Yongnuo カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

YONGNUO「YN85mm F1.8R DF DSM」は手ごろな価格だが満足のいく性能

RadojuvaがキヤノンRFマウント用のYONGNUO製AFレンズ「YN85mm F1.8R DF DSM」のレビューを公開。色収差が欠点となるものの、良好なシャープネスやAF性能を備え、満足のいくレンズと評価しています。

Radojuva:Обзор Yongnuo YnLens YN85mm F1.8R DF DSM (для Canon RF)

レンズの紹介:

  • 2021年5月に正式発表された。YONGNUO初となるキヤノンRFマウント用のAFレンズだ。後日、同社はYN35mm F2もリリースしている。
  • このレンズは過去のYONGNUO製一眼レフ用レンズ「85mm F1.8」とは全く異なる光学設計だ。
  • RF85mm F2 Macro IS STM」の競合製品であり、同様の製品はほとんどない。

ビルドクオリティ:

  • 箱の中には保証書・説明書・QCカード・乾燥剤・フード・ポートが付属している。
  • 外装はプラスチック製だ。
  • レンズバヨネットは金属製である。
  • 円筒レンズフードは逆さ付け可能だが、その際はフォーカスリングが隠れてしまう。
  • レンズ本体にはファームウェアアップデート用のUSB-Cポートがある。
  • 撮影中にカメラがレンズを認識しなくなる「ERR01」に遭遇することが何度かあった。カメラの電源を切って、再び起動するとこの問題は解消できた。この現象はシャッター優先モードでのみ見られる。
  • USB経由でのファームウェアアップデートに対応している。対応ソフトはアップデートにのみ対応しており機能的とは言えない。レンズのファームウェアをロールバックすることは出来ない。

携帯性:

  • 重量は約380gだ。
  • インナーフォーカスであり、全長に変化は見られない。

操作性:

  • フォーカスリングは幅広く、ゴム引きされている。
  • レンズには「Focus/Control/Click」のスイッチがある。
    ・フォーカス:フルタイムマニュアルやMFでピント合わせに対応している。
    ・コントロール:EOS R特有のコントロールリングとして機能する。
    ・クリック:コントロールリングのようなクリック感のある操作へ切り替わる
  • Clickモードでワンクリックでパラメータの最小値が変更できるとは限らない。2回のクリックが必要な場合もある。

オートフォーカス:

  • ステッピングモーター駆動で動作する。
  • AFは非常に速いと評価できそうなスピードで、非常に快適だ。
  • デフォーカスからの復帰も非常に速い。
  • 顔や瞳の検出は良好だ。
  • 低照度など厳しい撮影環境では純正レンズと比べてパフォーマンスが大きく低下する可能性がある。
  • とても静かに動作するので、カメラ内蔵マイクでノイズを拾うこともない。
  • 最短撮影距離は0.8m、最大撮影倍率は1:7.7と一般的な数値だ。
  • フォーカスブリージングが目立つ。

マニュアルフォーカス:

  • 電子制御式のフォーカスリングを使用する。
  • 動作に遅延は見られない。
  • カメラ側の設定でリングの感度を変更することが可能だ。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 中央は絞り開放から良好だ。周辺部も良好で実用的である。
  • フレームの隅もF1.8で目に見える低下は無い。
  • F2.8まで絞ると優れた中央シャープネスとなる。
  • F2.8~F8の領域で隅まで良好な解像度だ。
  • 小絞りでは色収差が目立ち、回折も相まってシャープネスが大幅に低下する。
  • 中距離から遠距離で最高のパフォーマンスとなり、近距離では性能が低下する。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 絞りの形状は不規則な7角形である。
  • 非球面レンズを使用していないのでボケの内側は滑らかな描写だ。

色収差:

  • 軸上色収差・倍率色収差ともに目立つ。このレンズの大きな弱点だ。
  • 絞りにより軸上色収差は大きく緩和する。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 中程度の糸巻き型だ。

周辺減光:

  • F1.8の無限遠で最も目立つ。
  • 隅に向かってグラデーションではなく、影響が波打っているように見える。
  • 最短撮影距離は影響が低下する。
  • F5.6以降で影響がほぼない。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 絞っても光条は目立たない。
  • 逆光でも良好だが、厳しい環境ではフレアが盛大に発生する。

総評

300ドル前後のレンズとしては非常に価値がある。満足のいく性能だ。ポートレートに最適で、優れた代替レンズとして機能する。画質は基本的に良好でバランスが取れている。

  • 長所:
    ・小型
    ・良好なビルドクオリティ
    ・簡易防滴
    ・ステッピングモーター駆動
    ・インナーフォーカス
    ・電子式フォーカスリング
    ・専用スイッチ
    ・ファームウェアアップデートに対応
    ・F1.8から良好なシャープネス
  • 短所:
    ・絞りの形状
    ・被写界深度などの表示がない
    ・手ぶれ補正は非搭載
    ・USB経由でのカスタマイズ性が無い
    ・Fnボタンがない
    ・レンズプロファイルがない
    ・稀に不具合が発生する
    ・フォーカスブリージング
    ・色収差
    ・糸巻き型歪曲と周辺減光

とのこと。
国内でもAmazonで4万円ちょっとで入手できる貴重なサードパーティ製RFレンズですね。稀に動作不良に遭遇するものの、オートフォーカスは良好に動作する模様。絞り開放から安定したシャープネスで、実写サンプル(EOS RPの電子先幕と思われる影響が見られる作例には注意)を見る限りボケも滑らかで綺麗に見えますね。個人的にRF85mm F2のボケよりも好み。ただし、逆光耐性や色収差補正などは場合によって欠点となる可能性がありそう。

フォーカスリングをクリック付きコントロールリングに変化できる機能は面白いですね。純正と同様のストロークで無いのは残念ですが、戻り止めで誤操作を予防できるだけでも実用性が高まっているように感じます。

YONGNUO「YN85mm F1.8S DF DSM」交換レンズデータベース

YN85mm F1.8R DF DSM(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
YN85mm F1.8S DF DSM(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Yongnuo, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-, ,