Nikonレンズ Z NIKKOR レンズ 海外の評価

NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sは荷物を軽くしたい場合の最適な選択肢

Amateur Photographerが「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」のレビューを公開。手ごろな価格で、様々な撮影環境で満足のいく結果が得られると高く評価しています。

Amateur Photographer:NIKON NIKKOR Z 24-120MM F/4 S REVIEW

外観・構造:

  • 13群16枚のレンズ構成で、3枚のEDレンズと1枚のED非球面レンズ、3枚の非球面レンズを使用している。
  • ナノクリスタルコートに加え、ARNEOコートを採用している。
  • レンズ面にフッ素コーティングが施され、鏡筒は防塵防滴仕様だ。
  • 絞り羽根は9枚である。
  • フィルターサイズは77mmだ。
  • 外装は主にプラスチックパーツを使用している。
  • レンズマウントは金属製だ。
  • 外装のデザインは比較的シンプルだ。
  • レンズフードが同梱している。

携帯性:

  • 全長118mm、直径84mmだ。
  • 24-70mm F4と比べるとはるかに大きい。
  • 24-70mm F2.8 Sよりも175g軽量だ。

操作性:

  • AF/MFスイッチとFnボタンを搭載している。
  • マウント付近のコントロールリングはカスタマイズ可能だ。

フォーカス:

  • 2つのフォーカスユニットを搭載している。
  • 最短撮影距離は0.35mで、これはズームレンジ全域で一定だ。
  • 大部分の状況で高速かつ静かにフォーカスできる。
  • 静止画撮影時は静かな環境で低レベルのノイズが聞こえるが、動画撮影時は静かで心地よい。
  • 暗い環境ではAFが少し迷うようになるが、ミスショットは無かった。

手ぶれ補正:

  • 光学手振れ補正は非搭載である。

解像性能:

  • 期待を裏切らないシャープネスだ。
  • ズーム全域、フレーム全域で良好である。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 滑らかな描写だ。

色収差:

  • 自動的に補正されるので問題はない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 自動的に補正されるので問題はない。

周辺減光:

  • 自動的に補正されるので問題はない。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • コーティングの恩恵はあるが、強い光源を直接撮影するとフレアが発生する。

総評

持ち運びが簡単なZカメラに最適なトラベルズームレンズである。Zカメラには複数の標準ズームレンズの選択肢があるものの、24-120mm F4は理想的な妥協と言えるレンズであり、様々な状況でとても満足のいく結果が得られる。そして手ごろな価格だ。
出来るだけ荷物を軽くしたい場合、このレンズ一本が最適な選択肢となるだろう。このレンズに加えて大口径の単焦点レンズがうまく保管してくれるはずだ。

  • 長所
    ・柔軟なズームレンジ
    ・手ごろな価格
    ・Sシリーズのシャープネス
    ・トラベルに最適
  • 短所
    ・F4
    ・手振れ補正なし
    ・場合によってフレアが発生

とのこと。
競合他社と比べると光学倍率が高いF4ズームレンズですね。光学手ぶれ補正は搭載していませんが、今のところフルサイズZカメラは全機種がボディ内手ぶれ補正に対応しています。広角や120mmまでの望遠であれば、ボディ内補正で十分と言えるのかもしれません。

Amateur Photographerはいくつか欠点として挙げているものの、購入前に判断できる内容が多く、光学的に気をつけるポイントは逆光耐性くらいでしょうか?確かにS-Lineシリーズのレンズとしてはフレアやゴーストが発生しやすいと感じる可能性あり。とは言え、(個人的に手に入れた24-120mm F4は)競合他社のF4ズームと比べると逆光耐性が良好で、NIKKOR Zらしい性能だと感じました。逆光耐性が非常に良好な他のS-Lineと比べると、少しゴーストが多いと感じるかもしれません。

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S 最新情報まとめページ

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, レンズ, 海外の評価
-