Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

キヤノン RF85mm F2 MACRO IS STM 交換レンズレビュー 近距離解像編

このページではキヤノン RF85mm F2 MACRO IS STMで解像力チャートを使った解像性能のテスト結果とレビューを掲載しています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2020年10月22日発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:11群12枚
  • 開放絞り:F2
  • 最小絞り:F29
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.35m
  • 最大撮影倍率:0.5倍
  • フィルター径:φ67mm
  • レンズサイズ:φ78.0×90.5mm
  • 重量:500g
  • ステッピングモーター
  • 光学手ぶれ補正:5段分
  • レンズフード別売り

キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」シリーズに対応する「RFレンズ」の一つ。高価な「ラグジュアリシリーズ(Lシリーズ)」に属さず、手ごろな価格と小型軽量なサイズを実現した単焦点レンズに仕上がっています。

同クラスは最初に「RF35mm F1.8 Macro IS STM」が登場して、このレンズが2本目。さらに2020年末に「RF50mm F1.8 STM」も登場しています。どのレンズも「ショートバックフォーカス・大口径マウント」を活かしたレンズ設計となっており、小型軽量やマクロ性能、光学性能の向上などに一役買っています。

このRF85mm F2 MACRO IS STMも一眼レフ用の「EF85mm F1.8 USM」と全く異なる光学設計・特性のレンズです。特筆すべきは最短撮影距離。EF85mmで「0.85m」だったものが、RF85mmでは「0.35m」まで短くなっています。この際の撮影倍率は「0.5倍」のハーフマクロを達成しており、レンズに「マクロ」を冠するのも自然な流れと言えるでしょう。

レンズ構成は従来の「7群9枚」から「11群12枚」まで複雑化しています。構成中にはUDレンズを一枚使用し色収差を効果的に補正しています。さらに最大5段分の光学手ぶれ補正ユニットを搭載。EOS R5やR6のボディ内手ぶれ補正との連携が可能で、この際は最大8段分の補正効果を得ることができると言われています。

注意すべきはレンズのフォーカス駆動形式。
EF85mmはリングUSMを使用したリアフォーカスのため、レンズ全長に変化は無く、素早いAFを期待できます。
RF85mmはステッピングモーター駆動を使用。RF24-105 STMのように静かなステッピングモーターではなく、RF35 STMのように駆動音の大きなステッピングモーターです。さらに、前群繰り出し式のフォーカスを採用しているので、ピント距離によって内筒が大きく前方へせり出す仕組みとなっています。AFの静粛性や高速性はあまり期待しないほうが良いでしょう。

価格のチェック

EF85mm F1.8 USMと比べるとかなり高価なレンズです。手ぶれ補正や接写性能、そして最新の光学設計が価格を押し上げていると思われますが、EF85mmとの価格差ほどの価値があるか、今後のテストでチェックしていきたいと思います。EF85mmと異なり、レンズフードが付属していなので注意。

RF85mm F2 MACRO IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード ET-77
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:EOS R5
  • 交換レンズ:RF85mm F2 Macro IS STM
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • EOS R5のRAWファイルを使用
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

テスト結果

中央

絞り開放から4000を超える非常に良好な性能です。ただし、実写を確認すると軸上色収差の影響でコントラストが若干低下しています。良好なコントラストを得るには1段絞ったほうが良いでしょう。絞ると徐々に解像度も向上し、F4付近でピークを迎えます。チャートの数値は下がっていますが、実写を見る限りではF5.6からF8も良好なパフォーマンスを発揮しているように見えます。

F11付近までは実用的な性能を維持し、F16付近から回折の影響が強くなります。F22~F29は回折の影響がさらに強くなるので被写界深度が必要な場合以外はおススメしません。

周辺

中央と比べると性能は落ちますが、それでも3500を超える非常に良好な性能を発揮しています。やはり絞り開放付近は色収差の影響でコントラストが低下しているので少し絞るのがおススメ。F4からF5.6まで絞ると中央に近い性能となります。

四隅

中央や周辺と比べてさらに性能は低下しますが、それでも3000を超える良好な性能を維持しています。ただし絞っても大きく改善しません(F4付近でコントラストは改善しますが、解像度への影響は少ないです)。

全体

軸上色収差によるコントラスト低下はありますが、絞り開放から広範囲で優れた性能を得ることが出来るレンズです。抜群の均質性ではありませんが、近距離で四隅まで非常に良好な性能を得られるのは凄い。流石「MACRO」を冠しているだけのことはあるなと。全体的にF16までは実用的ですが、F22以降は急速に性能が低下するので注意が必要です。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F2.0 4189 3814 3308
F2.8 4467 3833 3420
F4.0 4765 4311 3568
F5.6 4526 4485 3430
F8.0 4368 3833 3587
F11 3876 3847 3599
F16 3462 3478 3401
F22 2891 2736 2802
F29 2596 2494 2434

実写確認

実写を見ると分かる通り、絞り開放では軸上色収差によるコントラスト低下が見られます。1段絞ると改善しますが、コントラストがピークに達するのは、さらに1段絞ったF4です。

競合レンズ比較

同価格帯の85mmAFレンズは今のところ社外製「サムヤン AF85mm F1.4 RF」のみ。RF85mm F2は1段暗いレンズですが、サムヤンをF2まで絞った時よりも優れた性能を発揮していることが分かります。解像性能に限って言えば間違いなくキヤノン純正がおススメ。

今回のまとめ

絞り開放から抜群のコントラストではありませんが、少なくとも中央のシャープネスは極めて良好な性能を発揮しています。絞り開放がF2の明るいレンズとしては優れた光学性能。フォーカス駆動が犠牲となっている感はあるものの、その代償は確かに恩恵を受け取っているように見えます。

四隅は中央や周辺ほど良好ではありませんが、1m未満の撮影距離ではこんなものでしょう。後日、中景や遠景でのテストを実施予定なので乞うご期待。

購入早見表

RF85mm F2 MACRO IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード ET-77
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER