Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

キヤノン「RF70-200mm F4 L IS USM」レンズレビュー諸収差編

キヤノン「RF70-200mm F4 L IS USM」レビュー第4弾。EOS R5と組み合わせて各収差のテストの結果とレビューを公開。いくらか補正前提のような残存収差が見られるものの、ソフト補正込みで評価すると使い勝手の良いレンズに見えます。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2021年3月10日 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:11群16枚
  • 開放絞り:F4
  • 最小絞り:F32
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.6m
  • 最大撮影倍率:0.28倍
  • フィルター径:φ77mm
  • レンズサイズ:φ83.5×119.0mm
  • 重量:695g
  • 手ぶれ補正
    ・光学5.0段
    ・協調7.5段
  • 防塵防滴仕様
  • フッ素コーティング
  • ナノUSM駆動

2018年秋に始まったEOS Rシステム用の17本目となる交換レンズです。望遠レンズとしては5本目、ズームレンズとしては9本目となります。「ラグジュアリシリーズ(Lシリーズ)」に属するレンズとして、光学性能・操作性・堅牢性を追求しつつ、従来よりも小型軽量化を実現。

駆動方式はRFレンズらしくナノUSMを使用し、AFとフローティングレンズの2群を個別に動作させる仕組みを採用。近接撮影時の画質を向上させ、ズームレンジ全域で最短撮影距離0.6mを実現しています。EF70-200mm F4Lの最短撮影距離が1mだったことを考えると飛躍的な向上と言えるでしょう。競合他社のズームレンズも大部分は1m以上です。

注意点はミラーレスらしいフランジバックを切り詰めた設計のため、エクステンダーに非対応となっていること。短い最短撮影距離を実現しているものの、拡張性を犠牲にしている点に気を付ける必要があります。特にF22までAFに対応したEOS R5やR6のパフォーマンスを考慮すると残念。

インナーズームのEFレンズと比べ、伸びるズームタイプを採用していますが、縮長時はEFレンズと比べて32%も短くなっています。そのサイズはRF24-105mm F4L IS USMとほぼ同じで、カメラバッグへの収納性や、使用時の携帯性が極めて良好。ズーム操作時の防塵防滴性が維持されているのか気になるとことですが、同じ仕様のF2.8Lで防塵防滴に関する問題を聞いたことがありません。

Lレンズらしく防塵防滴用のシーリングを可動部や接合部に配置。伸びるズームレンズながら耐候性に配慮した仕様ですね。

望遠ズームレンズらしく光学手ぶれ補正を搭載。単体でも補正効果5段と効き目の高いユニットを搭載し、さらにボディ内手ぶれ補正を搭載するEOS R5やR6と組み合わせることで、最大7.5段分の協調補正を実現しています。実際にどれほどの効き目があるのか、今後のテストで確認したいと思います。

MTF曲線を見る限り、70mm・200mmともにEF70-200mm F4L IS II USMより非点収差が良く抑えられているように見えます。海外のレビューでは接写時にパフォーマンスが低下すると言った評価もあるので、テストでチェック予定。

価格のチェック

倍率色収差

倍率色収差とは?

主にフレーム四隅に現れる色ずれです。絞り値による改善効果が小さいため、この問題を解決するにはカメラボディでのソフトウェア補正が必要となります。ボディ側の補正機能で比較的簡単に修正できます。

実写で確認

70mm

絞り開放から最小絞りまで、4500万画素のEOS R5で僅かに知覚できる色収差が残存。実写の全体像でも色収差を確認できるので、常に自動補正を適用しておくのがおススメ。

100mm

70mmと同じく、四隅で目に付く倍率色収差が残存。画質へ影響の少ない自動補正で簡単に修正できるので忘れず補正しておきたいところ。

135mm

広角側と比べて色収差が穏やかとなるものの、依然として知覚できるくらいには残存しています。出来れば常に補正しておきたい。

200mm

基本的には135mmと同じ。

軸上色収差

軸上色収差とは?

軸上色収差とはピント面の前後に発生する色ずれを指しています。手前側で主にパープルフリンジとして、奥側でボケにグリーンの不自然な色付きがあれば、その主な原因が軸上色収差です。簡単な後処理が難しく、できれば光学的に収差を抑えて欲しいところですが、大口径レンズでは完璧に補正できていないことが多いです。

実写で確認

70mm

倍率色収差とは打って変わって良好に補正されています。絞り開放から目に付く色付きはありません。

100mm

70mmと同じく絞り開放から非常に良好な状態。

135mm

よく目を凝らして確認すると、僅かに色収差の影響が見られます。極端なコントラストで少し目に付くかもしれませんが、大きな問題となることは無いでしょう。残存する僅かな収差は2段絞ると解消します。

200mm

135mmと同じく、僅かに色収差を確認。大きな問題となる可能性はゼロに近いものの、完璧を求めるのであればF8まで絞るのがおススメ。

歪曲収差

歪曲収差とは?

歪曲収差とは、平面上で直線的に写るはずが直線とならずに「歪む」収差です。特に直線が多い人工物や水平線が見えるような場合に目立ちやすい。主に魚眼効果と似た形状の「樽型歪曲」と中央がしぼんで見えてしまう「糸巻き型歪曲」に分かれています。

実写で確認

70mm

補正をオフにすると穏やかな樽型歪曲が現れます。影響は極僅かで、四隅の一部が変形するのみ。無補正でも大きな問題はありません。

100mm

70mmと異なり、穏やかな糸巻き型歪曲が発生します。影響はわずかですが、直線的な被写体を撮影する場合は自動補正をオンにしておくと良いでしょう。画質に大きく影響するわけでもないので常に補正をインにしておくのがおススメ。

135mm

100mmと比べると糸巻き型歪曲が少し強まります。中程度と評価できる影響量で、無補正の場合は人工物などで歪曲が目立つ可能性あり。

200mm

135mmと同じく、中程度の糸巻き型歪曲が発生。

コマ収差

コマ収差とは主にフレーム四隅で点像が点像として写らないことを指しています。例えば、夜景の人工灯や星、イルミネーションなど。日中でも木漏れ日などが影響を受ける場合があります。後処理が出来ないため、光学的に補正する必要がある収差。絞ることで改善するものの、夜景や天体撮影など、シャッタースピードが重要となる状況では絞り開放のコマ収差補正が重要となります(絞るとシャッタースピードかISO感度に影響があるため)。

実写で確認

70mm

四隅にて僅かなコマ収差が発生。特に目立つ収差量ではありませんが、解消したい場合は2~3段ほど絞りたいところ。

100mm

70mmと同じく、いくらかコマ収差が残存しているように見えますが、画質に大きな影響を与えるようには見えません。1段絞ると改善します

135mm

広角側と比べると収差が収束方向へ落ち着いています。絞り開放から特に問題はありません。

200mm

コマ収差は絞り開放から良好に補正されています。特に問題ありません。これまでのテスト結果を考慮すると、このレンズは広角側よりも望遠側でパフォーマンスが伸びるように設計されているように見えます。

今回のまとめ

全体的に良く補正されていますが、決して完璧ではありません。コントラストが高い被写体ではフレーム四隅で倍率色収差が目に付き、直線的な被写体では歪曲収差がいくらか目に付く場面があると思います。ただし、どちらも自動補正で綺麗に修正できる収差なので、カメラ側のレンズ補正機能は忘れずに適用しておきたいところ。

その一方、後処理が難しい軸上色収差やコマ収差などは比較的良好に補正されています。球面収差はじっくり確認していないものの、フォーカスシフトやボケへの悪影響は無し。全体的に良くまとまっており(デジタル補正を含めて評価すると)収差に関してこれと言った弱点はありません。ただし、20万円に近い値付けを考えると、倍率色収差はもう少し抑えて欲しかったかなと。

購入早見表

作例

関連レンズ

一眼レフ用

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,