Canon関連の情報 Nikonレンズ Nikon関連の情報 SIGMAの情報 Z NIKKOR カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

シグマが2021年にニコンZマウントとキヤノンRFマウント用レンズを投入する?

Nikon Rumorsがシグマの交換レンズについて噂情報を発信。どうもシグマがZマウントとRFマウント用のミラーレスレンズの製造を2021年に開始するという話を聞いた模様。

いよいよ2021年にシグマZ・RF参入?

Nikon Rumors:Sigma rumored to start making mirrorless lenses for Nikon Z-mount in 2021

前回の記事で、Viltrox社のニコンZマウント用の初のサードパーティ製オートフォーカスミラーレスレンズを紹介したが、シグマは2021年にもニコンZとキヤノンRFマウント用のミラーレスレンズの製造を開始するとの情報が入ってきた。2月のインタビューでは、シグマはまだZマウント用のミラーレスレンズを生産するかどうかわからないと述べている。

タムロンは非公式にニコンZマウント用のミラーレスレンズを生産することを確認した。

もちろん、上記はあくまでも噂であり、現在の世界情勢や写真業界の低迷を考えると、計画が遅れたり、中止になったりする可能性もある

とのこと。
これが正確な情報かまだ分かりませんが、期待したいところですね。特にキヤノンはEOS R5・R6の登場でミラーレスへの移行に勢いがついているように感じます。ニコンもZ 6IIやZ 7IIの登場で移行を考えている人がいるかもしれません。このあたりのユーザーの動きをシグマが観察しているのでしょうか。

個人的にシグマ製レンズの噂はまだまだ半信半疑。

と言うのも、ミラーレス専用設計のレンズは歪曲収差や周辺減光をボディ側の「レンズ補正」に依存している傾向があります。シグマのDG DNシリーズも歪曲収差必須のレンズが数多く存在するので、リバースエンジニアリングでAFが動作したとしても、ボディ側の「レンズ補正」が使えなければ実用的とは言えません。

中国や韓国のレンズメーカーは光学的に歪曲収差を抑えているミラーレス用レンズが多く、AFに対応させれば特に問題は無いのでしょう。実際にVILTROX・Samyangレンズを使ってみましたが、歪曲収差は妥協できる範囲に抑えられています。(もちろん設計の自由度が低下するので、小型化や解像性能などに制限がかかっている可能性あり)

とは言え、それでも使ってみたいと思うレンズが多い「シグマ DG DN」シリーズ。特にキレッキレの85mm F1.4  DG DNや105mm F2.8 DG DNをZ 7やR5で使ってみたいところ。まだ眉唾ですが、期待しています。

参考:シグマ製ミラーレス用レンズ

DG DN

DC DN

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Canon関連の情報, Nikonレンズ, Nikon関連の情報, SIGMAの情報, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER