FUJIFILMレンズ FUJIFILM中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

富士フイルム「XF50mmF1.0 R WR」サンプルギャラリーをePHOTOzine/PhotographyBlogが公開

ePHOTOzineとPhotographyBlogが正式発表されたばかりの富士フイルム「XF50mmF1.0 R WR」のサンプルギャラリーを公開。DPReviewの作例よりボケ描写を確認しやすい作例が多くなっています。

XF50mmF1.0 R WR

ePHOTOzine:Fujifilm XF 50mm f/1.0 R WR Sample Photos

柔らかく美しいボケ味を実現するとともに、マニュアルフォーカスの操作性を向上させる大型フォーカスリングを採用し、操作感を向上させたレンズとなっている。フォーカスリングは無限遠から最短撮影距離まで、120度回転させる必要がある。

柔らかく美しいボケ味が得られるので、ポートレート撮影に最適で、F1.0でも顔検出と瞳視検出のピント合わせが正確であることが分かった。F1.0で撮影した場合、ボケ味や背景ボケが非常に滑らかで、絞り込んでもボケ味が持続する。

重量とサイズが増える為、このレンズにはリニアモーターが搭載されていない。同じ理由で、レンズは光学式手ブレ補正を搭載していない。このため、X-T4やX-H1のような手ブレ補正機能を内蔵した富士フイルムのカメラと組み合わせることで恩恵を受けることができる。しかし、明るいF1.0の絞りは、手ブレを防ぎ、より速いシャッタースピードを得るのに役立つ。
フォーカスモーターの駆動音はかなり聞こえる。動画撮影時は簡単に音を拾ってしまうだろう。動画撮影の場合はマニュアルフォーカスをおススメする。

PhotographyBlog:Fujifilm XF 50mm F1.0 R WR Sample Images

最終レビューの前に、富士フイルムXF 50mm F1.0 R WRで撮影したオリジナルのサンプルJPEG画像を公開する。XF 50mm F1.0は、富士フイルムのAPS-Cセンサーミラーレス用の超大口径レンズであり、AF対応としては世界で最も大口径のミラーレスレンズである。

XF 50mm F1.0 R WRをX-T4ボディに装着して撮影したサンプル写真だ。これらのサンプルはすべてプリプロダクションレンズを使用して撮影したものであり、最終的な画質とは異なる場合がある。

どちらも様々なアングル・撮影距離でF1.0の描写を試していますね。絞り込んだ作例が多かったDPReviewと比べると、このレンズの特性を確認しやすい作例になっていると思います。

どちらを確認しても非常に綺麗なボケ描写であることが分かります。色収差による色づきが少なく、非球面レンズによるボケのムラは特に目立ちません。四隅の口径食は皆無といかないものの、F1.0の開放F値を考えると非常に良好な状態です。ただ、撮影距離が離れると、少し口径食の影響が強くなり、ボケが騒がしくなるように見えます(それでも十分綺麗ですが)。

XF50mmF1.0 R WR交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~