Nikonレンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sは驚くほどシャープなレンズ

ePHOTOzineが「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」のレビューを公開。非常に解像性能が高く、恒例のグラフ上限を突破するレンズはこれが初めてとのこと。同紙のエディターズチョイスを受賞しています。

ePHOTOzine:Nikkor Z 24-120mm F/4 S Lens Review

外観・構造:

  • 広角24mmから望遠120mmまでをカバーする理想的な汎用性のあるレンズだ。風景・建築・ポートレートなどを容易にカバーできると思われる。
  • レンズフードは滑らかに、そして所定の位置にしっかりと固定される。ロック構造はないが、外れる心配はなく、必要はないだろう。
  • 77mmフィルターに対応している。
  • レンズ構成は13群16枚だ。そのうち3枚がEDガラス、1枚が非球面EDレンズ、3枚が非球面レンズである。絞り羽根は9枚で、コーティングにはARNEOコート・ナノクリスタルコートを使用している。
  • レンズ前玉にはフッ素コーティング処理が施されている。
  • レンズは防塵防滴仕様だ。

携帯性:

  • Z 7IIとの組み合わせでバランスは良好だ。
  • 重量は630gと重くない。

操作性:

  • MFリングはとても滑らかに回転する。
  • ズームリングは幅広く、グリップが良好だ。焦点距離の表示は正確だ。
  • ズームリングの後ろにはL-Fnボタンやコントロールリング、AF/MFスイッチを搭載している。

フォーカス:

  • 最短撮影距離はズーム全域で0.35mだ。最大撮影倍率は0.39倍である。
  • マルチフォーカスのモーター駆動は高速かつ正確で静かに動作する。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 24mmの中央はF4からF11までOutstanding、F16でExcellent、F22でVery goodだ。端はF4からF8までExcellent、F11とF16でVery good、F22でSoftとなる。
  • 35mmの中央はF4からF11までOutstanding、F16でVery good、F22でGoodだ。端はF4からF11でExcellent、F16でVery good、F22でGoodだ。
  • 70mmの中央はF4でOutstanding、F5.6からF11でExcellent、F16でVery good、F22でGoodだ。端はF4からF11でExcellent、F16でVery good、F22でGoodだ。
  • 120mmの中央はF4からF11でExcellent、F16でVery good、F22でGoodだ。端はF4からF11までExcellent、F16でVery good、F22でGoodだ。
  • 非常に高水準の解像性能だ。グラフのY軸を拡張するほど解像性能が伸びたのはこれが初めてである。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 滑らかで心地よい描写だ。

色収差:

  • 色収差は中央・端どちらも実質ゼロだ。追加の補正も必要無いだろう。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 24mmで-0.26%の樽型だ。
  • 35mmで+0.21%、70mmで+0.04%、120mmで+0.03%となる。

周辺減光:

  • きちんと抑えられているが、絞ると改善する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • フレアはきちんと抑えられている。過酷な光線状態でコントラストが僅かに低下するくらいで、ゴーストほとんど発生しない。

総評

このレンズは驚くほどシャープで、他にも多くの優れた特性を持っている。シャープネスの点で通常のグラフの限界を超えた最初のレンズであり、それ自体が偉業である。フレアが少なく、色収差や歪曲収差がほとんどないため、技術的にも最高の結果を得ることができた。操作性に関しても、ほとんど問題はない。

要するに、非常に優れたレンズであり、一般的な旅のお供としてはトップレベルのレンズであると言える。エディターズチョイスに相応しい一本だ。

  • 長所
    ・抜群のシャープネス
    ・色収差がとても少ない
    ・歪曲収差がとても少ない
    ・フレアの影響が少ない
    ・高速かつ正確で静かなAF
    ・ボケが滑らか
    ・防塵防滴
    ・重量が適切
    ・接写性能
  • 短所
    ・周辺減光がいくらかある

とのこと。
非常に高解像なズームレンズに仕上がっているみたいですね。中央は24mmから120mmにズームするとパフォーマンスが低下するものの(広角中央がずば抜けている)、周辺部はズーム全域で一貫した結果を得られる模様。全体的に絞り開放がピークの性能となっているのは凄い(絞ると回折の影響で徐々に低下する)。諸収差も良好に補正され、ボケも綺麗で滑らかなようですね。歪曲収差や色収差のテスト結果は内部的な補正が抜けていないようにも見えますが、一般的なRAW現像で悩む必要は無さそうです。ただ、一部の作例では逆光時にフレアの影響が予想していたよりも少し大きいように見えます。Xitekのレビューでも逆光耐性を指摘しているので、これはもう少し他のレビューを確認してみる必要がありそう。

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S 最新情報まとめページ

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-