Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

RF100-400mm F5.6-8 IS USMは多くのEOS Rユーザーに推奨できるレンズ

Amiringlightがキヤノン「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」のレビューを公開。開放F値が暗いものの、小型軽量でとてもシャープ、そして高速AFや効果的な手ぶれ補正を搭載していると高く評価しています。

Admiring light:Review: Canon RF 100-400mm f/5.6-8 IS USM

外観・構造:

  • コンシューマーグレードのレンズだが、良好な作りで嬉しかった。
  • RFレンズらしいポリカーボネート製外装と金属製レンズマウントである。
  • きしみは無く、全てがしっかりとした作りだ。
  • レンズはズーム操作で伸びるが、遊びは全くない。
  • 防塵防滴構造ではない。
  • レンズフードは付属していない。そして法外な価格で別売りとなっている。

携帯性:

  • 400mmでレンズは大幅に伸びる。
  • 100-400mmレンズとしては驚くほどコンパクト、そして軽量だ。

操作性:

  • ズームリングは滑らかだ。手持ちの24-105mm F4や70-200mm F2.8よりも良好である。
  • フォーカスリングも滑らかで良好なトルクを備えた心地よい操作性だ。
  • コントロールリングはクリックを伴い回転する。

フォーカス:

  • 最新のナノUSM駆動を採用している。
  • EOS R5との組み合わせでほぼ瞬時に被写体に合焦する。
  • 精度は素晴らしいが、低照度になるとAF速度が少し低下する。

手ぶれ補正:

  • 5段分の光学手ぶれ補正に対応している。
  • 400mmで1/15秒までの手持ち撮影が可能となっていた。
  • EOS RPでも1/20、1/25秒での撮影が可能だった。

解像性能:

  • 全てのズームレンジで絞り開放から大部分がとても良好なシャープネスだ。
  • 開放F値が大きいレンズにとって、絞り開放の性能は重要だ。
  • フレーム端や隅が少しソフトで、400mmで最もソフトになるが、F8まで絞ると非常に良好だ。
  • 一般的には絞ってもシャープネスに大きな影響はない。
  • マクロでもフレーム中央は良好だが、遠景ほどシャープではない。そしてフレーム端や隅がソフトになる。それでもきちんとした性能だ。F11まで絞るとコントラストと解像性能が少し向上する。
  • 経験として、望遠レンズは特にフィルターの影響に敏感だ。このレンズでシャープではないと感じたら、フィルターを外してみると良いだろう。もしくは高品質なフィルターがおススメである。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 大口径ではないが、焦点距離が長いので被写体を背景から分離することが可能だ。
  • とても心地よいボケで、全体的に騒がしさは見られない。
  • 僅かに玉ねぎボケの兆候が見られるくらいだ。
  • コンシューマーグレードのレンズとしては非常に良好である。

色収差:

  • ズーム全域で中程度から目立つ倍率色収差が発生する。
  • 軸上色収差の兆候が僅かに見られるが、とても良好な補正状態だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 糸巻き型の適度な歪曲収差がズーム全域で発生する。

周辺減光:

  • ズーム全域でいくらか光量落ちの傾向が見られる。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は良好でフレアはほとんど問題とならない。

作例集

総評

RF100-400mm F5.6-8 IS USMは意外なレンズだ。 発売当初は、遅くて安い民生用ズームで、あまり性能が良くないのだろうと見切っていた。しかし、確かに開放F値が大きく、価格もかなり安いが、かなり良いレンズだ。究極の画質でRF100-500mm F5-7.1 Lに挑戦するわけではないが、非常に良好なシャープネス、良いボケ、全体的に高い光学性能を実現している。

また、優れた手ぶれ補正機能、高速で正確なオートフォーカス、小型軽量で毎日バッグに入れることができるレンズに仕上がっている。
この最後の部分が重要だ。このレンズを使う前は、200mm以上のレンズを持ち歩くのが嫌だった。しかし、このレンズは大半のカメラバッグに問題なく入り、重量もRF24-105mm F4Lより軽い。

このコンパクトなサイズに加え、優れたAFと優れた光学系は、毎日の撮影で携帯するのに最適なレンズだ。ほとんどのキヤノンEOS Rユーザーが考慮すべきレンズである。
強くお勧めするレンズだ。

  • 長所
    ・小型軽量
    ・質感が良好
    ・AFが高速かつ正確
    ・手ぶれ補正が良好
    ・シャープネスはズーム全域で良好
    ・ボケはこのクラスとしては適度に良好
    ・逆光耐性はとても良好
    ・接写性能が優れている
    ・価格が適正
  • 短所
    ・暗い
    ・倍率色収差
    ・接写時にフレーム端がソフト
    ・レンズフードが含まれていない

とのこと。
従来の100-400mmと比べて少し暗いものの、小型軽量で70-300mmのように扱うことが出来る超望遠ズームレンズですね。ナノUSMによる高速AFや効果的な手ぶれ補正も利用でき、解像性能も十分良好な結果を期待できる模様。マクロ域ではパフォーマンスが低下するものの、0.41倍の最大撮影倍率は魅力的と感じるはず。

私もEOS R5と組み合わせて愛用しています。印象はAdmiringlightとほとんど同じで、考慮すべき弱点があるとすれば、RAWの歪曲収差や倍率色収差、そしてレンズフードが別売りであることくらいでしょうか。もちろん開放F値が大きいので低照度での高速シャッターには適していません。レンズフードはEF70-300mm F4-5.6 II IS USMと共用なので、既存ユーザーであれば使い回しが可能。純正にこだわりが無ければ、JJC製の安価なレンズフードも出回っています。

望遠レンズの画質を追求せず、適度なサイズで適度な画質が必要な人にとって最適なレンズとなるかもしれません。ただし、コンシューマーグレードの70-300mmと比べると少し高価なレンズです。よりコンパクトで安価な70-300mmが登場する余地は残されているように感じます。

キヤノン RF100-400mm F5.6-8 IS USM 交換レンズデータベース

RF100-400mm F5.6-8 IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon   キタムラで中古品を探す
レンズフード ET-74B
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EXTENDER RF1.4x
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EXTENDER RF2x
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価
-