SONYレンズ SONY標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

ソニー「FE 28-60mm F4-5.6」徹底レビュー 遠景解像編

このページではソニーの交換レンズ「FE 28-60mm F4-5.6」の無限遠を使った遠景解像のレビューを掲載しています。

まえがき

FE 28-60mm F4-5.6のおさらい

レンズ概要

  • 2021年春発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:7群8枚
    非球面レンズ3枚
  • 開放絞り:F4-5.6
  • 最小絞り:F22-32
  • 絞り羽根:7枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.3-0.45m
  • 最大撮影倍率:0.16倍
  • フィルター径:φ40.5mm
  • レンズサイズ:φ66.6.×45mm
  • 重量:167g
  • リニアモーター駆動
  • 防塵防滴に配慮した設計

コンセプトを一新したフルサイズミラーレス「α7C」と共に発表された標準ズームレンズ。今のところα7Cのキットレンズとしてのみ入手可能ですが、2021年春にレンズ単体での購入が可能となる予定。

このレンズの特徴はなんといっても、その小型軽量なフォルム。縮長45mm、重量約167gのレンズであり、フルサイズ対応の標準ズームとしては非常にコンパクトで軽量。α7Cと組み合わせることでAPS-Cのようなサイズ感でシステムを利用することが出来ます。

コンパクトサイズでトレードオフとなっているのは「ズームレンジ」「光学手ぶれ補正」の2つ。広角端が28mmと比較的狭く、望遠端も60mmの準標準域までしか利用できません。画角の柔軟性を重視する人にとって中途半端なズームレンジと感じるかも。個人的には広角側、もしくは望遠側に振り切ったほうが良かった気がします。

光学手ぶれ補正を搭載していませんが、α7Cのボディ内手ぶれ補正を利用可能であるため大きな問題は無し。光学手ぶれ補正が重要となる望遠域に対応していないため、ボディ側のみで十分対応できると思います。

最短撮影距離が0.3-0.45mとやや長く、撮影倍率も0.16倍と低め。小さな被写体のクローズアップには不適ですが、良好な中央解像を活かしてクロップするのは一つの選択肢と言えるでしょう。

オートフォーカスはリニアモーター駆動で静かで滑らかな動作を実現。静止画でも動画でも使いやすい仕様です。

価格のチェック

2020年11月現在、α7Cのキットレンズとしてのみ入手可能。ボディキットとの差額を考慮すると実質約2万円ですが、レンズ単体で購入する場合は3~4万円、ひょっとすると5万円近い価格設定となる可能性もありそう。

遠景解像力

テスト環境

環境

  • 撮影日:2020-10-25
  • ILCE-7C
  • Leofoto LS-365C
  • Leofoto G4
  • 非圧縮RAW
  • Adobe Lightroom Classic CC
  • シャープネス 0
  • 高画質出力 JPEG

28mm

中央

絞り開放から非常に良好。特に描写の甘さは見られず、ピークのパフォーマンスを発揮しています。α7Cの2400万画素では物足りない印象。絞っても改善せず、F8付近までピークを維持し、F11~F16で回折の影響が見られるものの良好。F22でも実用的ですが、コントラストが少し低下します。

周辺

中央と同じく非常に良好。絞り開放から良好で、1段絞ると少し改善します。ピークはF8前後で、F16~F22で徐々に低下します。

四隅

おそらく、このレンズで最も弱いポイント。酷い荒れ方では無いものの、コマ収差などの影響で少し甘い描写となっています。絞ることで少し改善しますが、キレッキレのシャープネスはあまり期待しないほうが良いかも。

捕捉すると、今回切り出した「本当の四隅」以外は非常に良好で、周辺部と見比べても大差ありません。歪曲収差補正で切り取られてしまう部分でもあるので、過度に心配する必要はないと思います。

35mm

中央

28mmと同様。絞り開放から非常に良好なシャープネスを発揮。α7Cの2400万画素では力不足となっています。やはりF8までピークの性能を維持し、F11~F16も実用的。F22のみ少しソフトに見えます。

周辺

中央と同じく絞り開放から非常にシャープ。同じくF8までピークを維持し続けます。

四隅

28mmと比べると遥かに良好。開放では若干ソフトさが残っているものの、F5.6~F8でコントラストが改善していることが分かります。F11付近まではピークの状態を維持し、F16-F22で少し低下していることが分かります。

40mm

中央

広角側と同じく、絞り開放から何の問題もありません。ピークはF8まで続き、F11~F22で回折により少しずつ低下します。

周辺

基本的に中央と同じ性能ですが、少し絞るとコントラストが改善します。解像性能はF5.0からF8まで一貫性があり、F11~F16も実用的な解像性能を維持。

四隅

中央や周辺と比べるとシャープネスとコントラストがいくらか甘いように見えます。それでも28mmの四隅よりはずっと良好で、画像処理次第で良像となる可能性あり。

50mm

中央

広角・中間域と比べると解像性能のピークが低いように見えますが、まだまだ良好な画質です。ピークはF8~F11。

周辺

絞り開放から小絞りまで、劇的な変化はありませんがF11まで絞るとコントラストが良好に見えます。

四隅

絞り開放では僅かにコントラストが低いものの、F8~F11で良好となります。ズームレンズの望遠側の四隅と考えると立派な画質と言えるでしょう。

60mm

中央

50mmと同じく、解像性能のピークは少し低いものの、安定した画質で特に大きな問題はありません。

周辺

中央と同傾向。ピークは1段絞ったF8からF11にかけて。

四隅

絞り開放はいくらかソフトですが、F8まで絞るとシャープネスとコントラストが改善します。F16まで絞ると少しソフトとなるので、ベストな画質はF8~F11を使うと良い感じ。

評価:コンパクトながら立派な性能

28mmにおける四隅の端がやや甘く、他の四隅も高画素機に耐えうる解像性能とは言えませんが、2400万画素のα7Cと組み合わせると頼もしい解像性能を発揮してくれるように感じます。コンパクトながら立派な性能だと思います。
レンズサイズを考慮しなければ、解像性能と価格設定がより高い水準でまとまっているレンズはいくつもあります。しかし、手のひらサイズで安定したパフォーマンスを発揮する標準ズームはそう多くないはず。

オリジナルデータはファイルサイズが重いため、Flickrにて参考となるカメラ出力JPEGを掲載しています(各焦点距離における絞り開放の作例)。確認するとお分かりになると思いますが、普通に使う分にはズームレンジ全域、フレームの広い範囲で良好なシャープネスを実現しています。

コンパクトながら良好な解像性能に拍手喝采。

購入早見表

*レンズ単体の発売は2021年春以降。現在はα7Cのキットレンズとしてのみ入手可能です。(もしくは中古やキットばらし品が出回る可能性あり)

α7C ボディ ブラック ILCE-7C
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
α7C ボディ シルバー ILCE-7C
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
α7C ズームレンズキット ブラック ILCE-7CL
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
α7C ズームレンズキット シルバー ILCE-7CL
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER