Panasonicレンズ Panasonic中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

パナソニック「LUMIX G 42.5mm F1.7 O.I.S.」レンズレビュー 遠景解像編

パナソニック「LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.」のレビュー第二弾を公開。今回はLUMIX G9 PROと組み合わせ、恒例の撮影ポイントから遠景撮影時の解像性能をテストしました。

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.のレビュー一覧

まえがき

2015年に登場したパナソニック製の中望遠単焦点レンズ。
小型軽量ながら光学手ぶれ補正を内蔵。そしてF1.7と明るく、0.2倍の撮影倍率(35mm判換算で0.4倍)と使いやすい接写性能を備えている。光学性能の評価も高く、手ごろな価格帯のレンズであることから購入を検討している人も多いはず。
競合レンズは「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」「56mm F1.4 DC DN」「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.」「Voigtländer NOKTON 42.5mm F0.95」などなど、より安価・より大口径な選択肢が多く存在。しかしながらLUMIX 42.5mm F1.7は「手ぶれ補正を内蔵した接写に強い低価格な中望遠レンズ」として非常に説得力のあるレンズ。
特にLUMIX GF・GMなどボディ内手ぶれ補正を搭載していない古いLUMIX機との相性が良好。さらに「Dual.I.S」に対応しているため、最新LUMIXボディでも恩恵を受けることができるカメラが多い。

概要
レンズの仕様
マウント MFT 最短撮影距離 0.31m
フォーマット 4/3 最大撮影倍率 0.2倍
焦点距離 42.5mm フィルター径 37mm
レンズ構成 8群10枚 手ぶれ補正 搭載
開放絞り F1.7 テレコン -
最小絞り F22 コーティング 不明
絞り羽根 7枚
サイズ・重量など
サイズ φ55×50mm 防塵防滴 -
重量 130g AF STM
その他 Dual.I.S対応
付属品
キャップ・フード・デコリング・ポーチ

価格のチェック

新品で2万円後半、中古で2万円前後。このクラスとしては比較的高価ではあるものの、競合レンズには存在しない光学手ぶれ補正が強みとなり、さらに接写性能の高さも魅力的。

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

遠景解像力

テスト環境

使用機材

  • 2021-05-28 撮影
  • LUMIX G9 PRO
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.
  • Leofoto LS-365C
  • Leofoto G4
  • アプリ:Adobe Lightroom Classic CC
  • RAWファイルと初期設定でクロップ・現像
  • アプリ:Adobe Photoshop CC
  • クロップした画像の結合処理に使用

テスト結果

中央

絞り開放からとても良好な解像性能を発揮。ただし、残存する軸上色収差の影響かハイライトのコントラストが少し低い。F2.8まで絞ると色収差はだいぶ改善し、コントラストが高くなる。完全に色収差を抑えるのであればF4まで絞るのがおススメ。
解像性能のピークはF4~F8で、F11まで絞ると回折により少し解像度が低下する。F16まで絞るとさらに解像度が低下するものの、細部を気にしなければ実用範囲内。F22は目に見えてソフトな画質となるので、出来れば避けたい。

周辺

中央と遜色のない程度にF1.7から良好な解像性能。やはり軸上色収差の影響がF2.8付近まで残存しているので、これを抑えたい場合はF2.8付近まで絞りたいところ。F4まで絞るとピークに達し、コントラスト・解像度どちらも非常に良好となる。
さらにF11まで絞ると回折により少し解像度が低下。F16まで絞るとさらに解像度が低下するものの、細部を気にしなければ実用範囲内。F22は出来れば避けたい。

四隅

色収差によるコントラスト低下が目立つものの、F1.7から立派な解像性能を発揮。中央から隅にかけて極端な画質の落ち込みが無い点は大いに評価できる。全体的に見てコントラストと解像性能のピークはF4~F8。
F11まで絞ると回折により少し解像度が低下する。F16まで絞るとさらに解像度が低下するものの、細部を気にしなければ実用範囲内。F22は出来れば避けたい。

実写で確認

ハイレゾショット

中央領域

絞り開放から解像性能はとても良好。ただし、軸上色収差が残存しているのでコントラストが目に付く。F2.8まで絞るとコントラストが大きく改善し、解像感がグッと高くなる。さらにF4~F5.6まで絞ることでさらにコントラストがピークとなるが。F2.8と比べた際の画質差は小さい。解像性能とコントラストのピークはF5.6で、F8まで絞ると若干の性能低下が見られる。

周辺

基本的に中央と似ているが、比較して少し画質が低下しているように見える。ハイレゾショットを活かすのであればF2.8まで絞りたい。さらにF4まで絞ればハイレゾショットを十分に活かすこの出来る解像性能となる。

中央や周辺と比べると若干甘いものの、極端な像の甘さは見られない。小型軽量な中望遠レンズとしては健闘している。やはりF4~F8では立派な解像性能を発揮するので、ハイレゾモードを活かしたいのであれば少なくともF2.8~F4まで絞りたい。

今回のおさらい

小型軽量ながら絞り開放から安定したパフォーマンスを得られる良いレンズ。ただし、軸上色収差が発生しやすいので、光環境によっては少し絞ったほうが良い場合がある。絞って使う場合は2000万画素センサーでも大いに満足のいく結果であり、8000万画素ハイレゾモードにも耐用できるほど。

42.5mmの画角をメインとして遠景を撮影する機会はそう多くないと思うものの、クローズアップ性能に優れ、小型軽量で手ぶれ補正まで搭載しているので様々なシーンで使いやすい。画角的に不便ではあるものの、これ一本で出歩いてみるのも面白いかもしれない。

購入早見表

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連記事

作例

オリジナルデータはFlickrにて公開

関連レンズ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Panasonicレンズ, Panasonic中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,