SONY関連の情報 カメラ 機材の噂情報・速報 海外機材情報

YONGNUO「YN35mm F2S DF DSM」は6100万画素でも一貫性のある解像性能

Sony Alpha BlogがYONGNUO「YN35mm F2S DF DSM」のレビューを掲載しています。非常に低価格な35mm F2のAFレンズですが、開放から一貫性のある解像性能を発揮し、ボケは綺麗でAFも良好に動作するとのこと。

低価格ながら優れたレンズ

Sony Alpha Blog:Yongnuo YN 35mm F2S DF DSM

  • レンズの紹介
    ・重量:295g
    ・価格:200ドル
    ・絞り:F2-F16
    ・全長:72mm
    ・フィルター:52mm
    ・絞り羽根:7枚
    ・操作:AFLボタン・AF/MFスイッチ
    ・USB-Cポート
    ・最短撮影距離:35cm
    ・AF:ステッピングモーター
    ・レンズ情報はあるが、歪曲や周辺減光の補正データなし
    ・レンズフード付属
  • ビルドクオリティ
    ・ビルドクオリティは良好だ。
    ・YN85mm F1.8Sと比べて改善が見られる。
    ・レンズフードの脱着は簡単だ。
  • 携帯性
    ・第一印象はその軽さとコンパクトさだ。
  • 操作性
    ・フォーカスリングは良好に回転する。
    ・AF/MFスイッチとAFLボタンがある。200ドルのレンズにこれがあるのは驚くべきことだ。
  • オートフォーカス
    ・テストはファームウェアV2で実施した。
    ・静止画と動画の両方で非常に高速で正確、そして静かな動作だ。
    ・瞳AFは完璧に動作する。
    ・動体の追従性はサムヤン「AF 35mm F1.8 FE」やソニー「FE 35mm F1.8」ほどではない。
    ・頻繁にファームウェアを更新しているので、いずれ改善されると思われる。
    (訳注:確認してみると、現時点でV5となっていました。)
  • マニュアルフォーカス
    ・記載なし
  • 手ぶれ補正
    ・記載なし
  • 解像性能
    ・中央はF2で良好、F4優れた性能となる。
    ・四隅も中央と非常に似た優れた性能を発揮している。
    ・6100万画素でテストしたことを考慮すると、α7 IIIならば絞り開放から優れた性能となるはずだ。
    ・この価格帯では優れた性能である。
    ・被写体に接近してもF2から優れたシャープネスを備えている。
  • 像面湾曲
  • ボケ
    ・絞り開放でとても良好だ。
    ・F4に近づくと7角形の玉ボケとなる。
    ・描写はとても優れている。玉ねぎボケはなく、縁取りは限定的だ。
    ・後ボケはとても柔らかく心地よい描写である。
  • 色収差
    ・絞り開放でかなり目立つ。
  • 球面収差
    ・記載なし
  • 歪曲収差
    ・小さな樽型だ。
  • 周辺減光
    ・F2で中程度の減光だ。
    ・絞ると徐々に減少し、F4で解消する。
  • コマ収差
    ・記載なし
  • 逆光耐性
    ・良好である。
    ・絞ると素敵な光条が発生する。
  • 動画
    ・ボケや演色性の点で非常に良好だ。
    ・クリックレスの絞りリングが無いので、絞りの操作時に音を拾う。
    ・AFは良好だが、AFフレームを変化させた時に自動追従しない時がある。
  • 競合レンズ
    ・FE35mm F1.8より遥かに低価格だが、同様のエルゴノミクスを備えている。
    ・ビルドクオリティはとても良好でサムヤンとよく似ている。
    ・AFは非常に優れているが、サムヤンやソニーが少し良好だ。
    ・YN35の欠点は最短撮影距離が35cmと長いことである。また、F値が1/3段暗く、絞り羽根は7枚しかない。
    ・中央解像はソニーやサムヤンほどではないが、2400万画素センサーでの差は非常に小さい。また、中央から隅まで一貫性のある解像性能だ。
    ・サムヤンや安原製作所、そしてYongnuoの35mmはボケは柔らかく良好な描写だ。
    ・ソニーのボケはたまに騒がしく感じる。
    ・Yongnuoの歪曲収差と周辺減光は最も強い。
    ・色収差補正はソニーが最も良好だ。サムヤンやYongnuoは少し目立つ。

総評

この価格帯では優れたレンズだ。非常に良好なAF、非常に良好~優れたシャープネス、自然な発色、そして美しく柔らかいボケ描写となる。より高価なサムヤンやソニーの代替品として完璧な役目を果たせると思う。強くおススメできるレンズだ。

長所:小型軽量・低価格・非常に良好なAF・EXIF対応・6100万画素で絞り開放から良好なシャープネス・F4で優れたシャープネス・一貫性のある解像性能・滑らかなボケ・良好な発色・動画に適している・ポートレートでの肌調と描写・AF/MFスイッチとAFLボタン・USB-Cポートでファームウェアアップデート対応・良好なビルドクオリティ

平凡:中程度の歪曲・色収差・周辺減光・絞った際の玉ボケ・最短撮影距離

短所:この価格帯としては特に無し

とのこと。
国内では流通ルートが確保されていないものの、Aliexspressなどで2万円台で購入可能。フルサイズ用の明るい広角レンズとしては非常にお手頃価格。

低価格ながら、6100万画素のα7R IVと組み合わせても四隅まで安定したパフォーマンスが得られる模様。ボケも綺麗でオートフォーカスも動作するだから文句なしと言えるかもしれませんね。そしてAFLボタンまで搭載しているのが凄い。

実写作例を確認しても、確かにシャープでボケも綺麗に見えます。高価なレンズほど完璧な光学性能ではありませんが、2万円台のフルサイズ用レンズとしては上出来。

色収差や動体追従AFは完璧と言えないものの、AFに関してはファームウェアアップデートで改良される可能性あり。小まめに公式ページを確認してみると良いかもしれません。

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SONY関連の情報, カメラ, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER