Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノン「RF85mm F2 Macro IS STM」欠点もあるが多目的に使える中望遠レンズ

Optical Limitsがキヤノン「RF85mm F2 Macro IS STM」のレビューを公開。絞り開放から非常にシャープで、効果的な手ぶれ補正や撮影倍率が魅力的と評価。ただし、後ボケの硬さやAFについて指摘しています。

Optical Limits:Canon RF 85mm f/2 STM IS macro - Review / Test Report - Analysis

レンズの紹介:

  • キヤノンが優れたLシリーズのみならず、無印のレンズをリリースし始めたのは良い兆候だ。
  • 中望遠の単焦点レンズだが、一般的なレンズと比べると少し奇妙な仕様である。キヤノンは開放F値を一般的な「F1.8」から「F2」に抑え、最大撮影倍率「0.5倍」を実現している。

ビルドクオリティ:

  • ビルドクオリティは良好だが、プロユーザー向けの作りではない。
  • 防塵防滴仕様ではなく、内筒はピント距離によって前方へ伸びる時代遅れな仕様だ。
  • 使用している材質は良好だ。マウントには金属を、外装にはプラスチックを使用している。
  • レンズフードは付属しない。

携帯性:

  • レンズサイズはEF85mm F1.8 USMよりも大きい。

操作性:

  • ゴム製フォーカスリングは滑らかに回転する。

オートフォーカス:

  • USM駆動ではなく、STM駆動だ。
  • AFは非常に良好だが、作動中のノイズが発生する可能性が高い。

マニュアルフォーカス:

  • バイワイヤ式のフォーカスリングを搭載している。

手ぶれ補正:

  • 5段分の補正効果を持つ光学手ぶれ補正を搭載している。この機能を活かせる状況であればより明るいレンズよりも低照度性能は良好だ。
  • EOS R5やR6と組み合わせると、最大で8段分の補正効果を実現できるという。ただし、高画素のEOS R5は少し割り引いて補正効果を見ておいた方が良いだろう。

解像性能:

  • 絞り開放から見事な解像性能だ。
  • 中央の広い範囲はF2から既に優れた性能を発揮し、端や四隅も非常に良好だ。
  • F2.8まで絞るとさらに改善する。
  • F4でピークに達し、全体的に優れた結果を得ることができる。
  • 回折はF5.6-11で僅かに影響し、F16で影響が大きくなる。それでも結果は非常に良好だ。
  • 低画素機以外でF16以上の絞り値はおススメしない。

像面湾曲:

  • 像面湾曲は小さい。

ボケ:

  • 玉ボケは良好な描写だ。内側はとても滑らかで、基本的に縁取りは見られない。F2からF4まで円形を良く維持している。
  • ただし口径食の影響が強く、F2で広い範囲に影響が見られる。
  • F2.8まで絞ると円形となる範囲が広くなり、F4で全体的に円形となる。
  • 前ボケはとても滑らかだが、後ボケはコントラストの高い状況でいくらか騒がしくなる。

色収差:

  • 倍率色収差の平均値は0.3%と極僅かだ。
  • 軸上色収差はF2でかなり目に付くが、F2.8で減少し、F4で極僅かとなる。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • RAWではわずか1.1%の糸巻き型歪曲だ。
  • 非常に穏やかな歪曲だが、マクロレンズと比べるとわずかに高い数値である。

周辺減光:

  • このクラスでは一般的なことだが、絞り開放でかなりの光量落ちが見られる。
  • F2.8で大きく改善し、F4以降で解消する。
  • F2の自動補正は効き目が強く、1.5段の増感が発生する。もちろんセンサー由来のノイズが発生する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

作例集

総評

RF 85mm F2 STM IS Macro STMは、基本的にすべての大口径中望遠レンズと同様に、優れた画質を実現している。F2から非常にシャープで、高画素ボディでもF4まで絞れば性能を活かしきることが出来る。倍率色収差や糸巻き型歪曲はごくわずかで、さらに自動補正で大きな副作用なく痕跡を消すことができる。F2で2段分の周辺光量低下は、このクラスの他のレンズと同様だ。ここで自動補正を有効にするのは良いアイデアである。

ボケ質は玉石混交だ。玉ボケは中心部ではきれいに描写されているが、四隅ではいつものように口径食に悩まされている。前景の描写は非常に滑らかだが、重要な背景のボケは少し忙しくなる。また、絞り開放付近では目に見えるほどの軸上色収差が発生し、これは簡単に補正できない。

ビルドクオリティは概して良好だが、真に感動を与えるものではない。伸び縮みしてぐらつく鏡筒は、まるで一昔前のものだ。古いEFレンズでさインナーフォーカスなのにである。また、防塵防滴仕様ではなく、AFは速いとはいえ、ノイズレスではない。
このように、キヤノンが手を抜いていると感じられる部分もある。使用している素材の品質は非常に高いものだが、ボディほどの頑丈さは見受けられない。ハイライトは、5段分と謳われている手ぶれ補正だ。この数字を過信は出来ないが、それでも結果は印象的だ。

いくつかの欠点があるにもかかわらず、RF 85mm F2 STM IS Macro STMは非常に魅力的な価格の多目的レンズであることに変わりはない。強くおススメできるレンズである。

とのこと。
従来の85mmと比べて特性が大きくことなるレンズに仕上がっているみたいですね。EF85mm F1.8 USMから単純に乗り換えることは出来ないかもしれません。とは言え、0.5倍の撮影倍率や手ぶれ補正を活かせるシーンが多いのであれば、これまでにない汎用性の高い中望遠単焦点となりそうです。

私もEOS R5と組み合わせて使用しています。Optical Limitsのテスト結果は概ね肯定できるものであり、確かにシャープですが後ボケは少し騒がしいと感じました。ポートレートと言うよりもマクロレンズの印象が強い。植物や昆虫などを撮影する機会が多いのであれば面白い選択肢となるかもしれません。人を撮るのであれば、他の選択肢も要検討かなと。

RF85mm F2 Macro IS STM交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-