Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ

キヤノンRF85mm F1.2L USM DSはポートレートにほぼ完璧なレンズだが非常に高価【海外の評価】

【広告】オリンパス直営店で「OM-D E-M1 Mark II 12-40PRO特別セット」が台数限定出品中

スポンサーリンク

PhotographyBlogがキヤノン製RFマウント用レンズ「RF85mm F1.2L USM DS」のレビューを掲載しています。

Canon RF 85mm f/1.2L USM DS Review

  • RF85mm F1.2L USM」と同じく重量は1195g、全長は約12cmだ。「EF85mm F1.2L II USM」よりも大きく重いレンズである。
  • EOS RPと組み合わせると過度なフロントヘビーとなる。片手での手持ち撮影は不可能だ。
  • ビルドクオリティはとても優れている。光学手ぶれ補正を備えていないのでシャッタースピードの管理や手持ち撮影の技術が重要となってくる。
  • フォーカスリミッターを備えているので、必要に応じて合焦速度の改善が可能だ。
  • 大きなレンズの塊であることを考慮するとフォーカススピードは非常に速い。被写体を0.15秒で捕捉する。
  • 低照度における集光性能が高いので暗所でもAFの迷いはあまり無かった。USMモーターは静かで動画撮影にも適している。
  • 色収差をとても良好に補正している。テストでは極僅かな痕跡しか見つけることが出来ない。
  • F1.2の状態で周辺減光が目に付く。解消するにはF2.8以上に絞る必要がある。
  • 歪曲収差を良好に補正している。
  • ボケはとても心地よい。DSコーティングにより、より柔らかい描写である。このように柔らかい描写を好むかどうかは好みによるところが大きい。選択肢があるのは良いことだが、DS版は光透過率が低下するうえ、より高価なレンズだ。
  • シャープネス:絞り開放から中央もフレーム端も優れた画質だ。F1.4~F11の間では抜群のパフォーマンスを発揮する。F16まで絞ると回折の影響で解像性能が低下する。

ポートレートフォトグラファーにとってほぼ完璧なレンズだ。非DSレンズの魅力的なボケはシャープネスを犠牲にすることなく夢のように柔らかくなっている。
バターのような滑らかなボケの代償として、光透過率は1.3段低下するのでシャッタースピードかISO感度で補う必要がある。

もともと高価な「RF85mm F1.2L USM」よりもさらに数百ポンド高価だ。しかし、一度この魅惑の描写を味わってしまったら無視するのは難しい。

PhotographyBlog:Canon RF 85mm f/1.2L USM DS Review

とのこと。
40万円近い非常に高価なポートレートレンズですね。作例を確認すると確かにとても柔らかいボケ描写に見えます。PhotographyBlogは非DSレンズでも同じような構図の作例を公開しているので見比べてみると分かりやすいかもしれません。

解像性能は非DSと同じく絞り開放からフレーム全域でとても良好なパフォーマンスである模様。DSの特性で周辺の諸収差が緩和しているはずなので、非DSレンズよりシャープネスが僅かに良好と感じるかもしれません。ただし、約1⅓段分の透過率低下が発生するのでシャッタースピードの管理には気を付けたいところ。さらに露出を適正に保つためカメラ側のファームウェアアップデートが必要があります。

RF85mm F1.2L USM DSの最新情報を集めるページはコチラ

RF85mm F1.2L USM DS
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

RFマウント

EFマウント

関連記事

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.