【セール情報】DXOがPureRAW2など最大50%OFF
【セール情報】Amazon BLACK FRIDAY
【ブラックフライデー特集記事】 Amazon / DXO / まとめ

VILTROX 海外の評価 海外機材情報

VILTROX AF 50mm F1.8は動画に適したレンズだが玉ねぎボケが欠点

Sony Alpha Blogが「VILTROX AF 50mm F1.8」のレビューを公開。競合レンズよりも解像性能が低く、玉ねぎボケが欠点と指摘していますが、動画に適したフォーカス性能や絞りリングを搭載しているとのこと。

Sony Alpha Blog:Viltrox 50mm F1.8

外観・構造:

  • 24mm F1.8・35mm F1.8と共通のレンズデザインを採用している。
  • ビルドクオリティは良好だ。
  • 防塵防滴には非対応だ。
  • レンズフードはプラスチック製である。
  • ファームウェアアップデート用のUSBポートを搭載。

携帯性:

  • とても軽量でコンパクトである。

操作性:

  • フォーカスリングは滑らかに回転する。
  • クリックレスの絞りリングも滑らかに回転する。

フォーカス:

  • 最短撮影距離は0.55mと長めだ。
  • AFは95%の確率で高速かつ正確だ。FE 50mm F1.8よりも遥かに良好である。
  • 連写時も95%の確率で高速かつ正確だ。
  • ツアイスやGMほど良くないが、それでも良好な性能である。
  • 動画撮影でAFは完璧に機能する。
  • フォーカスブリージングはとても少ない。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 6100万画素のα7R IVでテストした。
  • 絞り開放は良好止まりで、優れた結果を得るにはF4まで絞る必要がある。残念な結果だ。
  • 中央から隅まで一貫した性能を備えている。
  • 絞り開放から良好だが、遠景で抜群の結果を得るにはF5.6まで絞るほうが良い。
  • ポートレートでは絞り開放から良好だが、F2.8まで絞ると明らかに改善する。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 玉ボケは丸いが、拡大すると強めの玉ねぎボケが発生する。
  • F1.8の後ボケは良好だが、絞ると直ぐに騒がしくなる。
  • 発色はとても良好だ。
  • 最短撮影距離が長いので大きなボケを得にくい。

色収差:

  • 色収差はとても目立つ。

球面収差:

歪曲収差:

  • 小さな糸巻き型歪曲だ。

周辺減光:

  • 光量落ちはF1.4で目に付き、F4で解消する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は問題無いが、あまり良くない。
  • 絞ると光条が発生するが、ハッキリとはしていない。

競合レンズとの比較:

  • F1.8レンズの中では高価だが、F1.4レンズよりも低価格だ。FE 50mm F1.8やYN50mm F1.8と比べると大きく重い。
  • ビルドクオリティはライバルの中で最も良好だ。
  • FE 50mm F1.8よりもシャープだが、残りのレンズはVLTROXよりもシャープである。特に低価格のYN50mm F1.8のほうがシャープである。
  • 歪曲収差に大きな違いは見られない。
  • 周辺減光は差別化要素にはならない。
  • 色収差はVILTROXが目立つ。
  • 逆光耐性はYongnuoが最悪だ。
  • サムヤンが最も良好である。
  • VILTROXは玉ボケがあまり良くない。後ボケはソニーと同等で、Yongnuoやサムヤンよりも騒がしい。
  • VILTROXは絞りリングとフォーカスブリージングを抑えた設計で動画撮影には最適だ。

作例集

総評

Viltrox 50mm F1.8は、クリックレスの絞りリング、低フォーカスブリージング、良好なAFと良好なシャープネスを備えた、動画撮影に適した魅力的なレンズだ。静止画撮影には、Yongnuo YN 50mm F1.8 DF DSMのようなレンズの方が、特に開放でのシャープネス、玉ボケ、後ボケの点で優れている。大きな欠点の一つは、強い玉ねぎボケがあることだ。

  • 長所
    ・F4で優れたシャープネス
    ・滑らかな後ボケ
    ・とても良好なコントラスト
    ・良好な作り
    ・とても良好な発色
    ・ポートレートの描写がとても良好
    ・AFが全体的に良好
    ・軽量
    ・クリックレスの絞りリングが動画に適している
    ・ビルドクオリティが良好
    ・フォーカスブリージングが僅か
    ・歪曲収差が小さい
    ・レンズプロファイルがある
  • 平凡
    ・価格
    ・後ボケはF2.8まで絞ると騒がしい
    ・絞り開放のシャープネス
    ・最短撮影距離
    ・逆光耐性
  • 短所
    ・色収差
    ・玉ねぎボケ

とのこと。
VILTROX製のフルサイズミラーレス用AFレンズ。APS-C用のF1.4シリーズと異なり、レンズ構成に非球面レンズを使用しています。画質の均質性には役立ったかもしれませんが、非球面レンズの研磨状態が良好と言えず、玉ねぎボケの原因となっている模様。F1.8の明るいレンズとしては少し残念なポイントと言えるかもしれません。ビルドクオリティやAFが良好なだけに惜しいですねえ。SABの解像性能に関する評価はあまり良くありませんが、実写サンプルを確認してみると、十分な解像性能に見えます。とは言え、F1.8における色収差はかなり目立つので後処理が大変そう。

VILTROX AF 50mm F1.8 最新情報まとめ

VILTROX AF 50mm F1.8(簡易検索)
PERGEAR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

AF

近いF値のレンズを太字で掲載

MF

関連記事

VILTROX関連記事

-VILTROX, 海外の評価, 海外機材情報
-