能と正確なAF、そして追従可能な12コマ秒連写、立派な動画機能に対応した手強いスチルカメラだ。

バリアングルモニタでは無いので、ビデオグラファー用としてはいくらか制限がある。2021年に4K 60pが約束されているが、将来性があるものの少し時代遅れとも感じる。

この価格帯では間違いなく非常に優秀なカメラであり、いくつかの仕様はライバルよりも優れている。この価格帯で躍り出る存在となるためにはもう少し改善が必要だ。

長所:デュアルカードスロット・連写性能・優れたAF

短所:バリアングルモニタではない・より高速連写に対応するカメラがある・4K 60pはクロップされる

ePHOTOzine

ePHOTOzine:Nikon Z6 II Review

  • 外観をZ 6と見比べると、ほとんど違いは見られない。大きく異なるのはメモリーカードコンパートメントにSDカードスロットが追加されていることだ。
  • 前後のコマンドダイヤルと一眼レフスタイルの大きなグリップを備えている。柔らかいゴム製カバーに覆われ、サムレストも非常に大きい。
  • 防塵防滴性はD850と同程度と言われている。
  • シャッターボタン周りはニコンユーザーならお馴染みのボタン配置だ。
  • ボタンのラベルとはデジタル一眼レフとよく似ているが、レイアウトは少し異なる。
  • モードダイヤルはP/S/A/Mに加え、3つのカスタムモードを備えている。
  • オートフォーカスは273点の像面位相差検出システムを使用する。フレームの90%をカバーしており、ピンポイントAFやピーキングも利用可能だ。顔と瞳の検出に対応し、犬や猫でも利用可能だ。
  • 低照度AFは-4.5EVに対応、もしくはー6EVのローライトAFを利用可能である。フォーカスの信頼性は高く、特に良好な光条件で高い成功率を示した。
  • EVFは369万ドット、0.80倍と大きく高解像なファインダーである。3.2型210万ドットのタッチパネルモニタも良好な解像度と明瞭さで感銘を受けた。
  • モニタはチルト式の可動方式を採用している。タッチパネルはメニューシステムやAFの指定に利用可能だ。
  • メニューシステムは他のニコンカメラと同様、各セクションで色分けされているので素早く機能を見つけることが可能だ。
  • バッテリーライフは340コマと短い。予備バッテリーを持っていくことをおススメする。ただし、バッテリーグリップやUSB充電などに対応している。
  • 色再現はとても心地よく、ニコンファンならZ 6IIの出力にとても満足できると思う。肌の色合いは特に良好だ。
  • 低照度でのオートフォーカスの成功率は高く、シャッターショックを低減する電子先幕も利用可能だ。ボディ内手ぶれ補正も効果的である。
  • ISO感度50から1600-3200まで非常に低ノイズだ。ディテールは3200から6400まで低下し続ける。ノイズは12800で顕著となり、25600でさらに目立つ。51200までは彩度が良いので実用的と言えるだろう。ISO102400以上はノイズが非常に強いので避けるのがおススメだ。
  • AWBはタングステンの光環境で良好に機能する。Auto1ではわずかに暖色寄りだ。混合照明でも良好に機能する。
  • フル画角の4K 30pを利用可能だ。Full HDは最大で120pを使用することが出来る。HDMI出力時のみF-Logに対応しており、後処理で柔軟性のあるフッテージを利用可能だ。
  • ボディ内手ぶれ補正は動画撮影時に便利である。
  • 価格設定は1999ポンドだ。ボディ内手ぶれ補正・4K 60p(FW予定)・14コマ秒連写を考慮すると比較的お買い得な値付けだ。

Z 6と同様の優れた画質と操作性に加え、SDカードスロットなど魅力的な要素が付け加えられている。そして極めて高品質なZレンズ群を利用可能だ。低照度性能は良好だ。さらにニコンらしい優れた色再現性や顔・瞳検出機能でウェディングやポートレートに適している。高速連写が可能なので、スポーツや野生動物にも適している。

残念なポイントの一つは、動画撮影するうえでセルフィーモニタが無いことだ。また、バッテリーライフが少し短いので予備バッテリーは持っておくべきだろう。

長所:優れた画質・ハイクオリティなZレンズ・14コマ秒連写・5軸ボディ内手ぶれ補正・SDカードスロットの追加・優れた操作性

短所:4K 60pはファームウェアアップデート待ち・セルフィーモニタ非対応・バッテリーライフ

DPReview

DPReview:Nikon Z6 II initial review

  • 既存のZ 6に少し手を加えて新しくしている。機能を少し拡張しているが、同様に静止画・動画のバランスが取れたカメラだ。主な違いは2つ目のEXPEED 6を搭載し、処理能力に起因するパフォーマンス・機能改善が大部分だ。
  • オートフォーカス性能はZ 6から段階的に向上している。最も注目すべき変更はワイドエリアで顔・瞳検出AFに対応したことだ。これは以前なら「オートエリア」でしか対応していなかった機能である。つまり今回の機能追加で検出領域を絞り込み、ピントを合わせたい顔を事前に選択できるようになる。
    ヒト・動物検出に対応したワイドエリアAFがAFモードに追加されている。つまりこれらを個別に設定変更する必要はない。
  • ニコンによると低照度のAF性能は1段分改善している。
  • Z 6IIは最大で毎秒14コマの見事な連写速度を実現しているが、これはシングルAFポイント限定や12BitRAW出力(ダイナミックレンジが少し低下する)などの欠点がある。しかし、それ以外の場合でも毎秒12コマでの連写に対応している。
  • 有償にてProResRAWに対応、さらに2021年にBlackmagicRAWに対応するファームウェアアップデートがある。
  • Z 6IIは既に協力な動画機能を備えているが、2021年2月に無償ファームウェアアップデートで4K 60p UHDの対応が約束されている。4K 60pはDXクロップで使用でき、内部記録に対応している。
  • N-Logに加え、10Bit HDRフッテージをHDMI出力できるようになった。
  • ファインダーは従来通り368万ドットのOLEDパネルを使用している。独自設計の光学系やコーティングを採用し、リフレッシュラグや連写時のブラックアウトが低減していると言われている。ただし、ニコンは具体的な数字を示していない。
  • 比較的控えめなアップデートだが、競合他社と比べて競争力のあるカメラだ。売り出し価格は2000ドルであり、EOS R6と比べると遥かに安い。そしてその割に良好なスペックだ。
  • ボディや操作性は基本的に従来通りだ。つまり快適なグリップを備えた頑丈なカメラである。ボディはマグネシウム合金製で重量と堅牢性のバランスが取れている。
  • グリップは快適で前後ダイヤルはとても適切な配置である。レンズマウント付近には2つのFnボタンがあり、静止画と動画で機能を分けることが可能だ。
  • ファインダーの仕様は2020年現在、特に優れたものではないが、少なくとも最大限活用できる光学系を備えている。連写時のファインダー像を確認する機会は得られなかったが、できるだけ早くテストしたいと思っている。
  • モニターに変更は見られない。解像度は適切だが、チルトモニタの可動範囲は上下のみだ。
  • メニューシステムはここ10年のニコン製メニューとほとんど変わりない。機能は適切に配置され、色分けされているので操作が簡単だ。
  • バッテリーは最新EN-EL15cが付属し、従来と比べて20%ほど容量が増えている。カメラは背面モニタで410コマ、ファインダーで340コマの撮影が可能だ。

ファーストインプレッションとしては、信頼性は高いがそれほど広範囲のアップデートではないと感じた。小さな一歩でも前進することは貴重なことだ。しかし、Z 6IIの更新サイクルは早いかもしれない。
個人的に気になったのがデュアルプロセッサ化による恩恵が少ないことだ。バッファが大幅に改善んし、連写速度が向上し、4K 60pの可能性を開くことが出来たが、処理速度の向上を大いに評価するには至らない。同じセンサー(IMX410)を搭載する競合カメラを出し抜いているとは言えず、強化された動画機能はパナソニック「LUMIX S5」でも対応している。
推測だが、ニコンは現在のセンサーでは限界がある判断し、次世代センサーに研究開発のリソースを集中させたのではないだろうか。(このため、既存プロセッサを2基搭載したのかもしれない)もちろん、これは憶測にすぎないが、実際に動画以外で機能改善は見られない。

Z 6II以上のカメラとなる、キヤノン「EOS R6」だけだ。しかし、比較してかなり高価なカメラであり、一部機能は色々と条件が付く。個人的にはZ 6IIの潜在性能を出し切るためのファームウェアアップデートに期待したい。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Nikon, Nikon Z, Nikon関連の情報, Z 6II, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER