COSINAレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

コシナAPO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-mount交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-mount」の情報を収集しています。

最新情報

  • 2019-11-24:12月12日発売決定と告知されました。
  • 2019-10-18:コシナが「APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-mount」を正式発表しました。既にカメラのキタムラにて¥115,200 (税込) で予約販売開始。発売は12月を予定しているとのこと。特殊レンズモリモリの凄いレンズですねえ。

レンズデータ

購入早見表

APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-mount
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

レンズデータ

レンズ仕様

焦点距離 50mm
口径比 1 : 2
最小絞り F16
レンズ構成 8群10枚(開放F2、F2.8で円形絞り)
画角 46.5°
絞り羽根枚数 12 枚
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 1 : 6.46
最大径×全長 φ62.6×61.3mm
フィルターサイズ φ49mm
重量 364g
レンズフード 付属
電子接点 あり
  フォーカス拡大機能 対応
  Exif情報: 対応
  レンズ補正選択 可能
  5軸ボディー内手ブレ 対応(5軸対応ボディーに限る)
 その他: 絞り切り替え機構付

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

関連記事

海外の評価

Sony Alpha Blog

Voigtländer 50mm F2 Apo Lanthar

  • ビルドクオリティは一級品だ。総金属製の外装であり、フォーカスリングと絞りリングの調整は良好、各種表示は刻印である。唯一の欠点は防塵防滴に対応していないことだ。
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」よりも小さく、「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」「Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical」より遥かにコンパクトだ。
  • 電子接点を備えているのでEXIF情報の記録やボディ内手振れ補正に対応している。
  • とても大きなフォーカスリングはきちんと減衰している。ピント距離は45cmから1mまでが90°あるものの、1mから無限遠までは45°しかない。ストロークはもう少し長いと良かった。
  • デクリック機構を備えた絞りリングは180°のストロークで操作できる。
  • 長さ23mmのレンズフードが付属している。
  • シャープネス:α7R IV
    ・F2からフレーム全域で優れたコントラストと並外れたシャープネスだ。
    ・「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」とよく似ているが、さらにフレーム全体で良好なコントラストであり、一貫性もある。
    ・シャープネスの観点ではソニーFEレンズ最高峰の一つだ。
  • 周辺減光はF2で目に付くが、F4以降は解消する。
  • とても小さな糸巻き型歪曲がある。
  • APO設計のはずだが、逆光時にいくらか色ずれが目に付く。
  • 50mmとしては良好な逆光耐性だが、太陽をフレーミングするといくらかフレアが発生する。
  • 円形絞りでは無いが、F2とF2.8で円形となる特殊な絞り羽根だ。F4まで絞ると素敵な光条が発生する。
  • 発色はとても良好だ。F2からコントラストは非常に高い。
  • 後ボケはF2~F2.8、2m未満における撮影でとても柔らかく素晴らしい、ポートレートに最適だ。
  • 被写体が離れると後ボケが柔らかく無くなるが、「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」よりも柔らかい描写だ。
  • 玉ボケはF2の四隅で楕円形となり、F2.8で改善する。玉ねぎボケの兆候は無い。
  • 動画撮影でも美し色とボケ、コントラストを備えている。
  • 実写でα7R IVを使っても隅から隅まで信じられないシャープネスだ。後ボケは滑らかでとても良好である。ボケのグラデーション部に色ずれなどは見られない。
  • Loxia 2/50:同程度のサイズだが、パフォーマンスは遥かに劣る。
  • Planar T* FE 50mm F1.4 ZA:中央部は互角だが、四隅までの一貫性は劣る。ボケはより滑らかでAFに対応している。しかしレンズサイズは遥かに大きい。
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA:1グレード劣るが優れた描写である。しかし、玉ボケにいくらか玉ねぎボケの兆候がある。
  • Voigtländer NOKTON 50mm F1.2 Aspherical E-mount:ボケ量が必要であれば適しているが、遥かにソフトな描写である。
  • Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical:ほぼ同等の卓越したシャープネスだ。

α7R IVで際立ったシャープネスを実現しているレンズだ。ポートレートの撮影距離でも優れており、信じられない程のディテールとコントラストを備えている。風景や建築物などにも最適だ。
50mmでパフォーマンスが近いレンズは「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」くらいだろう。中央は同等だが、コシナほどの一貫性は無い。

MFレンズでも問題とならず、ポートレートや風景に最適なレンズを探しているのであれば、ベストの一本と言える。

長所:F2からフレーム全域で並外れたシャープネス・とても良好な発色・合理的な価格設定・優れたビルドクオリティ・エルゴノミクス・デクリック機構を備えた絞りリング・使いやすいフォーカスリング・小型軽量・低歪曲・F4以降の光条

:F2の被写界深度・後ボケは中距離でもう少し滑らかだと良かった・玉ボケはF4まで口径食の影響が残る・色収差補正は良好だが、同社の65mmほどでは無い・逆光耐性は良好だが優れてはいない・フォーカスリングは正確だが、ストロークが短い。中程度の周辺減光

Sony Alpha Blog:Voigtländer 50mm F2 Apo Lanthar

サイト案内情報

コシナレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
EOS R/M 最大2万円 -2020/5/7 2020/5/22
GFX 最大15万円 -2020/3/31 2020/4/14
X-T4+レンズ 最大10万円 -2020/5/10 2020/5/25
Fuji X 最大2万円 -2020/3/31 2020/4/14
Nikon Z 最大4万円 -2020/3/31 2020/4/17
SONY GM 1万円 -2020/3/31 2020/4/14
E-M5 III 最大1.5万円 -2020/3/31 2020/4/14

-COSINAレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.