Nikonレンズ Nikon中・望遠レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S レンズレビュー 遠景解像編

ニコン「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」のレビュー第二弾を公開。今回は4500万画素のニコン「Z 7」と組み合わせて恒例の撮影地点から遠くの景色を撮影した際の解像性能をチェックしています。

まえがき

2021年6月に「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」と共に登場したニコンZマウント初のマイクロレンズ。「S-Line」としてハイエンドな光学設計・ビルドクオリティ・操作性を備え、フルサイズZマウントでは珍しい光学手ぶれ補正まで搭載した本格的なマクロレンズ。

概要
レンズの仕様
マウント Nikon Z 最短撮影距離 0.29m
フォーマット フルサイズ 最大撮影倍率 1.0倍
焦点距離 105mm フィルター径 62mm
レンズ構成 11群16枚 手ぶれ補正 4.5段分
開放絞り F2.8-4.5 テレコン -
最小絞り F32-51 コーティング N/ARNEO
絞り羽根 9枚
サイズ・重量など
サイズ φ85×140mm 防塵防滴 対応
重量 630g AF STM
その他 OLEDディスプレイ・コントロールリング・L-Fnボタン
付属品
キャップ・フード・ケース

レンズ構成はEDレンズ3枚、非球面レンズ1枚を含めて11群16枚構成。一眼レフ時代の105mm F2.8と比べて特殊レンズを贅沢に使用しています。MTFを見る限りでは、特に高周波成分の分解能に優れており、フレーム周辺部における落ち込みも低減している模様。キヤノンと比べるとオーソドックスなマクロレンズですが、光学性能は期待できそうですね。

フォーカスは複数のユニットからなるマルチフォーカスを採用(他社でいうところのフローティング構造)。至近距離における収差の変動を抑え、ピント距離を問わずに高い結像性能を得られると言及しています。駆動にはステッピングモーターを使用しており、静かなで滑らかなAFを期待できます。
コーティングは従来のナノクリスタルコートのほか、最近導入が始まっているARNEOを採用。特に垂直の入射光に対して高い逆光耐性を発揮するようです。

S-Lineらしく、しっかりとした防塵防滴仕様に対応し、レンズ前面は撥水・撥油性のあるフッ素コーティングによりメンテナンスが容易となっています。
鏡筒には独立してカスタマイズ可能なコントロールリングを搭載し、絞り・ISO感度・露出補正などを割り当てることが可能です。コントロールリングの隣にはOLEDディスプレイを搭載し、ミラーレス用レンズながら視覚的にピント位置や絞りの確認が可能。

レンズサイズは競合モデルと比べて大きくも無ければ小さくも無い。機能性はそれぞれ大きく異なるもの、絞り操作やL-Fnボタンに対応し、OLEDディスプレイまで搭載したZレンズはバランスが取れていると思うのです。この中で三脚座に正式に対応しているのはキヤノンRFのみ。

価格のチェック

売り出し価格は大手カメラ専門店の最安値で「116,820円」を確認。フルサイズミラーレス用の中望遠マクロレンズとしては良心的な価格設定と言えるでしょう。(例えばキヤノン「RF100mm F2.8L MACRO IS USM」は163,350円、ソニー「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」は131,100円です。)
思いのほか手ごろな価格設定だったので初動の需要は供給が追い付かないほど多くなった模様。

遠景解像力

テスト環境

  • 撮影日:2021-06-25・くもり・無風
  • カメラ:Nikon Z 7
  • 三脚:Leofoto LS-365C
  • 雲台:Leofoto G4
  • 露出:絞り優先AE・ISO 100
  • 画質:14Bit ロスレスRAW
  • 現像方法:Adobe Lightroom Classic CC
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・その他初期設定

テスト結果

中央

絞り開放から驚異的なシャープネス・コントラストを発揮。F2.8から風景写真で全く問題無い程度に解像しています。単にシャープなだけでなく、マイクロコントラストが高いパンチのある描写。パッと見て解像感が高いと感じることでしょう。
1段絞っても(F4)大きな改善はありませんが、細部のコントラストが僅かに上昇します。2段絞り(F5.6)で同等のパフォーマンスを維持しているものの、3段絞り(F8)まで絞ると僅かにコントラストの低下が始まっています。ディテールの解像感にベストを尽くすのであればF4~F5.6がおススメ。と言っても(本当に)極僅かな違いであり、F8も問題なく使うことが出来ます。
F11以降は回折の影響が強くなるので、パンチのある解像感を楽しみたいのであればF8までを意識して使いたいところ。おそらくF10くらいまでは行けるのかなと。
F16~F22でかなりソフトな描写となります。

周辺

F2.8から中央と変わらないシャープネス・コントラストです。均質性の高さが求められるマクロレンズにとって理想的な光学性能と言えるでしょう。ただし、周辺減光の影響があるので、画質でベストを尽くしたいのであれば1段は絞っておくべき。
ピークの画質はF4~F5.6で達成され、僅差でF8も非常に良好。F11~F22は回折の影響で徐々に画質が低下するため、被写界深度の必要性と画質を天秤にかけることとなります。

四隅

周辺部と同じく光量落ちの影響が見られます。F5.6までは影響があるので、光学的に補正したいのであれば2段絞りがおススメ。解像性能に関して言えば、F2.8から何の問題もありません。中央に匹敵するくらいのシャープネスとコントラストを備えているように見えます。マクロレンズとして理想的な、フレーム全体で高い均質性を実現。
ピークの画質はF4~F5.6で達成され、僅差でF8も非常に良好。F11~F22は回折の影響で徐々に画質が低下するため、被写界深度の必要性と画質を天秤にかけることとなります。

実写で確認

周辺減光の影響を除くと、F2.8からフレーム全体で非常に優れた結果を得ることができます。絞る必要性は感じません。拍手喝采の光学性能。

今回のおさらい

非常に解像性能の高いマクロレンズ。シャープネスが高いだけでなく、コントラストも良好でパンチのある解像感を楽しめると思います。コントラストが強いためか、線が少し太いと感じる場合もあり、人によってはもう少し繊細な描写を好む人もいると思います。
ちなみに上の写真を切り出したのが以下の画像。

ご覧のようにトリミング・クロップ耐性は抜群。均質性が高いので、後からフレームのどこを切り取っても違和感なく使うことができると思います。もちろん被写界深度内に入っていればの話ですが…。
近距離の解像テストはこれからですが、無限遠で驚くようなパフォーマンスを発揮するのですから、近距離の解像力チャートでも期待に応えてくれるはず。乞うご期待

購入早見表

作例

オリジナルデータはFlickrにて

関連レンズ

Fマウント

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
XF・GFレンズ 最大20万円 -2021/9/20 2021/10/4
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 最大3万円 -2021/10/4 2021/10/22
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Nikonレンズ, Nikon中・望遠レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER