Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

EOS R1は非常に高解像なカメラとして2023年春にティーザーが見られる?

Canon RumorsがCR2と中程度の格付けでキヤノンの新製品について噂情報を発信。EOS R1は非常に高解像なセンサーを搭載しつつ、Cinema EOSのような動画機能を搭載したミラーレスとして2023年春にティーザーが見られるかもしれないと述べています。

Canon Rumors:We haven’t forgotten about the Canon EOS R1, and you probably haven’t either [CR2]

EOS R3が発表ののち、人々はEOS R1の登場に興味を持ち始めている。
キヤノンはEOS R10とEOS R7、いくつかのRF-Sレンズを展開したので、ここ数ヶ月はEOS R1についてあまり耳にしていない。

EOS R1の発表は2023年後半を予定しており、春からティーザーが見られると聞いている。

最新の情報では、キヤノンの新しいフラッグシップは「新しい解像度キング」であると同時に、8K映像制作に大きくフォーカスし、「C」バリエーションは出ないが、Cinema EOSと抱き合わせになると言われている。 ソニー、ニコン、ライカの静止画は6000万画素程度が最高で、この情報が事実であれば、キヤノンはそれよりも上位に位置することになる。

また、フォームファクターとエルゴノミクスは、キヤノンのフラッグシップカメラに期待されるものと、いくつかの新機能をミックスし、一歩前進すると聞いている。

とのこと。
久しぶりのEOS R1関連情報ですね。驚いたことに非常に高解像なセンサーを搭載するカメラとなる模様(以前にはEOS R5より解像度が高いと言われていました)。具体的な解像度は不明ですが、競合他社の5000万画素(積層型ならば)、6100万画素(非積層型ならば)を超えてくるのか注目ですねえ。

これまでの「1」はどちらかと言えば低解像センサーを使用した高速連写モデルでしたが、α1やZ 9と同じく、高解像な静止画と動画を両立するハイブリッドカメラとなるようです。今のところ具体的な機能やデザインは不明。しかし、高解像センサーで高速連写や高解像動画撮影を実現するのであれば、放熱性などにも力を入れた設計となりそうです。ちょうど本日、手ぶれ補正を搭載しつつ、イメージセンサーの放熱性を高める構造の特許出願が公開されていますね。

噂のまとめ

EOS R1

  • 2023年春にティーザーが見れるかもしれない
  • 2023年後半まで期待できない
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

EOS R100(仮)

  • Vlogger向け
  • EOS M6 Mark IIのようなフォームファクタ
  • 2022年11月までに
  • 従来とは異なるバリアングルモニタ

フルサイズ EOSR

  • 2022年8月から6か月以内に登場
  • EOS Rの置き換えのようなカメラ
  • EOS R6の下位
  • EOS R3のような積層型CMOSセンサー
  • 発売は2023年Q1

RF135mm F1.8 L USM

  • 2022年Q4

その他の噂

コードネーム一覧

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下
  • 世界的な供給網の価格変動で計画が延期・中止となった可能性

EOS Kiss M3

  • 2022年Q4
  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明→2022年内に登場する
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90
    ・EOS R7 C:2023年後半

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF12mm F1.8 L USM
  • RF24mm F1.4 L USM
  • RF28mm F1.4 L USM
  • RF35mm F1.2 L USM
    2021年Q4
    ・2023年
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8 L IS USM
    ・2023年
    ・EFレンズ比で全長が30%減
    ・EFレンズ比で重量が40%減
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-