TTArtisan カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

銘匠光学「TTArtisan 35mm F1.4 C」レンズレビュー ボケ編

銘匠光学「TTArtisan 35mm F1.4 C」のレビュー第四弾を公開。今回は玉ボケやピント面前後のボケ質についてチェックしています。低価格なレンズとしては非常に良好な描写。

TTArtisan 35mm F1.4 C レビュー 一覧

まえがき

2020年に登場した銘匠光学では初となるAPS-Cミラーレス用レンズ。開放F値「F1.4」と明るいコンパクトな単焦点レンズながら、1万円を切る価格設定で気軽に購入することが出来るのが魅力的。低価格ながら、しっかりとした金属外装にクリック付きの絞りリングを搭載。
レンズマウントは富士フイルムX・ソニーE・キヤノンEF-M・ライカL・ニコンZ・マイクロフォーサーズと幅広く対応。電子接点が無いので操作はフルマニュアルとなるものの、扱いやすいレンズに仕上がっています。

概要
レンズの仕様
マウント EFM/E/X/Z/MFT 最短撮影距離 0.28m
フォーマット APS-C 最大撮影倍率 不明
焦点距離 35mm フィルター径 39mm
レンズ構成 6群7枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.4 テレコン -
最小絞り F16 コーティング 不明
絞り羽根 10枚
サイズ・重量など
サイズ φ44.0mmx42mm 防塵防滴 -
重量 180g AF -
その他 電子接点無し・絞りリング
付属品
レンズキャップ・説明書

レンズ構成はダブルガウスタイプの6群7枚で、特殊レンズは未使用。フルマニュアルのAPS-C用標準大口径レンズでシンプルなダブルガウスタイプを採用しているのは珍しい。定番のレンズ構成であり、悪くない光学性能が期待できそうですね。

価格のチェック

前述したように価格は1万円を下回るてごろな値付け。オークションやフリマのフィルム用オールドレンズを買うくらいであれば、APS-C専用設計でコンパクトかつ新品のレンズを購入するのもアリだと思うのです。

シルバー

TTArtisan 35mm F1.4 Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Fuji X
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 MFT
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Canon M
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

ブラック

TTArtisan 35mm F1.4 Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Fuji X
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 MFT
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Canon M
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Nikon Z
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

前後ボケ

綺麗なボケ・騒がしいボケとは?

ボケの評価は主観的となりがちですが、個人的には「滲むように柔らかくボケる」描写が綺麗と感じます。逆に、「急にボケ始めたり、ボケの輪郭が硬い」描写を好ましくないと感じています。

描写傾向の違いは主に球面収差の補正状態によって変化し、前後どちらかのボケが柔らかい場合はもう片方のボケが硬くなる傾向があります。また「アポダイゼーション光学素子」などを使って強制的に滲むボケ描写を実現しているレンズも存在します。

実写で確認

基本的にニュートラル寄りではあるものの、後ボケが少し滑らかで、前ボケが少し硬調。この傾向はボケが大きくなっても変わらず、特に複雑な前景がフレームに入っていると騒がしい2線ボケとなる可能性がある。
軸上色収差による色づきは否定できないものの、思っていたよりも影響度合いは少なく、特に強く問題視する必要は無い。評価できる補正状態。

玉ボケ

口径食・球面収差の影響

口径食が強いと、四隅が楕円状に変形したり、部分的に欠けてしまったりします。これを解消するには絞りを閉じるしかありません。しかし、絞ると羽根の形状が見えてしまう場合もあるので状況に応じてF値を変化させる必要あり。

逆に口径食の影響が少ないと、絞り開放から四隅まで円形に近いボケを得ることが出来ます。これは玉ボケに限った話ではなく、一般的な四隅のボケ描写の質感にも繋がります。口径食が強いと、ボケ量が少なく感じたり、四隅のボケが荒れてしまう場合もあるため、口径食の小さいレンズが好ましい。

球面収差の補正が完璧では無い場合、前後のボケ描写に差が発生します。この場合はどちらかが滲みを伴う滑らかな描写になり、反対側で2線ボケのような硬い描写となってしまいます。

実写で確認

縁取りが弱く、内側の描写もまずまず滑らかで大きな問題は見られない。積極的に使っていける印象あり。ただし、口径食の影響が強く現れるため、背景との距離感によっては隅のボケ描写が騒がしくなる可能性あり。この問題はF2~F2.8まで絞ることで急速に改善する。
絞り羽根が10枚と多いので、絞ってもボケが角ばりにくいのは評価できるポイント。

ボケ 撮影距離

その1

ピント距離2mほどで撮影。背景との距離によるものの、ボケが小さくなると特にフレーム周辺・隅のボケ描写が騒がしくなる。色収差が少ないのは有難いものの、隅のボケ質を改善したいのであればF2~F2.8まで絞って使うのがおススメ。F2まで絞ってもボケ量はそれなりに確保できる。

その2

撮影距離は1m。
2mの時と比べるとボケが大きくなり、絞り開放におけるフレーム周辺部の騒がしさが緩和する。絞り開放から十分に使っていける画質であり、この価格帯の大口径レンズとしては評価できる。それでもボケの均質性を重視するのであれば、F2~F2.8まで絞って使うのがおススメ。

その3

接写時の絞り開放は実に滑らかで綺麗。特にこれと言った問題はなく、軸上色収差による色づきも少ないので使いやすい。低価格な大口径レンズとしては大いに評価できる画質。絞っても背景が騒がしくなることは無く、被写体に合わせて被写界深度を調整することが可能。

ポートレート

全高170cmの三脚を人物に見立てて、撮影距離を変えながら絞り開放で撮影した作例が以下の通り。全身ポートレートでもある程度のボケ量を確保できるが、後ボケは騒がしくなりやすいので絞り開放は避けたい。できれば前述したようにF2~F2.8まで絞ったほうが良好な結果を期待できる。
上半身・バストアップ程度まで寄ると、後ボケの騒がしさが弱まり、積極的に絞り開放を使っていける画質となる。顔のアップまで寄ればバッチリ。

今回のおさらい

匙加減のよい後ボケ重視の描写で非常に好感が持てる。撮影距離によって少し騒がしさが増すものの、絞りによって調整可能。特にピント距離が1mを切るような場合はこれと言った問題もなくF1.4を使っていけるはず。

撮影距離が長い場合でも、隅に騒がしい背景が無ければ特に問題ナシ。シンプルな光学設計のレンズながら軸上色収差が抑えられ、目立つ色ずれが少ないのは評価できるポイント。もちろん色収差が皆無では無いので、場合によって目立つことはある。それでも許容範囲内。

撮影距離が短い場合における滲みの強さ(ピント面から背景にかけてのボケの柔らかさ)は富士フイルム純正「XF35mmF1.4 R」ほどではないものの、癖が少なく扱いやすい。

購入早見表

シルバー

TTArtisan 35mm F1.4 Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Fuji X
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 MFT
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Canon M
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

ブラック

TTArtisan 35mm F1.4 Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Fuji X
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 MFT
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Canon M
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Nikon Z
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-TTArtisan, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,