Samyangレンズ 機材レビュー 管理人レビュー

サムヤン AF 50mm F1.4 II FE レンズレビューVol.5 ボケ編

サムヤン「AF 50mm F1.4 II FE」のレビュー第六弾を公開。今回は前後ボケ質の違いや玉ボケにおける口径食や絞り羽根の影響などを確認しています。

AF 50mm F1.4 II FEのレビュー一覧

前後ボケ

綺麗なボケ・騒がしいボケとは?

ボケの評価は主観的となりがち。個人的には「滲むように柔らかくボケる」描写が綺麗と評価し、逆に「急にボケ始めたり、ボケの輪郭が硬い」描写は好ましくないと感じる。ただし、感じ方は人それぞれなので、ひょっとしたら逆のほうが好ましいという人がいてもおかしくない。
参考までに「滲むボケ」「輪郭の硬いボケ」のサンプルを以下に示す。

描写傾向の違いは主に球面収差の補正状態によって変化し、前後どちらかのボケが柔らかい場合はもう片方のボケが硬くなる傾向がある。
特殊な方法として「アポダイゼーション光学素子」などを使って強制的に滑らかなボケ描写を実現しているレンズも存在する。

実写で確認

完璧にニュートラルなボケ質ではなく、前後に偏りがある。後ボケは前ボケと比べて柔らかく滑らかな描写である一方、前ボケは輪郭が強調され芯が残るような描写となっている。大口径レンズとしては一般的に好ましい傾向に見えるが、硬い前ボケに色収差が発生するようなシーンには注意が必要だ。

玉ボケ

口径食・球面収差の影響

ここで言う「口径食」とはレンズ口径がボケへ影響していることを指す。
口径食が強いと、フレーム四隅のボケが楕円状に変形したり、部分的に欠けてしまったりする。この問題を解消するには絞りを閉じるしか方法が無い。しかし、絞ると羽根の形状が見えてしまう場合もあるので状況に応じてF値を変化させる必要あり。

逆に口径食の影響が少ないと、絞り開放から四隅まで円形に近いボケを得ることが出来る。これは玉ボケに限った話ではなく、一般的な四隅のボケ描写の質感にも繋がる。口径食が強いと、ボケが小さく感じたり、場合によってはボケが荒れてしまう場合もある。
できれば口径食の小さいレンズが好ましいが、解消するには根本的にレンズサイズを大きくする必要がある。携帯性やコストとのバランスを取る必要があり、どこかで妥協が必要。

球面収差の補正が完璧では無い場合、前後のボケ描写に差が発生する(前後ボケのレビューで示した通り)。この場合はどちらかが滲みを伴う滑らかな描写になり、反対側で2線ボケのような硬い描写となってしまう。

実写で確認

色収差の影響によりボケの輪郭が強調されてしまっているが、基本的には滑らかで柔らかい描写だ。非球面レンズを使用しているものの、玉ボケの内面に同心円状のムラは目立たない。口径食はF1.4レンズらしく隅に向かって強めの影響が見られるが、F2~F2.8でほぼ解消する。

絞りは9枚円形絞りを採用しており、F1.4~F2で良好な形状を維持しているように見える。F2.8以降は絞り羽根の角張が見え始め、F4以降では羽根の形状が不均一で少し不格好に見えてしまうのがマイナスポイント。

ボケ実写

接写

接写時は被写界深度が浅くなり、背景は芯を残さずに溶ける様なボケとなる。球面収差が大きくなるためか、ピント面前後は滲むような柔らかい描写となるのが特徴的。ドリーミーなボケを得たいのであれば被写体にグッと近づいてみよう。ただし、ピント面のコントラストが低下するので、解像感を両立したいのであれば少し絞るのがおススメだ。接写であればF5.6やF8まで絞っても十分なボケ量を得ることが出来る。

近距離

接写と比べるとボケは小さくなるが、それでも十分過ぎるほどのボケ量を得ることが出来る。球面収差も良く抑えられているので絞り開放から滑らかなボケと解像感のあるピントが得られる。ただし、近接解像のテスト結果からも分かるように、中央付近以外は解像性能が低下するのでF2.8付近まで絞ったほうが良い結果が得られる場合もある。多少絞っても周辺部まで綺麗なボケが得られるので心配せずに絞るのが良い。

中距離

撮影距離が長くなると、ボケがさらに小さくなる。それでも十分なボケ量と言えるが、口径食の影響が強くなるので、場合によってはフレーム端やフレーム隅が騒がしくなる可能性あり。そうは言っても手ごろな価格の大口径レンズとしては良好な描写である。接写時と同様、後ボケは柔らかく滑らかだ。ただし、絞ると球面収差が解消してコントラストが強すぎると感じる場合がある。複雑な背景ならばF1.4~F2あたりで撮影したほうが良いかもしれない。

遠距離

さらに撮影距離が長くなると、ボケが小さくなり、口径食の影響も強くなる。この撮影距離では球面収差が良く抑えられている反面、後ボケの柔らかさが無くなり、F1.4でも少し硬調と感じる。コントラストが高い背景の場合は注意が必要だ。

撮影距離

全高170cmの三脚を人物に見立てて、F1.4を使用して撮影したのが以下の写真。フレームに全身を入れても背景と分離するのに十分なボケを得ることができる。ただし、この際の後ボケは硬調で、場合によって少し騒がしく感じる。綺麗なボケを得たいのであれば膝上くらいまで近寄ったほうが良い。以降は上半身、バストアップと、撮影距離を短くするにつれてボケは大きく、滑らかな描写となる。

まとめ

価格やサイズを考慮するとバランスの取れたボケである。より重要な後ボケが柔らかく滑らかな描写となり、色収差もまずまず良好に抑えられている。撮影距離によって表情が変わる点には注意が必要だが、特に接写時にとても柔らかい描写が得られるのは面白い。

小型軽量なレンズながら口径食は適度で、玉ねぎボケも良く抑えられている。ボケに関して批判すべき点は少なく、この価格帯の50mmレンズとしてはおススメできる一本だ。敢えて言えば軸上色収差がもう少し良好に補正されていると良かったが、実写で悪目立ちする機会は少ない。

撮影距離が長くなると接写時ほど柔らかいボケでは無くなる。場合によって騒がしい描写となることもあるが、基本的にボケが小さいので気にならないシーンが多い。ただし、高コントラスト時の軸上色収差による色ずれが発生する場合は気を付けたほうが良いかもしれない。

購入早見表

AF 50mm F1.4 FE II
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon KenkoTokina直営店
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

作例

オリジナルデータはFlickrで公開

関連記事

-Samyangレンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,