SONYレンズ SONY標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニー「FE 28-60mm F4-5.6」は予想より遥かに優れた性能のキットレンズ

Digital Camera Worldがソニー「FE 28-60mm F4-5.6」のレビューを公開。光学倍率が低く、F値も大きく、安いレンズでもありませんが、小型軽量で光学性能も非常に良好と評価しています。

小型軽量ながら優れた光学性能

Digital Camera World:Sony FE 28-60mm f/4-5.6 review

  • FE28-60mm F4-5.6はα7C用のキットレンズとして登場したが、単体でも近いうちに購入できるようになる。
  • 2つの重要なポイントがあり、一つは収納時に非常にコンパクトなことだ。α7Cと組み合わせることで、ジャケットのポケットに収めることができる。二つ目は光学倍率が2.1倍と非常に小さいことだ。ニコン「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」のように沈胴機構のズームレンズは光学倍率が低下するようだ。
  • 開放F値はF4-5.6であり、輝かしいものではない。しかし、多くのユーザーはこのコンパクトサイズに価値を見出していると思われる。
  • 沈胴機構は電動ズームでは無く、メカニカルなマニュアルズームである。多くの沈胴式電動ズームよりも遥かに優れている。
  • レンズには28mm、35mm、40mm、50mm、60mmの焦点距離が表示されている。ズームリングは軽いがしっかりとした回転動作だ。
  • 実際にレンズを使ってみるとズームレンジには制限を感じる。特に28mmの画角は24mmと比べると狭い。そして60mmの焦点距離は間違いなく短いと感じる。ただし、他のレンズと比べて遥かに扱いやすく軽量だ。
  • ズームレンジは限定的だが、パフォーマンスに問題は見られない。光学設計はシンプルな7群8枚に見えるが、実際には端から端まで見事なシャープネスだ。色収差や歪曲収差の兆候は見られない。ただし、歪曲収差はレンズ補正が影響している。
  • オートフォーカスは静かで高速だが、焦点距離によって最短撮影距離が変化する。これにより、被写体にどれだけ近寄ることができるのか判断が難しく、特に動画撮影中にイライラするかもしれない。
  • ラボテスト
    ・比較的安価なキットレンズだが、中央は高級ズームレンズと同程度の優れた性能だ。50mm以降で少し低下するが、それほど目立たない。
    ・四隅は印象的と言えないが、それでもかなりの性能だ。28mmのみ平凡な性能だが、これは近距離のチャートテスト時だからである。
    ・色収差はほとんど見られない。比較的安価なキットズームでこのような数値となるのは素晴らしい。
    ・28mm~35mmは樽型歪曲が目立つものの、50mm以降は歪曲がほぼゼロとなる。一般的にはレンズ補正が適用されるので問題は無い。

α7Cのみならず、他のαシリーズにも最適なキットレンズだ。キットレンズとしてはズームレンジが非常に狭い点には気を付けるべきだろう。もしも、このズームレンジで問題無い場合はとても良好に機能するレンズだ。このような沈胴式ズームレンズとしては、想像していたよりもはるかに良好だ。キットレンズとしての限界はあるものの、それでも非常に良好である。

長所:超コンパクトなデザイン・素晴らしい性能・高速で静かなAF

短所:狭いズームレンジ・最短撮影距離が変動する・単体販売は高価

とのこと。
小型軽量なうえにシンプルな光学設計のレンズですが、光学性能は非常に優れたズームレンズのようですね。無理のない光学倍率が功を奏しているのかもしれませんね。

私もα7Cのキットレンズとしては手に入れましたが、確かに良好な光学性能と感じます。28mmの四隅はいくらか甘いものの、それ以外では予想していたよりも安定した性能を発揮します。AFもまずまず高速で、静かに動作。やはり最短撮影距離が変動するのは使い辛いと感じます。

フルサイズミラーレスでこのようなレンズを使いたいか?と言うと悩ましいところですが、28-60mm F4-5.6のスペックで問題なく、フルサイズらしい広いダイナミックレンジと解像性能が必要であれば面白い選択肢になると思います。

FE 28-60mm F4-5.6交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER