【価格情報】BLACK FRIDAY「Amazon」「SmallRig」「PERGEAR

Canonレンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

RF100-400mm F5.6-8 IS USM 徹底レビュー 周辺減光・逆光耐性編

キヤノン「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」のレビュー第四弾を公開。今回は周辺減光や逆光耐性についてチェックしています。

RF100-400mm F5.6-8 IS USMのレビュー一覧

まえがき

2021年10月14日に「RF16mm F2.8 STM」と共に発表されたRFマウントの超望遠ズームレンズ。特筆すべきはレンズサイズと重量。EFマウントの「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」と比べ、全長が164.7mmと短く、重量は半分以下に抑えられ、非常に携帯性の良い400mmズームレンズに仕上がっている。その代償は開放F値の暗さに現れており、特に望遠端の400mmは開放F値が「F8」と非常に暗く、EFレンズと比べて1段もF値が大きくなっている点には注意が必要。

概要
レンズの仕様
マウント RF 最短撮影距離 0.88m
フォーマット フルサイズ 最大撮影倍率 0.41倍
焦点距離 100-400mm フィルター径 67mm
レンズ構成 9群12枚 手ぶれ補正 5.5段
開放絞り F5.6-8 テレコン 対応
最小絞り F32-45 コーティング SSC
絞り羽根 9枚
サイズ・重量など
サイズ φ79.5×164.7mm 防塵防滴 -
重量 約635g AF NanoUSM
その他 レンズフード別売り
付属品
レンズキャップ前後

手ごろな価格の小型軽量な超望遠ズームだが、意外にもテレコンバージョンレンズに対応している。このため、開放F値はF16と暗くなるが、800mm F16として使うことができる面白い仕様である。また、最大撮影倍率が0.41倍と高く、ちょっとしたマクロ撮影も可能となっている。テレコンを組み合わせることで最大0.82倍まで拡大が可能。
フォーカス駆動にはナノUSMを使用しており、高速かつ静かで正確な動作を期待できる。ただし、フォーカスリミッターを搭載していないので、大デフォーカスからの復帰は苦手。カメラ側の性能が求められる。

全長はRF24-105 STM2本分。大きなレンズに違いはないが、それでも400mmまでをカバーする望遠ズームレンズとしては明らかに小型軽量である。全体的な作りは「非L」シリーズらしいが、他のレンズと異なりコントロールリングとフォーカスリングが分離している点は評価したいポイント。

小型軽量で、さらに手ごろな価格の超望遠ズームだが、そのぶん光学性能には妥協が必要。MTFを見てすぐわかる通り、望遠側は高周波の実線と破線が極端に分かれているので、高解像はあまり期待しないほうがいいかもしれない。ただし、低周波は比較的安定しているので、実写でどのような結果が得られるのか興味深いポイント。

価格のチェック

売り出し価格は8万円ちょっと。100-400mmクラスの望遠ズームとしては安く、一眼レフ用レンズのサードパーティ製レンズに近い。当然ながら純正Lレンズと比べると段違いに安い。

RF100-400mm F5.6-8 IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon   キタムラで中古品を探す
レンズフード ET-74B
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EXTENDER RF1.4x
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EXTENDER RF2x
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

周辺減光

周辺減光とは?

周辺減光とは読んで字のごとく。フレーム周辺部で発生する不自然な光量落ちを指す。中央領域と比べて光量が少なく、フレーム四隅で露出不足となる傾向。主に大口径レンズや広角レンズで強めの減光が発生する。

ソフトウェアで簡単に補正できる現象だが、露出不足を後処理の補正(増感)でカバーするため、ノイズ発生の原因となる点には注意が必要。特に夜景で高感度を使う場合はノイズが強く現れる可能性あり。

100mm(最短撮影距離:無限遠)

ピント距離に関わらず、絞り開放で中程度の周辺減光が発生する。これをLightroomで手動補正するには「+60」ほどの補正値が必要。デジタル補正を適用する場合は多少のノイズ増が発生する可能性あり。(特に高ISO感度)
影響はF8まで絞るとほとんど解消するので、風景撮影で問題となる状況は少ないと思う。

135mm(最短撮影距離:無限遠)

無限遠側で少し強めに発生するが、どちらも100mmと比べると影響は小さい。手動補正の場合は「30~40」の補正値で修正できる。やはりF8まで絞ると光学的に周辺減光を抑えることが可能。

200mm(最短撮影距離:無限遠)

135mmよりも改善。手動補正の場合は「20~30」の補正値で修正できる。F8まで絞ると改善するが、無限遠では僅かに影響が残る。

300mm(最短撮影距離:無限遠)

200mmと比べて無限遠側が少し重め。最短撮影距離は「20」の補正値で解消するが、無限遠は「40」の補正値が必要となる。F11まで絞ると改善するが、無限遠では僅かに影響が残る。そもそも開放F値が大きいうえ、周辺減光の影響でセンサーに届く光量はさらに少なくなる。

400mm(最短撮影距離:無限遠)

ズーム中間域と比べると重めの光量落ちが発生。最短撮影距離での影響はわずかだが、無限遠側は影響する範囲が広く、全体的に暗めに写る。ただし、手動補正時の補正値は300mmとほぼ同じ。

逆光耐性・光条

100mm 中央

思っていたよりも良かった。
もちろんゴーストはゼロではないものの、フレアによるコントラスト低下は目立たない。絞ってもフレアの影響は良く抑えられている。

100mm 隅

中央と同じく逆光耐性は良好。手ごろな価格の超望遠ズームとしては評価できるパフォーマンスに見える。僅かにゴーストが発生しているものの、影響は軽微で無視できるレベル。小絞りでもゴーストが顕在化することは無い。

400mm 中央

100mmと同じく、この価格帯の超望遠ズームレンズとしては良好。強い光源をフレーム内に入れても、フレアを良く抑えているように見える。

400mm 隅

中央と同じく良好な逆光耐性。フレア・ゴーストは良く抑えられている。

光条

絞り羽根は9枚で絞ると18本の光条が発生する。
このレンズではF11~F16付近で光条が発生し始め、最小絞り付近で最大化する。非常にシャープで綺麗な光条に見えるが、F22~F45(シャッタースピードや解像性能が犠牲となる)の非常に大きな絞り値が必要となるので、役に立つシーンは少ないと思われる。

今回のおさらい

周辺減光はズーム全域(特に両端)の絞り開放で影響が目立つものの、補正しきれない極端な光量落ちではない。ソフト補正によって多少のノイズ増はあるかもしれないが、心配するほどの問題とはならないはず。

とは言え、望遠端の400mmは開放F値が「F8」と非常に暗く、高ISO感度を使う機会も多いと思う。高感度を使えば使うほど、ダイナミックレンジは狭くなり、当然ながら周辺光量補正時のノイズも増える。複合的な要素で画質低下が発生する可能性はなくもない。

逆光耐性は今のところ問題なし。100-400mmで逆光シーンを撮影する機会が少ないこともあるが、このレンズでフレアやゴーストに悩まされた経験は今のところない。また、恒例のテスト環境でも比較的良好なパフォーマンスを発揮しているので、実写でも同様の結果を期待できると思う。(ここ最近は雨が多かったので、そのうちテスト予定)

購入早見表

RF100-400mm F5.6-8 IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon   キタムラで中古品を探す
レンズフード ET-74B
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EXTENDER RF1.4x
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EXTENDER RF2x
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

作例

オリジナルデータはFlickrにて公開

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,