Canonレンズ RFレンズ レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノン RF100-400mm F5.6-8 IS USMはズーム全域で安定した高い解像性能

Phototrendがキヤノン「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」のレビューを公開。マイクロコントラストは低いものの、ズーム全域で安定した解像性能が得られ、高速AFはレンズの強みになると述べています。

Phototrend:Test Canon RF 100-400 mm f/5,6-8 IS USM : les longues focales tout en légèreté

外観・構造:

  • 開放F値が大きく、日中屋外での使用を想定したレンズだ。
  • 望遠側へズームすると急速に開放F値が大きくなる。
    ・F5.6:100-110mm
    ・F6.3:110-150mm
    ・F7.1:150-250mm
    ・F8.0:250-400mm
  • 防塵防滴仕様ではない。
  • レンズフードは別売りだ。
  • テレコンバージョンレンズと互換性がある。
  • レンズの作りはキヤノンらしいものだ。
  • 三脚リングには非対応である。

携帯性:

  • EOS RPやEOS R10などコンパクトサイズのカメラと組み合わせてもバランスが取れるほど小型軽量だ。
  • 全長16.4cm、重量635gであり、どこへでも持ち歩くことが出来る。
  • インナーズームではなく、ズーム操作で7cm伸びる。

操作性:

  • RFレンズらしく3つのリングを搭載している。
  • コントロールリングにはISO感度や露出補正などを割り当てることが可能だ。
  • ズームリングやフォーカスリングはどちらも操作が簡単だ。ファインダーを覗きながらでも使い分けることが出来る。
  • 側面にはAF/MFスイッチと手ぶれ補正スイッチを搭載している。
  • ズームリングは100mmで固定可能だ。

フォーカス:

  • 低価格帯のレンズはステッピングモーター駆動が多いが、このレンズはナノUSM駆動で動作する。このレンズの強みとなるポイントだ。
  • EOS R5との組み合わせでAFが瞬間的に動作し、被写体への追従はとても簡単だ。

手ぶれ補正:

  • とても効果的な光学手ぶれ補正を搭載している。
  • 400mmで1/50秒の撮影が可能だった。

解像性能:

  • Lシリーズほどの性能ではないが、差は大きく無い。
  • 100mm F5.6で中央はとても良好だ。フレーム端もF8~ F9でピークを迎える。
  • ズームで開放F値は大きくなるが、性能は一定に保たれている。
  • 400mm F8でも良好な性能だ。
  • F9が最良の妥協点だ。
  • 優れた性能だが、マイクロコントラストが低く、ディテールの再現性には制限がある。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • ボケ味は完璧ではなく、玉ねぎボケも少し見られるが見栄えが悪いわけでは無い。

色収差:

  • 色収差の補正状態は良好だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 記載なし。

周辺減光:

  • 周辺減光はよく抑えられている。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • フレアが厄介となることは滅多にない。

作例集

総評

開放絞りが大きく、日中の屋外のみ適しており、被写体を分離できる被写界深度にも制限がある。しかし、この点を理解して使えば驚くような欠点は無い。唯一の不満点と言えば防塵防滴仕様ではないことくらいだろう。非常に魅力的なレンズであり、重量やサイズを抑えて超望遠ズームを使ってみたい人にとって優れた選択肢となる。

  • 長所
    ・価格
    ・重量
    ・サイズ
    ・AF性能
    ・きちんとした解像性能
  • 短所
    ・開放F値
    ・防塵防滴ではない
    ・ボケが完璧ではない
    ・レンズフードが同梱していない

とのこと。
100-400mmのズームとしては小型軽量で、手ごろな価格を実現したレンズですね。開放F値が暗いので、シャッタースピードと両立するには明るい環境での使用が大前提となりますが、そのような環境では満足のいく結果が得られる模様。撮影環境を選べるのであれば、コストパフォーマンスは非常に良さそうです。

私もEOS R5と組み合わせるために購入しました。100-400mmと言うよりは70-300mmに近いサイズ感で扱うことができるレンズです。三脚座や三脚リングには対応していませんが、レンズが小型軽量なので必要性は低い。AFは確かに高速で、日中であればISO感度を抑えて撮影が可能です。今後登場するAPS-C EOS Rと組み合わせてもバランスは良好だと思いますが、「400mm F8」でシャッタースピードを高めると日中でもISO感度が上がりやすくなります。レンズの解像性能よりもカメラの高ISO感度耐性が重要となってくるレンズなのかなと。

キヤノン RF100-400mm F5.6-8 IS USM 交換レンズデータベース

RF100-400mm F5.6-8 IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon   キタムラで中古品を探す
レンズフード ET-74B
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-