Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

キヤノン「RF85mm F2 MACRO IS STM」交換レンズレビュー 遠景解像編

このページではキヤノン RF85mm F2 MACRO IS STMの遠景解像性能テストの結果とレビューを掲載しています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2020年10月22日発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:11群12枚
  • 開放絞り:F2
  • 最小絞り:F29
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.35m
  • 最大撮影倍率:0.5倍
  • フィルター径:φ67mm
  • レンズサイズ:φ78.0×90.5mm
  • 重量:500g
  • ステッピングモーター
  • 光学手ぶれ補正:5段分
  • レンズフード別売り

キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」シリーズに対応する「RFレンズ」の一つ。高価な「ラグジュアリシリーズ(Lシリーズ)」に属さず、手ごろな価格と小型軽量なサイズを実現した単焦点レンズに仕上がっています。

同クラスは最初に「RF35mm F1.8 Macro IS STM」が登場して、このレンズが2本目。さらに2020年末に「RF50mm F1.8 STM」も登場しています。どのレンズも「ショートバックフォーカス・大口径マウント」を活かしたレンズ設計となっており、小型軽量やマクロ性能、光学性能の向上などに一役買っています。

このRF85mm F2 MACRO IS STMも一眼レフ用の「EF85mm F1.8 USM」と全く異なる光学設計・特性のレンズです。特筆すべきは最短撮影距離。EF85mmで「0.85m」だったものが、RF85mmでは「0.35m」まで短くなっています。この際の撮影倍率は「0.5倍」のハーフマクロを達成しており、レンズに「マクロ」を冠するのも自然な流れと言えるでしょう。

レンズ構成は従来の「7群9枚」から「11群12枚」まで複雑化しています。構成中にはUDレンズを一枚使用し色収差を効果的に補正しています。さらに最大5段分の光学手ぶれ補正ユニットを搭載。EOS R5やR6のボディ内手ぶれ補正との連携が可能で、この際は最大8段分の補正効果を得ることができると言われています。

注意すべきはレンズのフォーカス駆動形式。
EF85mmはリングUSMを使用したリアフォーカスのため、レンズ全長に変化は無く、素早いAFを期待できます。
RF85mmはステッピングモーター駆動を使用。RF24-105 STMのように静かなステッピングモーターではなく、RF35 STMのように駆動音の大きなステッピングモーターです。さらに、前群繰り出し式のフォーカスを採用しているので、ピント距離によって内筒が大きく前方へせり出す仕組みとなっています。AFの静粛性や高速性はあまり期待しないほうが良いでしょう。

価格のチェック

EF85mm F1.8 USMと比べるとかなり高価なレンズです。手ぶれ補正や接写性能、そして最新の光学設計が価格を押し上げていると思われますが、EF85mmとの価格差ほどの価値があるか、今後のテストでチェックしていきたいと思います。EF85mmと異なり、レンズフードが付属していなので注意。

RF85mm F2 MACRO IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード ET-77
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

遠景解像力

テスト環境

  • カメラ:EOS R5
  • レンズ:RF85mm F2 MACRO IS STM
  • 三脚:Leofoto LS-365C
  • 雲台:Leofoto G4
  • 撮影日:2021年3月1日
  • RAW 絞り優先AE ISO100固定
  • Adobe Lightroom
    ・シャープネス0
    ・その他 初期設定

テスト結果

中央

絞り開放から良好な解像性能を発揮。十分良好ですが、軸上色収差や球面収差でコントラストが僅かに低下しています。F2.8で大きく改善し、F4でピークに達しているように見えます。概ね解像力チャート通りの結果と言えるでしょう。

F5.6からF8にかけて、残存する極僅かな色収差が解消します。全体的なパフォーマンスはF4と同じ。F11以降は回折の影響で徐々にシャープネス・コントラストが低下します。F16までは後処理次第でシャープな結果を期待できますが、F22~F29は被写界深度が必要な場合を除いて避けたい絞り値。

周辺

F2から中央と遜色のない非常にシャープな結果を期待できます。残存する軸上色収差はF4までに完全にほぼ解消します。ピークの性能は解像力チャート通りF4~F8で、F11~F16は回折の影響で画質が低下するものの実用範囲内。F22~F29は避けたほうが良いでしょう。

四隅

絞り開放付近はコマ収差か非点収差のような甘さを感じます。F2.8まで絞っても画質は安定したと言い難く、少なくともF4まで絞りたいところ。ピークはF5.6~F11で、回折の影響を考慮してもF4よりはF11のほうが良好です。

全体

絞り開放からほぼ全域がシャープとなる、高い光学性能を備えたレンズです。光学設計が古いEF85mm F1.8 USMと比べると遥かに強力なシャープネスを備えていると感じることでしょう。ポートレートレンズと言うよりも、マクロレンズに近いパフォーマンス。

ただし、絞り開放付近だと像高9割から外側が不安定な描写となります。フレーム全域を安定させたいのであれば、F4~F5.6まで絞って使うのがおススメ。

四隅の落ち込み方は気になりますが、概ねMTF通りの結果かなと思います。このレンズはフォーカスブリージングの影響が強く(このレンズの場合は近距離では画角が狭くなる)、近距離では四隅の甘い領域が撮像範囲外となる場合も多いはず。

SAMYANG AF 85mm F1.4 RFとの比較

AF 85mm F1.4 RFをF2まで絞った際の結果はほぼ同じ。四隅の安定感について、RF85mmのほうが少し良好。どちらにせよ、全域でシャープな結果を期待するのであれば、F4~F5.6まで絞りたいところ。サムヤンは倍率色収差の影響が少し強めに発生するため、色収差補正ができない環境では注意が必要です。

中景解像力

無限遠の解像性能テストの補足として中景の建築物を撮影。

テスト結果

基本的に遠景テストと同じ。四隅を除く広い範囲でF2から良好な結果。カメラ側の「デジタルレンズオプティマイザ」を適用することで、四隅の結果も多少の改善が期待できるはず。

今回のまとめ

「絞り開放から四隅までシャープ」と言うにはあと一歩及ばないものの、フレームの大部分がF2からシャープなレンズです。EF85mm F1.8 USMとは比べ物にならない性能と感じるはず。唯一の欠点である四隅もF4付近まで絞れば良像となり、F5.6~F8まで絞ればEOS R5でも満足のいく性能となります。

果たして85mmの明るいレンズにこれほどの均質性が必要なのかどうか疑問が残るところですが、マクロから風景撮影、そしてポートレートまでそつなくこなせる85mmとしては面白い選択肢となるはず。

購入早見表

RF85mm F2 MACRO IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード ET-77
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER