OLYMPUSレンズ OLYMPUS標準レンズ レンズ 管理人レビュー

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO 交換レンズレビュー【マクロ解像編】

このページではオリンパスのミラーレス用交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」のレビューを公開。連載4回目はOM-D E-M1 Mark IIIに装着してマクロ解像テストを実施しています。

レンズのおさらい

主な特徴

  • 公式 商品ページ
  • 仕様表
  • 発売日:2020年3月27日
  • 絞り値:F4~F22
  • レンズ構成:9群12枚
    (HR 2枚・DSA 1枚・SHR 1枚・ASPH 2枚・ED 2枚)
  • 防塵防滴仕様(IPX1)・9カ所シーリング
  • 最短撮影距離 :0.12~0.23m
  • 最大撮影倍率:全域 0.25倍
  • フィルター径:58mm
  • サイズ・重量:63.4×70.0mm・254g

オリンパス3本目となるPROシリーズの標準ズームレンズ。一般的なズームレンジを開放F値「F4」でカバーするベーシックな仕様。割と没個性的。

人気の高い他の2本「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」が存在する中、このレンズの存在価値があるのか?と考えてしまう人も多いはず。

このレンズの大きな特徴は主に2つ。「高い光学性能」と「IPX1規格に準拠する高い防塵防滴仕様」を兼ね備えた非常にコンパクトなF4ズームレンズであること。そして「PROシリーズ」の中では最も手ごろな価格設定のレンズであること。

小型軽量ながら12枚のレンズ構成中で9枚の特殊レンズを使用、諸収差を効果的に補正する光学設計です。254gと軽量ながら9点の防塵防滴用シーリングが施され、オリンパス製カメラと組み合わせることでIPX1規格に準拠した耐候性を発揮。一眼カメラで「IPX1」規格と明確に基準を主張しているメーカーはオリンパスくらいのはず。

決して明るいレンズでも、安いレンズでもありませんが、「携帯性・耐候性・光学性能」この3つを高水準に纏めたレンズが12-45mm F4 PROなのです。正直なところ、刺さる人は少ないと思いますが、この3つのバランスが必要な人にとって非常におススメできるレンズに仕上がっています。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
オリンパスオンラインショップ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay

撮影距離・最大撮影倍率

メモ

ズームレンジ全域で「0.25倍(フルサイズ換算0.5倍)」を実現。これは標準ズームレンズとして非常に珍しい接写性能。
最短撮影距離は異なるものの、どの焦点距離でも被写体を同サイズまでクローズアップできるのは面白い。

同じ被写体でも焦点距離によって背景を残したり、省略したりすることが出来るので表現の幅は思ったより広いレンズ。
(そのうち実写作例で焦点距離ごとのマクロ写真を掲載予定)

撮影環境

メモ

  • 撮影日:2020年3月28日 昼 屋内ミニスタジオ
  • OM-D E-M1 Mark III
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4 PRO
  • Leofoto LS-365C+Leofoto G4
  • ISO 200 固定
  • 絞り優先AE
  • Adobe Lightroom Classic CC
    (RAW現像・クロップで使用)
  • Adobe Photoshop CC
    (合成処理で使用)

12mm

メモ

  • 中央領域:
    ・F4から良好で安定した解像性能を発揮。
    ・F5.6まで絞ることでピークの性能に到達。F8まで性能が持続する。
    ・F11は回折の影響で若干低下するものの、まだ良好な画質。
    ・F16で少しソフトとなり、F22で明らかに画質が低下する。
  • 周辺領域:
    ・中央と比べるとやや甘い画質。
    ・F5.6でピークとなるが、中央F4よりも少し不安定な画質。
    ・画質はF11まで維持され、F16~F22は回折の影響で低下する。
  • 端領域:
    ・中央や周辺と比べるとかなり不安定な画質。特に倍率色収差の影響が強いように見える。
    ・絞っても画質はあまり改善しない。

撮影倍率は高いものの、実用的な画質を維持しているのは中央から像高5割まで。それより外側は倍率色収差の影響が強く、補正してもコントラストや解像性能に影響を及ぼしている印象。

補足しておくと、撮影距離を「最短」から少し長くすることで画質が大きく改善する。

14mm

メモ

  • 中央領域:
    ・12mmと比べて絞り開放の解像性能が少し良好。
    ・F4と差は小さいものの、F5.6~F8でピークの性能に到達。
    ・F11は回折の影響で若干低下するものの、まだ良好な画質。
  • 周辺領域:
    ・中央と比べるとやや甘い画質。
    ・F5.6でピークとなるが、中央F4よりも少し不安定な画質。
    ・画質はF11まで維持され、F16~F22は回折の影響で低下する。
  • 端領域:
    ・中央や周辺と比べるとかなり不安定な画質。ただし、12mmと比べるとまだ良好。
    ・絞っても画質はあまり改善しないが、F8~F11が最適。

フレーム端はまだまだ甘いものの、12mmと比べるとかなり改善している印象。

18mm

メモ

  • 中央領域:
    ・絞り開放からほぼピークの性能。
    ・僅差だが、F5.6~F8が最適値。
    ・F11は回折の影響で若干低下するものの、まだ良好な画質。
  • 周辺領域:
    ・中央とほぼ変わらない解像性能。ただし倍率色収差の影響は僅かだが目に付く。
    ・僅差だが、F5.6~F8が最適値。
    ・F11は回折の影響で若干低下するものの、まだ良好な画質。
  • 端領域:
    ・F4こそ少し甘いものの、F5.6~F11は許容範囲内の画質。

12~14mmと比べるとフレーム端の画質がかなり改善する。全体的にシャープな画質のマクロ撮影がしたいのであれば18mm以降がおススメ。

25mm

メモ

  • 中央領域:
    ・F4からピークの解像性能を発揮。
    ・ピークはF4~F8。F11で少し低下するものの、まだまだ良好。
    ・F16でさらに画質が低下するものの、許容範囲内。
  • 周辺領域:
    ・ほぼ中央と同じ解像性能。
    ・倍率色収差の影響は否定できないが、18mmよりも良好。
    ・F5.6~F11でピークのパフォーマンスを発揮。
  • 四隅領域:
    ・18mmと同じくF5.6~F11で良好なパフォーマンスを発揮。

18mmと同じく良好な結果。

35mm

メモ

  • 中央領域:
    ・F4から良好な解像性能を発揮。
    ・ピークはF5.6~F8。F11で少し低下するものの、まだまだ良好。
    ・F16でさらに画質が低下するものの、許容範囲内。
  • 周辺領域:
    ・ほぼ中央と同じ解像性能。
    ・倍率色収差の影響は目立たない。
    ・F5.6~F11でピークのパフォーマンスを発揮。
  • 端領域:
    ・F4は少し甘いものの許容範囲内。
    ・F5.6で少し改善し、F8で周辺部に近い解像性能を発揮。
    ・F8~F11がピークのパフォーマンス。

F5.6まで絞ればフレーム端まで良好な解像性能を発揮。マクロでベストを尽くすのであれば35~45mmを選びたいところ。

45mm

メモ

  • 中央領域:
    ・軸上色収差が少し目に付くものの、解像性能はF4から良好。
    ・F5.6で色収差の影響が無くなりシャープで高コントラストな結果を得ることが出来る。
    ・ピークはF5.6~F8。F11で少し低下するものの、まだまだ良好。
    ・F16でさらに画質が低下するものの、許容範囲内。
  • 周辺領域:
    ・ほぼ中央と同じ解像性能。
    ・倍率色収差の影響は目立たない。
    ・F5.6~F11でピークのパフォーマンスを発揮。
  • 四隅領域:
    ・ほぼ中央と同じ解像性能。
    ・倍率色収差の影響は目立たない。
    ・F5.6~F11でピークのパフォーマンスを発揮。

マクロ撮影時の画質としては45mmがスウィートスポット。軸上色収差の影響を考慮するとベストな設定はF5.6~F8。ただしピント面に及ぼす影響は極僅かなので、F4から非常に良好な画質であることには違いない。

マクロ解像テスト雑感

満足度:90点

ズームレンジ全域で0.25倍(フルサイズ換算で0.5倍)の撮影倍率はとても便利。12-40mm F2.8 PROや12-100mm F4 IS PROはズームレンジで撮影倍率が偏っているため、微妙に寄り切れない時があるのですよ。それを考えると全域0.25倍は使いやすいと感じるはず。

ただしマクロ単焦点レンズと比べると周辺・四隅の画質差には注意。特に広角側で絞り開放の四隅に被写体を配置すると少し甘い描写と感じるかも。倍率色収差がかなり目立つのでソフトウェアによる収差補正は適用するべき。多少影響は残りますが…。

25mm以降は四隅の画質が安定しており、特に望遠側はF5.6付近まで絞ることで非常に良好な画質。ハーフマクロで良いのならば、マクロレンズに見劣りしない接写撮影が可能。

また、12~25mmでも最短撮影距離より少し長い距離を取れば画質は大きく改善します。「レンズフードを外して撮影しなければならないような状況」で周辺画質が大きく低下すると考えておけば良いでしょう。

新品・中古を探す

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
オリンパスオンラインショップ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay

関連記事

サイト案内情報

オリンパスレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS標準レンズ, レンズ, 管理人レビュー
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~