Tamronレンズ レンズ 海外の評価

タムロン35mm F/2.8 Di III OSD M1:2はフレーム全域でとてもシャープなレンズ【海外の評価】

スポンサーリンク

Digital Camera Worldがタムロンのミラーレス用交換レンズ「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2(Model F053)」のレビューを掲載しています。

Tamron 35mm f/2.8 Di III OSD M1:2 review

  • タムロンの同シリーズらしく最短撮影距離が非常に短く、0.5倍のマクロ撮影が可能だ。
  • レンズ構成は8群9枚であり、20mm F2.8や24mm F2.8より1枚少ない。BBARコーティングやフッ素コーティングは同じ仕様だ。
  • 外装は軽量で頑丈なプラスチック製だが、レンズマウントは金属製だ。マウント周囲は簡易防滴のためのシールが施されている。
  • レンズフードはフジツボタイプのプラスチックフードが付属する。
  • OSD駆動のオートフォーカスはほぼ無音で動作する。正確だが、高速では無い。
  • フォーカスリングは滑らかに動作し、微調整が可能だ。
  • シャープネスとコントラストはとても優れている。F16で回折の影響を受けるまで立派なパフォーマンスを維持している。
  • ラボテストでもシャープネスはフレーム大部分で際立って良好だ。
  • ボケは滑らかで心地よい描写だ。色収差は目に付かない。
  • 逆光耐性はとても効果的だ。
  • 歪曲収差は-1.08だ。ゼロ歪曲では無いが、20mmや24mmと比べるととても小さな数値である。

小型軽量なレンズでα7やα9とのバランスも良い。画質はとても優れており、高いシャープネスとコントラスト、色再現性と良好な色収差補正・歪曲収差補正・逆光耐性を備えている。
とても魅力的な価格の素晴らしいレンズである。

Digital Camera World:Tamron 35mm f/2.8 Di III OSD M1:2 review

とのこと。
光学性能の見解は基本的に同意見です。フレーム全域でとてもシャープ、そしてボケはとても滑らかです。この価格帯の35mmとしてはどちらも貴重な存在と感じるはず。さらに接写性能が高く、テーブルフォト程度の接写撮影ならば四隅までとてもシャープな画質を維持しているのは凄い。
歪曲収差も20mmや24mmと比べると光学補正が健闘している印象。

その一方、オートフォーカスの動作はレンズを実際に触って確認して欲しいと感じます。繰り出し式フォーカス機構のOSD駆動はバックラッシュの音が大きく、状況によっては目立ちます。さらに、フォーカスブリージングが強めに発生するので動画に適しているとは言えません。特にAF-Cを使うとかなり目障りと感じます。妥協できる人には妥協できる問題かと思いますが、用途によっては許容できない人もいるはず。
主に静止画向けレンズ(特に広角マクロ)と考えておいたほうが良いでしょう。

タムロン35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 Model F053 交換レンズデータベース

35mm F/2.8 Di III OSD M1:2(Model F053)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay

スポンサーリンク

関連レンズ

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
EOS R/M 最大2万円 -2020/5/7 2020/5/22
GFX 最大15万円 -2020/3/31 2020/4/14
X-T4+レンズ 最大10万円 -2020/5/10 2020/5/25
Fuji X 最大2万円 -2020/3/31 2020/4/14
Nikon Z 最大4万円 -2020/3/31 2020/4/17
SONY GM 1万円 -2020/3/31 2020/4/14
E-M5 III 最大1.5万円 -2020/3/31 2020/4/14

-Tamronレンズ, レンズ, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.