VILTROX 海外の評価

VILTROX AF 75mm F1.2はアポクロマートのように高度な色収差補正

Dustin Abbottが「VILTROX AF 75mm F1.2 XF」のレビューを公開。大きく重いレンズながら、アポクロマートのように高度な色収差補正を実現し、純正の半値に近い価格設定を高く評価しています。

Dustin Abbott:Viltrox AF 75mm F1.2 Review

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 富士フイルムと相性の良いデザインだ。以前のVILTROXレンズと比べると遥かに優れた外観である。
  • 側面には新たに「Pro」バッヂがつけられている。
  • マウント部以外にもシーリングを備えた防塵防滴仕様である。
  • 前面にはHD nanoマルチコーティングが施されている。撥水・撥油性のあるコーティングでメンテナンスが容易だ。
  • マウント面にUSB-Cポートを搭載。ファームウェアアップデートに対応している。
  • 花形のプラスチック製レンズフードとキヤノンっぽいレンズポーチが付属する。

携帯性:

  • 直径は87mmで、フィルター径は77mm、全長は101mm、重量は670gだ。
  • APS-C用のレンズとしては間違いなく大きい。
  • XF90mmF2と比べても少し大きい。
  • 個人的に、レンズの重量は性能に見合うだけの価値がある。

操作性:

  • 純正レンズではあまり見ないAF/MFスイッチを搭載している。
  • 絞りリングは1/3段刻みでクリックのある操作が可能だ。Aポジションでカメラ側での操作も可能である。デクリックに切り替えることは出来ない。
  • 金属製フォーカスリングは滑らかに回転する。抵抗感は良好だが、ステッピングモーター駆動のフォーカスは完全に滑らかとは言えない。

フォーカス:

  • ステッピングモーター駆動で動作する。
  • AF 13mm F1.4ほど見事な速度ではないが、F1.2の大口径レンズであることを考慮すると予想できる範囲内だ。
  • 大口径レンズを移動するにはトルクが足りないように感じる。トルク不足は今後の課題と言えるだろう
  • 小さなフォーカス範囲で移動するぶんには、EF85mm F1.2 USM IIのような古いレンズよりもかなり速い。
  • フォーカス精度は良好だ。
  • 動体追従では被写体に追いつかないこともあり、50%しか成功しない場合もある。
  • 動画撮影時のAFは目的のピント位置まで移動するのに苦労しているように見える。しかし、その後は安定する。
  • 従来通り、最短撮影距離が長いのはVILTROXの弱点だ。(撮影倍率は0.10倍)

手ぶれ補正:

  • 光学手振れ補正は非搭載だ。
  • ボディ側の補正で静止画だとかなり良好と感じた。
  • ボディ側の補正で動画は純正よりも微動が多いように感じた。

解像性能:

  • F1.2から中央と中央周辺は素晴らしいパフォーマンスだ。隅に向かって僅かな低下が見られる。
  • F2まで絞ると隅もシャープになる。
  • F1.2から十分な解像度とコントラストだ。これまでテストしてきた高級レンズのような描写である。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ・発色:

  • 11枚の絞り羽根で円形を維持しやすくなっている。VILTROXレンズとしては最高の描写だ。
  • 微ボケはとても良好な描写だ。
  • 演色性が最高とは思わないが、富士フイルムレンズと見比べて大きな違いは見られない。

色収差:

  • 従来のVILTROXレンズは色収差に悩まされてきたが、このレンズは全く異なる。
  • 軸上色収差はほとんど発生しない。ほぼアポクロマート設計のようだ。
  • 倍率色収差の補正状態も満足のいく結果だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差はほとんどない。

周辺減光:

  • 重い周辺減光を補正するにはLightroomの補正値で+88必要だ。
  • カメラのプロファイル補正で実写は問題ない。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は問題ない。街灯で少しゴーストが発生するくらいだ。
  • 強い光源をフレームに入れるとフレアやゴーストが発生する。

作例集

総評

富士フイルム純正レンズの半値に近いが、同等の機能を備え、光学性能はさらに良好だ。比較して大きく重いレンズだが、低価格と高性能を考慮すると、喜んで受け入れる人が多いだろう。VILTROXはMFレンズからAFレンズへの移行が早く、さらに設計やデザインを強化した「Pro」への移行も早い。将来的に無視できない存在となるだろう。このレンズはその第一歩である。

  • 長所
    ・強化されたビルドクオリティ
    ・防塵防滴
    ・AF/MFスイッチ
    ・F1.2で精度の高いSTM駆動
    ・F1.2
    ・収差補正が良好
    ・歪曲収差がない
    ・素敵なボケ
    ・APO並みの補正
    ・USB-Cポート
    ・驚異的なコストパフォーマンス
  • 短所
    ・やや重い周辺減光
    ・AFはより高トルクのモーターが必要
    ・動画AFでのハンチング
    ・物理的なサイズや重量

とのこと。
VILTROX製APS-C用AFレンズとしてはこれで5本目となる75mm望遠単焦点。従来のレンズよりも大きく重いものの、F1.2の大口径を採用しています。さらにAF/MFスイッチやクリック付き絞りリング、防塵防滴など耐候性や機能性を強化。価格は549ドルと従来品よりも高価ですが、「XF90mmF2 R LM WR」が949ドル、「XF56mmF1.2 R WR」が999ドルと考えると手ごろな価格設定に見えます。

光学性能は価格を考慮すると非常に良好のようです。特にアポクロマートのように高水準の色収差補正は魅力的ですね。F1.2の大口径を思う存分楽しむことができそう。実写サンプルを確認しても、確かにF1.2から色収差が目立たず、コントラストの高い結果を得ることができるようです。
ステッピングモーター駆動はトルク不足と感じるものの、動体を撮影しなければ特に大きな問題とは感じない模様。このあたりはファームウェアアップデートで改善するのか、物理的なトルク不足でどうしようもないのか気になるところですねえ。

VILTROX AF 75mm F1.2 最新情報まとめ

VILTROX AF 75mm F1.2 簡易検索
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
PERGEAR VILTROX    

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022年12月26日 初値 3499元
マウント X 最短撮影距離 0.88m
フォーマット APS-C 最大撮影倍率 0.1倍
焦点距離 75mm フィルター径 77mm
レンズ構成 11群16枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.2 テレコン -
最小絞り F16 コーティング HD nano
絞り羽根 11枚
サイズ・重量など
サイズ φ87×101mm 防塵防滴 対応
重量 670g AF STM
その他 USB-Cポート・絞りリング・AF/MFスイッチ
付属品
レンズフード

関連レンズ

関連記事

-VILTROX, 海外の評価
-,