Panasonicレンズ カメラ レンズ 海外の評価

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. 携帯性の高い超広角レンズとしては完璧

Lenstipが「LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH.」のレビューを公開。RAWの歪曲収差や目立つ非点収差を指摘しつつ、小型軽量かつ高性能で価格も安いと肯定的に評価しています。

Lenstip:Panasonic Leica DG Summilux 9 mm f/1.7 ASPH

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • レンズマウントは金属製だ。
  • 外装はプラスチック製である。
  • 製造国は中国だ。

携帯性:

  • このカテゴリのレンズとしては最小・最軽量だ。

操作性:

  • 幅20mmのフォーカスリングはとてもなめ赤に回転する。きちんとした抵抗感で操作できる。ピント全域のストロークはゆっくり回転すると150度、素早く回転すると300度となる。

フォーカス:

  • LUMIX G9 PROとの組み合わせでノイズレス、高速AFで動作する。
  • 最短撮影距離が0.095mと突出している。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • E-M5 Mark IIのRAWを測定している。
  • 良像の基準値は48-50lpmmだ。
  • 最高のレンズで98.6lpmmを達成している。
  • 中央はF1.7から68lpmmと高い数値で、絞ると急速に改善する。ピークはF4の84lpmmだ。
  • フレーム隅はF1.7から基準値に達し、絞ると60lpmmを超える。とても良好な結果だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 画角とレンズ構成を考慮すると素晴らしい描写だ。
  • 玉ボケは滑らかで、玉ねぎボケはほぼ強調されていない。

色収差:

  • 軸上色収差はF1.7でも良好に補正されている。
  • 倍率色収差は低い数値に抑えられているが、絞ると中程度に近い数値になる。

球面収差:

  • 収差の補正は完璧ではなく、絞ると遠側に向かって僅かにシフトする。
  • 前後のボケには顕著な違いが見られるが、影響は目立たない。

歪曲収差:

  • 歪曲収差はソフト補正に依存している。
  • 補正オフの場合は-6.52%と非常に目立つ歪曲収差が発生する。
  • JPEGの画角は98.5度だ。公称値よりも少し狭いが、大差ではない。

周辺減光:

  • RAWのF1.7で-1.96EVの目立つ周辺減光が発生する。

コマ収差:

  • コマ収差は良好に補正されているが、1段絞ってもあまり改善しない。
  • 非点収差の平均値は16.7%とやや高い水準だ。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は良好だが、太陽をフレームに入れるとカラフルな光条が発生する場合がある。

作例集

総評

とても魅力的なレンズだ。小型軽量ながら、明るく、光学的に優れている。興味深いことにLEICA DGブランドながら、ほぼ500ドルで購入できる。

「LEICA DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 ASPH」は9mm F1.7よりもシャープで優れた結果が得られる。9mm F1.7は、より焦点距離が短いか、大口径であれば区別化できたかもしれない。重量や大きさにこだわらなければ、10-25mm F1.7は本当に万能で光学的に素晴らしいレンズだ。

もし、日中や夜間の風景撮影を楽しむ旅に小さいレンズを携帯したいのであれば、このレンズが完璧な選択肢となるはずだ。

  • 長所
    ・防塵防滴
    ・コンパクトサイズ
    ・中央の良好な画質
    ・フレーム端の許容できる画質
    ・軸上色収差が僅か
    ・倍率色収差がきちんと補正されている
    ・おだやかなコマ収差
    ・逆光耐性
    ・心地よいボケ
    ・静かで高速かつ正確なAF
  • 短所
    ・RAWの歪曲収差
    ・非点収差が目立つ

とのこと。
小型軽量で比較的手ごろな価格の大口径広角レンズですが、良好なパフォーマンスを発揮するようです。おまけに防塵防滴仕様に加えて0.25倍の高い撮影倍率にも対応。広角レンズと相性が悪いとテストチャート撮影でも周辺部で非常に良好な結果を得ることができ、これと言った欠点の無いレンズに仕上がっている模様。欠点は補正が可能な歪曲収差と、補正が難しい非点収差の二つのみとなっています。価格も手ごろなので、コンパクトで明るい広角レンズを探している人にとって面白い選択肢となりそう。

私もLUMIX G9 PROやOM-1と組み合わせて楽しんでいます。鏡筒は金属製ではないものの、小型軽量で防塵防滴に対応しており、価格を考慮するつお十分良好な作り。解像性能はLenstipのレビューと比べると、周辺部や隅の結果がイマイチと感じました。遠景では非点収差が目立ちやすいのかもしれません。サイズを気にしなければ10-25mm F1.7が良いというのは大いに同意できるものの、10-25mm F1.7は本当にサイズが大きいレンズです。手のひらサイズで9mm F1.7を利用できる本レンズに価値を見出す人は多いはず。

パナソニック LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. 最新情報まとめ

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH.
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022/6/23 初値 55,096円
マウント MFT 最短撮影距離 9.5cm
フォーマット 4/3 最大撮影倍率 0.25倍
焦点距離 9mm フィルター径 55mm
レンズ構成 9群12枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.7 テレコン -
最小絞り F16 コーティング 不明
絞り羽根 7
サイズ・重量など
サイズ φ60.8×52mm 防塵防滴 対応
重量 130g AF
その他 -
付属品
レンズフード

関連レンズ

関連記事

-Panasonicレンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-, ,