FUJIFILMレンズ FUJIFILM標準レンズ FUJIFILM関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

富士フイルム「XF18-200mm F3.5-6.5」となりそうな特許出願

2021年3月1日付けで富士フイルムの気になる特許出願が公開されています。「18-200mm F3.5-6.5」となりそうな高倍率ズームレンズに関するものですね。

Xマウントの光学11倍ズーム登場なるか?

  • 【公開番号】特開2021-32928(P2021-32928A)
  • 【公開日】2021年3月1日
  • 【発明の名称】ズームレンズおよび撮像装置
  • 【出願日】2019年8月16日
  • 【出願人】
    【識別番号】306037311
    【氏名又は名称】富士フイルム株式会社
  • 【課題】高倍率であり、変倍の際の諸収差の変動が抑制され、小型化が図られて、良好な光学性能を有するズームレンズ、およびこのズームレンズを備えた撮像装置を提供する。

実施例1
焦点距離 18.56-193.94
F値 3.61-6.51
画角 80.2-8.4
BF 13.69-50.40

非常に多くの実施例を含んでいますが、全てが「18-200mm F3.5-6.5」を想定したようなパラメータとなっています。そのため、今回は実施例1のみピックアップ。

富士フイルムの高倍率ズームと言えば「XF16-80mm F4 R OIS WR」「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」の2本くらいでしょうか。このレンズはさらに光学倍率が高く、フルサイズで言うところの「25.5-300mm」に相当する画角をカバーしています。実用化されると、Xマウントで最も光学倍率が高く、汎用性の良いレンズが登場することになります。

今のところ光学手ぶれ補正の記載はありません。ここ最近はボディ側に手ぶれ補正を搭載する傾向があり、レンズ側の手ぶれ補正を省略して小型軽量化・低価格を狙うのも一つの手と言えるかもしれません。

個人的には待ちくたびれてアダプター経由のEFレンズを使っていますが、ネイティブXマウントで互換性の高いレンズが登場すると良いですねえ。

注意ポイント

いつも通り、この特許出願の存在で、将来的にレンズの登場が確定するわけではありません。実用化されずにボツとなった可能性もあるので注意が必要です。

参考:Xマウントレンズ一覧

FUJI X ズームレンズ
FUJI X 単焦点レンズ

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM標準レンズ, FUJIFILM関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER