Panasonicレンズ Panasonic広角レンズ Panasonic標準レンズ カメラ レンズ 海外の評価

LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6は小型軽量ながら隅から隅までシャープな描写

スポンサーリンク

PhotographyBlogがパナソニック「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」のサンプルギャラリーとレビューを掲載しています。20mmをカバーする小型軽量なズームレンズですが、四隅までしっかりと解像する模様。

  • パナソニック7本目となるLマウントレンズだ。20-60mmをカバーするズームレンズは他に無く、Sシリーズの中では最も小さく軽量なモデルだ。さらに「LUMIX S 24-105mm F4 Macro O.I.S.」と比べて半値と手ごろな価格設定だ。
  • 20mmの超広角は特に動画で使う16:9のアスペクト比で役に立つ。フォーカスブリージングを抑えていると言われ、動画に適したフォーカスモーターを採用している。
  • 大きく優れたビルドクオリティのLUMIX Sカメラに装着すると非非常にコンパクトと感じる。全長は82.7mm、重量は350gと確かに小さなレンズだ。
  • 非常に高価なS PROレンズと同じ防塵防滴仕様の金蔵鏡筒だ。
  • S PROレンズのようなマニュアルフォーカスクラッチ機能は備えていない。ただし、MF時にライブビューへピント距離を表示することが可能だ。
  • マクロレンズでは無いが、最短撮影距離0.13m、最大撮影倍率0.43倍を実現している。
  • フォーカスブリージングは皆無と言えないものの、最小限に抑えられている。
  • ズームリングは90度の回転角で素早く焦点距離を調整可能だ。望遠時に内筒が33mmほど伸びる。ズーム操作中は焦点距離がライブビューに表示されるので微調整が可能だ。
  • フォーカスリングは滑らかに動作する。
  • オートフォーカスは驚くほど高速で静かだ。動画撮影中も静かで、静止画とは異なる調整が施されている。
  • レンズに手ぶれ補正は組み込まれていない。ボディ側の補正ユニットに依存している。ただしボディ側で5.5段分の補正効果があるので問題は無いだろう。
  • 色収差は見つけるのに苦労するほど良く補正されている。
  • 周辺減光は20mm F3.5で0.6EVほどだ。F5.6まで絞るとほぼ解消する。16:9のアスペクト比ならば減光をほとんど無視できる。
  • 歪曲収差は良く抑えられているが、接写時に20mmで樽型歪曲に気が付く。24mmで影響が小さくなる。
  • 逆光耐性に問題は見られない。他のレンズと同様、光を直接フレームに入れるとフレアが発生する。
  • 最短撮影距離0.15mは20~26mmで利用可能だ。60mmまで伸ばすと最短撮影距離は0.4mとなる。
  • ボケはパーフェクトでは無いが、きちんとした描写だ。
  • シャープネス20mm
    ・回折の影響を受けるF22以外は絞り値全域でシャープな描写だ。ただしF22も細部を確認しなければ問題無い。
    ・隅からシミまでシャープネスが維持されている。
    ・最適な絞り値はF5.6~F11だが、絞り開放でも実用的な画質だ。
    ・3倍高価なレンズと同程度とは言えないが非常にシャープな描写だ。
  • シャープネス28mm
    ・絞り開放はF4だ。
    ・回折の影響を受けるF16・F22以外は絞り値全域でシャープな描写だ。ただしF22も細部を確認しなければ問題無い。
    ・スウィートスポットはF5.6~F11だが絞り開放でも実用的な画質だ。
  • シャープネス35mm
    ・絞り開放はF4.5だ。
    ・回折の影響を受けるF16・F22以外は絞り値全域でシャープな描写だ。ただしF22も細部を確認しなければ問題無い。
    ・スウィートスポットはF5.6~F11だが絞り開放でも実用的な画質だ。
  • シャープネス50mm
    ・絞り開放はF5.3だ。
    ・回折の影響を受けるF22以外は絞り値全域でシャープな描写だ。ただしF22も細部を確認しなければ問題無い。
    ・スウィートスポットはF5.6~F11だが絞り開放でも実用的な画質だ。
  • シャープネス0mm
    ・絞り開放はF5.6だ。
    ・回折の影響を受けるF22以外は絞り値全域でシャープな描写だ。ただしF22も細部を確認しなければ問題無い。
    ・スウィートスポットはF11だが絞り開放でも実用的な画質だ。

他には無いズームレンジをカバーし、同シリーズで最も軽く、最も小さいレンズだ。コンパクトだが非常に頑丈で防塵防滴仕様のレンズだ。オートフォーカスは非常に高速で動画撮影でも滑らかで静かに動作する。ビデオグラファーに最適だ。

光学性能は焦点距離全域でとてもシャープだ。F11で最適なパフォーマンスを得ることが出来るだろう。絞り開放でもシャープネスの低下は僅かだ。四隅までシャープネスの低下が見られないのはとても見事だ。驚くほどのシャープさでは無いが、見事である。

小型軽量で汎用性が高いレンズだ。あらゆる領域でLUMIX S1ボディを引き立たせてくれることだろう、

PhotographyBlog:Panasonic Lumix S 20-60mm F3.5-5.6 Review

とのこと。
キレッキレのシャープネスでは無いようですが、作例を確認する限りでは20mmの四隅までしっかりと解像しているように見えます。小型軽量なレンズサイズと20mmの広い画角を考慮すると素晴らしいパフォーマンスと感じます。広角をカバーするズームレンズとしてはボケが柔らかく滑らかに見えます。

国内ではカメラ専門店などで予約販売が始まっています。LUMIX Sレンズとしては珍しく10万円を下回る手頃な価格設定も魅力的と言えそうですね。

LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6交換レンズデータベース

LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連記事

関連レンズ

サイト案内情報

パナソニックレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Panasonicレンズ, Panasonic広角レンズ, Panasonic標準レンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER