Samyangレンズ 海外の評価

サムヤン AF 50mm F1.4 IIはコストパフォーマンスが良い標準大口径

Digital Camera Worldがサムヤン「AF 50mm F1.4 II」のレビューを公開。隅の解像性能が残念な結果となっているものの、中央や周辺部は非常に良好で、諸収差も良好な補正状態となっている模様。

Digital Camera World:Samyang AF 50mm F1.4 FE II review

外観・構造:

  • ビルドクオリティはとても良好だ。
  • シーリングを各所に使用した防塵防滴構造である。
  • 洗練され、頑丈な鏡筒だ。

携帯性:

  • 記載なし。

操作性:

  • 操作性はとても良好だ。
  • 電子制御のフォーカスリングは滑らかで高精度に操作が可能である。
  • カスタマイズ可能なAFLボタンを搭載している。
  • カスタムスイッチでフォーカスリングを絞り操作に使用可能だ。
  • 専用の絞りリングは無い。

フォーカス:

  • 高速AFと一貫したフォーカス精度の優れたパフォーマンスを発揮する。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • F1.4から見事なシャープネスだ。
  • 中央はF2~F8でセンセーショナルな解像性能を発揮する。
  • 中央はF1.4でも非常にシャープだ。
  • 周辺部は性能が低下するが、実写で気が付くことは無いだろう。
  • 隅は性能が低下し、F5.6までは残念な結果となる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 滑らかで美しい。
  • 絞った時のボケも非常に良好だ。

色収差:

  • 軸上色収差は最小限に抑えられている。
  • 倍率色収差は高コントラストなシーンで目立つが、気が散るほどではない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 糸巻き型歪曲が残っているが、実写で気が付くほどではない。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

クラシックな焦点距離と大口径の絞り値で、素晴らしい画質とオールラウンドな性能を実現している。価格を考慮すると価値のあるレンズだ。

  • 長所
    ・比較的コンパクトで軽量
    ・改良されたAF
    ・優れたビルドクオリティ
  • 短所
    ・F1.2ほど大口径ではない
    ・絞りリングなし

とのこと。
Sony Alpha Blogなどと同じく隅のシャープネスが低いことを指摘していますが、その他は概ね良好なテスト結果となったみたいですね。ソニーEマウントは数あれど「50mm F1.4」はまだまだ選択肢が少ないジャンルであり、改良が施されたサムヤン50mm F1.4の存在は大きいと言えるでしょう。今回のレビューでは言及していませんが、フォーカスブリージングが良く抑えられており、クリックレスの絞りリングを利用できることから、動画撮影で面白いレンズとなるかもしれません。

国内でも既に流通が始まっており、8万円前後で購入することが可能。ソニー純正レンズと比べると遥かに手ごろな価格なので、50mm F1.4を使ってみたい人にとって面白い選択肢となるはず。

サムヤン AF 50mm F1.4 II FE 最新情報まとめ

AF 50mm F1.4 FE II
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon KenkoTokina直営店
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

関連レンズ

関連記事

-Samyangレンズ, 海外の評価
-