TTArtisan カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

銘匠光学「TTArtisan 35mm F1.4 C」レンズレビュー 遠景解像編

銘匠光学「TTArtisan 35mm F1.4 C」のレビュー第三弾を公開。今回は2600万画素のX-S10と組み合わせて、恒例の撮影位置から遠景解像性能をテストしています。

TTArtisan 35mm F1.4 C レビュー 一覧

まえがき

2020年に登場した銘匠光学では初となるAPS-Cミラーレス用レンズ。開放F値「F1.4」と明るいコンパクトな単焦点レンズながら、1万円を切る価格設定で気軽に購入することが出来るのが魅力的。低価格ながら、しっかりとした金属外装にクリック付きの絞りリングを搭載。
レンズマウントは富士フイルムX・ソニーE・キヤノンEF-M・ライカL・ニコンZ・マイクロフォーサーズと幅広く対応。電子接点が無いので操作はフルマニュアルとなるものの、扱いやすいレンズに仕上がっています。

概要
レンズの仕様
マウント EFM/E/X/Z/MFT 最短撮影距離 0.28m
フォーマット APS-C 最大撮影倍率 不明
焦点距離 35mm フィルター径 39mm
レンズ構成 6群7枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.4 テレコン -
最小絞り F16 コーティング 不明
絞り羽根 10枚
サイズ・重量など
サイズ φ44.0mmx42mm 防塵防滴 -
重量 180g AF -
その他 電子接点無し・絞りリング
付属品
レンズキャップ・説明書

レンズ構成はダブルガウスタイプの6群7枚で、特殊レンズは未使用。フルマニュアルのAPS-C用標準大口径レンズでシンプルなダブルガウスタイプを採用しているのは珍しい。定番のレンズ構成であり、悪くない光学性能が期待できそうですね。

価格のチェック

前述したように価格は1万円を下回るてごろな値付け。オークションやフリマのフィルム用オールドレンズを買うくらいであれば、APS-C専用設計でコンパクトかつ新品のレンズを購入するのもアリだと思うのです。

シルバー

TTArtisan 35mm F1.4 Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Fuji X
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 MFT
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Canon M
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

ブラック

TTArtisan 35mm F1.4 Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Fuji X
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 MFT
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Canon M
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Nikon Z
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

遠景解像力

テスト環境

  • カメラ:FUJIFILM X-S10
  • 三脚:Leofoto LS-365C
  • 雲台:Leofoto G4
  • 露出:絞り優先AE・ISO 160-320
  • RAW出力
  • 現像:Adobe Lightroom Classic CC
    ・シャープネスオフ

テスト結果

中央

F1.4はシャープネス・コントラストがどちらも甘く、軸上色収差の影響も僅かにあるソフトな描写。風景写真などで高解像を求めるシーンならばいくらか絞って改善したい。
F2まで絞るとコントラストが改善するものの、シャープネスはまだ甘い。F2.8~F4で徐々に画質が改善し、ピークとなるのはF5.6~F8。全体的に見て、F2.8以降は十分に満足のいく画質。

周辺

中央と同じくF1.4はやや甘め。そして中央と比べても少し甘い。このままでは(解像度が欲しい風景撮影などで)使いたい画質とは言えないので、少なくとも2段は絞りたいところ。
F2.8まで絞ると画質がグッと安定するので積極的に絞りたい。F4~F8で良好な画質となるものの、F8まで画質は改善し続けるので、絞れるのであれば絞るのがおススメ。

四隅

中央・周辺と同じく、絞り開放は甘い描写。しかし、1万円を切る手ごろな価格の大口径レンズとしてはまだ安定した描写に見える。とは言え、目に見えるコマ収差の影響もあるので実用的とは言えない。
周辺部と同じくF2.8まで絞ると、画質はグッと安定する。以降の改善幅はそう大きくないものの、F8前後でピークに到達する。
絞り値全域で倍率色収差は良く抑えられているので、後処理の必要性は低い。

実写で確認

カジュアルに撮影する場合でもF2.8まで絞って使うのがおススメ。全体的にシャープな結果を得たいのであればF8前後までしっかりと絞りたい。1万円を切るF1.4レンズとしては評価できる光学性能であり、安定のガウスタイプと言った印象。
F11も良好な結果を得ることが可能ですが、オートホワイトバランス使用時は色が傾くので注意が必要。

今回のおさらい

ガウスタイプらしい安定感のある画質です。絞り開放付近はあまりシャープでは無く、コマ収差も目立つ。しかしF2.8付近から画質が改善し始め、しっかりと絞ることでフレーム隅まで安定したパフォーマンスを得ることが可能。絞った際の画質はフレーム全体で一貫しているので扱いやすい。

風景写真で積極的に使いたいとは思わないものの、「35mm F1.4」を楽しみつつ、たまに遠景を撮影するのであれば問題ナシ。ただし、少なくともF2.8までは絞りたい。絞り過ぎるとオートホワイトバランスが傾く傾向があるので要注意。その際はプリセット・カスタムWBで対応を。

購入早見表

シルバー

TTArtisan 35mm F1.4 Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Fuji X
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 MFT
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Canon M
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

ブラック

TTArtisan 35mm F1.4 Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Fuji X
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 MFT
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Canon M
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
TTArtisan 35mm F1.4 Nikon Z
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-TTArtisan, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,