OLYMPUSレンズ OLYMPUS中・望遠レンズ OLYMPUS広角レンズ Olympus関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

オリンパスがレンズロードマップに「8-25mm F4 PRO」「マクロPRO」を追加!さらに「鳥認識AF」の計画も明らかとなる

オリンパスが新しいレンズロードマップを発表しました。「M.ZUIKO ED 8-25mm F4.0 PRO」「マクロPROレンズ(100mm)」が明らかとなった模様。どちらも既に特許出願で公開されているレンズっぽいですね。期待大。

スポンサーリンク

「M.ZUIKO DIGITAL」レンズロードマップ最新情報の公開、および「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」開発情報を更新

オリンパス株式会社(社長:竹内 康雄)は、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した「M.ZUIKO DIGITAL」レンズの最新ロードマップを公開、および2019年1月に開発発表を行いました「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」の開発情報を更新いたします。
開発中の「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」は、今冬の発売を目指し、現在鋭意開発を進めています。また、新たに製品の最終外観を公開いたします。
さらに、超望遠撮影で快適にお使いいただけるよう「OLYMPUS OM-D E-M1X」のインテリジェント被写体認識AF に追加する「鳥認識」の開発を進めています。対応ファームウェアは今冬公開を予定しています。

今後も引き続き、マイクロフォーサーズシステムの特長である高画質と小型軽量による圧倒的な機動性を最大限に活かせるよう、レンズラインナップを拡充してまいります。

正体不明だった広角・標準ズームが明らかとなり、やはり広角・標準域をカバーする非常に便利なズームレンズとなりそうですね。フルサイズで言うところの「16-50mm」相当となります。個人的にドストライクの焦点距離。2月の値上がり後のPROレンズ価格設定を考慮すると10万円台後半となりそうですが、出来れば購入したいところ。
ちなみにそれっぽいレンズの特許出願も以前にピックアップしています。

PROグレードのマクロレンズは配置からして100mmでしょうか?フルサイズで200mm相当の望遠マクロレンズとなりそう。これでテレコンに対応した画期的なマクロレンズになると期待したいところ。
ちなみにこちらも特許出願が公開されています。この特許通り実用化されるのかは不明。特許出願では光学手ぶれ補正を搭載しています。

さらにE-M1Xは「鳥認識」AFに対応するようですね。オリンパスユーザーで野鳥撮影をする人は多いと思うので、これは非常に便利な機能となりそう。むしろ飛行機より先に鳥に対応して欲しかった…。

スポンサーリンク

参考:オリンパスレンズラインアップ

MFT PROレンズ
MFT PREMIUM(単焦点)
MFT ズームレンズ

サイト案内情報

オリンパスレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS中・望遠レンズ, OLYMPUS広角レンズ, Olympus関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.