OLYMPUSレンズ OLYMPUS標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

M.ZUIKO DIGITAL ED 20mm F1.4 PRO レビューVol.1 外観・AF編

このページではOM SYSTEM「M.ZUIKO DIGITAL ED 20mm F1.4 PRO」の外観や操作性、オートフォーカスについてレビューを掲載しています。

M.ZUIKO DIGITAL ED 20mm F1.4 PROのレビュー一覧

まえがき

2021年11月4日に正式発表された13本目のPROシリーズレンズにして、OM SYSTEMブランド初となる新製品。OM SYSTEMの門出を象徴づけるものとして、携帯性の良い大口径レンズに仕上がっている。これまでラインアップを続けてきた超大口径・大型の「F1.2 PRO」シリーズから大きく舵を切った形だ。

概要
レンズの仕様
発売日 2021-12-10 初値 75,240円
マウント MFT 最短撮影距離 0.25m
フォーマット 4/3 最大撮影倍率 0.11倍
焦点距離 20mm フィルター径 58mm
レンズ構成 10群11枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.4 テレコン -
最小絞り F16 コーティング ZERO・F
絞り羽根 9枚 円形絞り
サイズ・重量など
サイズ φ63.4×61.7mm 防塵防滴 IPX1
重量 247g AF STM
その他
付属品
レンズフード・ケース

焦点距離は従来のM.ZUIKOレンズには存在しなかった「20mm」を採用。これは35mm判換算で「40mm」に相当する画角であり、競合他社でも採用が続く人気急上昇の焦点距離だ。マイクロフォーサーズで競合するレンズは非常に少なく、思いつく限りではパナソニックの「LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.」しか存在しない。

開放F値はパナソニックよりも少し明るく、フォーカス駆動はステッピングモーターでインナーフォーカスを採用している。大口径ながら高速AFを期待できると共に、防塵防滴仕様でPROシリーズらしい耐候性を実現している。

レンズ構成は10群11枚構成で、構成中にはSEDレンズ1枚、EDレンズ3枚、SHRレンズ2枚、非球面レンズ2枚を採用している。レンズ構成の半数以上に特殊レンズを使用した贅沢な設計だ。

さらに8-25mm F4 PROに続いてフッ素コーティングを採用。従来のPROレンズと比べて前面の撥水・撥油性が高まっている。プロテクトフィルター無しでメンテナンスしやすい仕様となっている。屋外での撮影が多いと思われるOM SYSTEMでフッ素コーティングに対応したメリットは大きい。

ちょっと気になったのがMTF曲線。PROレンズとしては同心方向と放射方向の乖離が目立つ。ここ最近のレンズで、ここまで非点収差が目立つ標準単焦点はあまり見かけない。それも中央付近から非点収差が大きくなっているので、影響を受ける範囲はかなり広いと思われる。遠景の絞り開放はあまり期待しないほうが良いかもしれない。

価格のチェック

売り出し価格の最安値は75,240円。マイクロフォーサーズ用の標準大口径レンズとしては少し高めの価格設定だ。例えば「LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 II ASPH.」であれば56,990円で購入することが可能である。LEICA DG IIも防塵防滴仕様であり、光学性能にも定評がある。差額2万円の価値が20mm F1.4にあるかどうかじっくり検証していきたい。

M.ZUIKO DIGITAL ED 20mm F1.4 PRO
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon  

外観・操作性

箱・付属品

一見すると従来通りの黒を基調としたデザインだが、よく見ると「OLYMPUS」のロゴが「OM SYSTEM」に変わっている。前述した通り、これはOMデジタルソリューションズが「OLYMPUS」ブランドから「OM SYSTEM」ブランドに切り替えた最初の製品だ。ただし「M.ZUIKO」ブランドネームはそのまま使い続ける模様。
ちなみに、従来の箱はマットな質感だったが、20mm F1.4 PROの箱は光沢のある塗装だ。

付属品は薄っぺらなレンズポーチとレンズフード、説明書、保証書が付属する。

外観

M.ZUIKO PROシリーズらしく、外装は大部分が金属製のしっかりとした作りだ。レンズ先端のフードマウントのみプラスチック製である。デザインはPROシリーズらしいもので、表面にはレンズ名やフィルター径、撮影距離などがプリントされている。

コントロールはフォーカスリングのみのシンプルな仕様。PROシリーズでお馴染みのL-Fnボタンやフォーカスクラッチ構造は採用していない。防塵防滴仕様を実現するには歓迎できる仕組みだが、一般的な撮影シーンではL-Fnボタンやフォーカスクラッチ構造があったほうが助かると思う。

レンズキャップのロゴは「OM SYSTEM」に切り替わり、キャップ表面の質感も少し変化が見られる。

ハンズオン

全長61.7mm、重量247gとF1.4の単焦点レンズとしては小型軽量だ。F1.8レンズと比べると一回り大きいが、F1.2 PROと比べるとかなり小さい。全体的なサイズは12-45mm F4.0 PROに近い。
金属外装のしっかりとした質感が手に伝わってくる。

前玉・後玉

このレンズはM.ZUIKOシリーズとしては珍しくフッ素コーティングに対応している。撥水・撥油性が高く、プロテクトフィルター無しでも水をはじきやすい(従来のPROレンズは水滴が付着すると厄介だった)。衝撃ダメージが予想される場合はフィルターが必要だが、滝などのシーンで積極的にプロテクトフィルターを装着する必要は無いと思われる。

Amazonで58mmフィルターを探す

フィルター径は58mmに対応。オリンパスレンズで58mm径に対応するモデルは少ないが、12-45mm F4.0 PROも同型を採用している。小型軽量システムとして組み合わせるには面白いコンビだ。そのほかにも75-300mm F4.8-6.7 IIも58mm径なので、この辺りをシステムに組み込むのも一つの手。

レンズマウントは金属製で、4本のビスで固定されている。周囲は防塵防滴用のシーリングが施され、水や小ゴミの侵入を防ぐ。レンズ後玉はマウント面付近で固定されているので、内部は完全に密閉されている。

フォーカスリング

30mm幅の金属製フォーカスリングは適切なトルクで滑らかに回転する。ただし、PROレンズでお馴染みのフォーカスクラッチ構造には対応していない。AF/MFスイッチも無いので、フォーカスモードに切替はカメラ側の操作が必須となる。
フォーカスリングは電子制御でフォーカス用モーターを動かす仕組み。回転速度によってピント移動距離は変化する。ゆっくり回転する場合は0.25mから無限遠まで1回転以上の操作が必要となるが、素早く回転すると90度程度のストロークで操作可能となる。操作に遅延は見られず、リングの回転に合わせて滑らかに動作している。

フォーカスクラッチ構造に対応していないので、リニアレスポンス(回転速度に関わらず一定量の操作でピント移動が可能)のマニュアルフォーカス操作は出来ない。このため、動画撮影用としては使い辛い一面がある。個人的にはフォーカスクラッチ構造を省略すべきでは無かったと考えている。

レンズフード

プラスチック製の花形レンズフードが付属する。ボタン式のロック構造が無いシンプルな作りで、PROシリーズ用としては少し安っぽさを感じる。必要最低限のフード。
フードの型番は「LH-61G」であり、実は12-45mm F4.0 PRO用と同じであり。ただし、こちらは「OM SYSTEM」にロゴが切り替わっている。

レンズフードは逆さ付けも可能。この際にフォーカスリングの広範囲が覆い隠されてしまうが、指で操作できないこともない。とは言え、扱い辛いので外してしまったほうが好ましい。

装着例

OM-D E-M1 Mark IIIに装着。小型軽量なレンズであり、カメラと組み合わせてもバランスは悪くない。むしろカメラボディが大きすぎる感があり、E-M5 Mark IIIやE-P7くらいのサイズが丁度良いかもしれない。

LUMIX GM1Sに装着。最軽量クラスのボディと比べると、このレンズは大きく感じる。しかし、扱えないレンズサイズでは無いように感じる。個人的には面白い組み合わせだと思う。

AF・MF

フォーカススピード

特に記載は無いが、このレンズのフォーカス駆動はステッピングモーターだと思われる。滑らかで高速なフォーカスを実現する駆動方式だ。ユニットが小さく、レンズサイズを抑えるのに一役買っている。
E-M1 IIIと組み合わせて動作を確認してみると、至近距離から無限遠までとても快適なフォーカス速度を実現しているのが分かる。S-AFは合焦直前のウォブリングが混じるものの、C-AFは合焦まで迷いなくキビキビと動作している。おそらく、カメラ側のAFシステムが向上することで、より使いやすくなると思う。

ブリージング

ブリージングとはピント位置によって画角が変化することを指す。画角の変化が大きいと、フォーカシングで画角が広がったり狭くなったりするので気が散ったり、AFが不安定化する原因となる。出来ればフォーカシングブリージングは無い方が良い。
今回はブリージングの影響を確認するために、レンズを最小絞りまで絞り、最短撮影距離と無限遠で撮影した結果が以下の通り。

僅かに画角の変化があるものの、大口径レンズとしてはフォーカスブリージングを良く抑えているように見える。動画撮影でも目立つことは無いはず。それだけにフォーカスクラッチ構造が無いのは残念。

精度

E-M1 Mark IIIと組み合わせた限りでは、特に大きな問題は見られない。同じピント位置での再現性も良好だが、極稀にピントを外した状態で合焦することがある。

MF

90°~360°のストロークで操作できるフォーカスリングで操作性は良好。前述してきた通り、フォーカスクラッチでリニアレスポンスのMFを利用できると完璧だった。

まとめ

光学性能はこれからチェックするとして、マイクロフォーサーズらしい小型軽量なF1.4レンズに仕上がっている。PROシリーズの単焦点レンズを使ったみたいけど、F1.2 PROのレンズサイズに躊躇している人にとって面白い選択肢になる。このサイズでF1.4、このサイズで防塵防滴だ。

このレンズの購入を検討するにあたり、LEICA DG 25mm F1.4 IIの存在が悩ましいと思う。どちらも良いレンズなので、見た目や描写で選べば良い。少なくともオートフォーカスはPROのほうが高速で、フォーカスブリージングも良く抑えられている。撮影体験として優れているのは20mm F1.4 PRO。
しかし、ざっと使ってみた限りの印象では、LAICA DGのほうが個人的に好みの描写だと感じている。

最大撮影倍率は0.11倍と平凡なものの、F1.4レンズとしては過不足ない程度に寄ることが可能。水槽越しにカクレクマノミを大きく撮影するくらいにはクローズアップが可能。40mmの画角で0.11倍の撮影倍率は丁度良いと感じる。

このレンズで残念だったのはフォーカスクラッチ構造ではないこと、L-Fnボタンがないこと。PROシリーズとしては8mm F1.8 PROのようにシンプルな操作性のレンズだ。より安価な17mm F1.8にすらスナップショットフォーカス機構を搭載しているのだから、せめてフォーカスクラッチは付けて欲しかった。あと付け加えると、レンズフードが少し安っぽい。

購入早見表

M.ZUIKO DIGITAL ED 20mm F1.4 PRO
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon  

作例

オリジナルデータはFlickrにて掲載

関連レンズ

関連記事

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,