SIGMAレンズ カメラ レンズ 海外の評価

シグマ「105mm F2.8 DG DN MACRO」は純正を上回る最高の光学性能

Sony Alpha Blogがシグマ「105mm F2.8 DG DN MACRO Art」のレビューを公開。マクロレンズとしては最もシャープでソニーFE90mmより優れている模様。さらにボケも綺麗で発色やコントラストも良好とのこと。

マクロレンズ最高の光学性能

Sony Alpha Blog:Sigma 105mm F2.8 DG DN Macro Art

  • 一眼レフ用設計の「70mm F2.8 DG MACRO」とは異なり、ミラーレス専用設計のレンズだ。
  • ビルドクオリティは非常に優れており、「85mm F1.4 DG DN」とよく似ている。ただしレンズフードのロック解除ボタンが無い。
    ーマクロ撮影でもレンズが伸びることは無い。
    ー29.5~50cmに制限できるフォーカスリミッター搭載。
    ー動画撮影で役立つクリックレスの絞りリング操作に対応。
    ーピント距離表示なし。
    ー撮影倍率表示なし。
    ーフォーカスリングに近側・遠側のハードストップが無い。
    ー「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」のようなクラッチ構造のフォーカスモード切替機構が無い。
  • 全体的にAFは高速かつ効果的だ。瞳AFは完全に機能する。(レンズのファームウェアはベータ版)
  • シャープネス
    ーα7R IV 6100万画素 使用
    ーF2.8から並外れたシャープネスを記録
    ーF11までフレーム全域で優れた結果を発揮する
    ーソニーEマウントで最もシャープなレンズの一つ
    ー「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」より少し良好
  • 周辺減光はF2.8で目に付くが、F8までに改善する。
  • 僅かに糸巻き型歪曲が残存している。
  • 色収差は皆無だ。
  • 光条は問題無いが、フォクトレンダーほど明瞭では無い。
  • 逆光耐性はきちんとしているが、より良いとよかった。
  • 発色は抜群だ。
  • マイクロコントラストは素晴らしい。
  • 後ボケはとても柔らかく心地よい描写だ。
  • 玉ボケはソニーより良好だ。ボケの境界線上に色づきが見られる。F5.6まで絞ると絞り羽根の形状が見られる。
  • マクロでも優れたコントラストとシャープネスだ。被写界深度を深めつつ、解像性能のベストな絞り値はF5.6~F8である。
  • 競合レンズとの比較
    ーシャープネスは同カテゴリで最高である。「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」と同等だ。
    ーシャープネスの違いは6100万画素のα7R IVでのみ判断できる程度の差だ。
    ーソニーと比べて綺麗なボケ描写である。
    ー後ボケはソニーと互角だ。
  • 動画撮影でもAFは効果的で滑らかに動作する。クリックレスの絞りリングも役に立つ。
  • 自然の撮影ではシャープネス・発色の両面で優れた結果となる。

全体的に優れたマクロレンズであり、ポートレートでも非常に良好な結果をもたらしてくれる。シャープネスはコシナ「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」に匹敵し、ソニー「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」よりも優れている。
焦点距離表示やフォーカスリングのハードストップ、そして倍率表示があれば完璧なマクロレンズだった。
ーエルゴノミクスを重視する場合:「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」
ー純粋に光学性能を重視する場合:このレンズ、もしくは「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」
ー最高の光学性能とコストパフォーマンス:このレンズ
ー汎用性の観点:このレンズ

長所:絞り開放から全体的に抜群のシャープネス・インナーフォーカス・優れた色とコントラスト・柔らかく心地よいボケ・非常に優れたビルドクオリティ・低歪曲・ポートレートに最適なAF・ゼロ色収差・絞りリング

平凡:良好なボケ描写・良好なフォーカスリング・逆光耐性

短所:倍率表示なし・焦点距離表示なし・フォーカスリングにハードストップなし・光学手ぶれ補正非搭載

とのこと。
エルゴノミクスの点でソニーFE90mmに及ばないものの、操作性が気にならなければ際立った光学性能のシグマ105mmがコストパフォーマンスの高いレンズとなる模様。6100万画素のα7R IVと組み合わせても、絞り開放から四隅まで抜群のシャープネスとなるのは凄いですねえ。作例を確認しても、確かにシャープで切れ味抜群の光学性能に見えます。軸上色収差は良く抑えられており、厄介となることは無い模様。
70mm F2.8 DG HSMと比べるといくらか高価ですが、それだけの価値を持っていると言えそうです。

105mm F2.8 DG DN MACRO Art 交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~