SONYレンズ SONY標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

ソニー「FE 40mm F2.5 G」レンズレビュー 遠景解像編

ソニーの交換レンズ「FE 40mm F2.5 G」のレビュー第二弾を公開。今回は6100万画素のα7R IVと組み合わせて、遠景撮影におけるレンズの解像性能についてテスト・評価しています。

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2021-04-15 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:9群9枚
  • 開放絞り:F2.5
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.28m(AF)・0.25m(MF
  • 最大撮影倍率:0.2(AF)・0.23(MF)
  • フィルター径:φ49mm
  • レンズサイズ:φ68×45mm
  • 重量:173g
  • 絞りリング
  • AF/MFスイッチ
  • AFLボタン
  • リニアモーター駆動
  • 防塵防滴
  • 金属外装・金属フード

2021年3月23日に発表されたコンパクトなソニーEマウントのGレンズ。
全長45mm、重量約173gと非常に小さく軽く、同時に発表された24mm F2.8・50mm F2.5でサイズ・デザインが統一され、3本セットで扱いやすいレンズ群に仕上がっています。特にジンバルやリグなど動画撮影時に役立つ統一感と言えるでしょう。

この40mm F2.5 Gは今回発表された3本の小型Gレンズで、24mmと50mmの間に位置するレンズです。「35mm」が一般的な焦点距離ですが、今回はソニーEマウントで珍しい「40mm」を採用。特にAFレンズとしてはこれが初めてかもしれません。(訂正:Batis 2/40 CFがありました)
さらに開放F値「F2.5」は単焦点レンズとして比較的暗いものの、ズームレンズよりも僅かに明るい絶妙なF値。

そして、標準レンズ(40~55mm)としては非常に小さく、ソニー以外のレンズメーカーを含めても、このサイズの標準レンズは珍しい存在です。コンパクトなα7Cと相性が良く、APS-Cカメラボディに装着しても違和感の無いバランス。

小型軽量ながら、レンズ外装とフードの素材はアルミニウムで高級感のある仕上がり。さらに防塵防滴仕様で、環境に左右されない撮影を実現しています。
フォーカス駆動には2基のリニアモーターを使用し、ギアを使わらず静かで滑らかなAF・MF操作を期待できそうです。

小型ながら充実したコントロールを搭載しているのも注目ポイント。シグマも「Iシリーズ」で同じようなデザインを採用していますが、ソニーはさらにAFLボタンにまで対応しています。

価格のチェック

「40mm F2.5」のスペックを考慮すると、売り出し価格「71,280円」は少し高く感じます。金属外装・絞りリング・防塵防滴・リニアモーター駆動という点は評価できるものの、それでも少し高い印象。外装に妥協するとサムヤン「AF 45mm F1.8 FE」が4万円ちょいで入手可能であり、5万円台でシグマ「45mm F2.8 DG DN」を購入することができます。このレンズの携帯性や操作性、24mm・50mmとの統一感などに価値を見いだせないと気難しい価格設定。

FE 40mm F2.5 G
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

遠景解像力

テスト環境

  • 撮影日:2021-04-23:晴れ:微風
  • カメラ:α7R IV
  • レンズ:FE 40mm F2.5 G
  • 三脚:Leofoto LS-365C
  • 雲台:Leofoto G4
  • 現像ソフト:Adobe Lightroom Classic CC
    ・シャープネス「0」
    ・その他初期設定

テスト結果

中央

F2.5から良好なシャープネスとコントラスト。6100万画素のα7R IVでも満足のいく解像性能を発揮しています。F2.8まで絞ると僅かにコントラストが改善し、F5.6までピークの性能を維持。

F8まで絞ると僅かにコントラストが低下。F11まで絞るとさらにディテールが甘くなり、F16~F22でかなりソフトな描写となる。

周辺

中央と同じくF2.5から良好なシャープネスとコントラスト。このままでも全く問題ありませんが、F2.8まで絞るとコントラストがさらに改善します。F4~F5.6がピークとなりますが、F2.8との差は僅か。

やはりF8でコントラストの低下が目に付きます。F11まで絞ると若干ソフトとなり、F16~F22は被写界深度が必要な時以外は避けたいところ。

四隅

周辺減光(レンズは程度の差こそあれ、絞り開放付近で四隅の光量が低下する)の影響があるものの、シャープネスはまずまず良好。コマ収差や非点収差などの影響が抑えられているのか、像に顕著な甘さは見られません。

F2.8まで絞ってもあまり改善しませんが、F4で少し改善が見られ、ピークのF8に向かって徐々に向上。やはりF11以降は回折の影響があるので、必要な場合を除いて避けたい絞り値。

実写で確認

フレーム全体の均質性を考慮すると最適な絞り値はF8。ただし、フレームの大部分はピークがF4前後であり、解像性能にベストを尽くすのであればF5.6までに抑えたいところ。6100万画素センサーはF8付近で回折の影響が出始めるため、四隅の改善速度が遅いのは地味に痛い。

今回のまとめ

小型軽量の単焦点レンズながら非常に良好な光学性能を発揮。6100万画素のα7R IVと組み合わせても、F2.5からフレームの広い領域で実用的以上の良好な画質を得ることができます。四隅を改善するには2~3段ほど絞りたいですが、回折の影響と折り合いをつけるのであればF5.6前後がベスト。
ボケとシャープネスを両立したい場合、少し絞ってF2.8を利用するのも一つの手。これだけで細部のコントラストが少し改善します。

まぁ細かいことを抜きにして、絞り開放から快適に使えるレンズです。コンパクトながら安定感のある画質で、シャープネスとコントラストはF2.5からとても良好。その反面、ボケは少し騒がしく見えることがあります。と言っても、ボケが騒がしく見えるような撮影距離は限られていますが…。

中央解像はとても良好なので、APS-Cクロップで換算60mmの2600万画素出力で利用するのも一つの手。おまけに実質的な撮影倍率も改善するので、使いやすく感じるかもしれません。

購入早見表

FE 40mm F2.5 G
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,