Nikonレンズ Nikon広角レンズ Nikon関連の情報 Z NIKKOR カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

ニコン「Z 16-35mm F2.8」「Z 18-50mm F2.8-4」「Z 16-50mm F4」と思われる特許出願

2021年3月1日付けでニコンの気になる特許出願が公開されています。フルサイズ対応「Z 16-35mm F2.8」「Z 18-50mm F2.8-4」「Z 16-50mm F4」となりそうな実施例ですね。

変種の広角ズーム登場なるか?

  • 【公開番号】特開2021-33242(P2021-33242A)
  • 【公開日】2021年3月1日
  • 【発明の名称】変倍光学系、光学装置および変倍光学系の製造方法
  • 【出願日】2019年8月29日
  • 【出願人】
    【識別番号】000004112
    【氏名又は名称】株式会社ニコン
  • 【課題】レンズ群の移動方向の制御が容易で、諸収差を良好に補正することができる変倍光学系を提供する。
実施例1 実施例3
焦点距離 16.500-34.000 15.450-34.000
F値 2.910 2.910
半画角 105.504 109.100
像高 20.787-21.700 18.899-21.700
全長 157.563-147.452 157.420-148.390
BF 14.914-34.732 13.738-36.025
実施例4 実施例7
焦点距離 18.549-48.400 16.500-48.400
F値 2.910-4.120 4.120
半画角 98.952 105.504
像高 20.449-21.700 18.820-21.700
全長 156.976-145.902 156.081-146.333
BF 20.533-50.882 17.312-53.242

「16-35mm F2.8」系のスタンダードな大口径広角ズームと、「18-50mm」系の高倍率で変わり種となる広角ズームレンズの2種類が実施例に含まれています。どちらもフルサイズをカバーするイメージサークルがありますね。

現状「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」がラインアップされているので、大口径広角ズームは期待しないほうが良いでしょう。それに、広角側でフルサイズのイメージサークルを満たしていません。おそらく残存する大きな歪曲収差を補正しつつ、四隅をクロップすることを想定しているのかなと。この手法はキヤノンRFマウントの一部レンズ(RF24-240mm)などで採用しています。F2.8ズームでソフトウェア丸投げの歪曲補正は理想的と言えず、そのまま実用化することは無いのかなと。

どちらかと言えば「18-50mm F2.8-4」や「16-50mm F4」のレンズで採用する構成と言えそうです。変わった焦点距離ですが、Vlogなどでは使いやすいズームレンジと感じるかもしれません。最近ではパナソニックが「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」をリリースしていますね。今回の実施例はパナソニックよりも大口径となり、ズームレンジが広くなっています。高性能かもしれませんが、サイズは少し大きそうですね。

今回の実施例はどちらもロードマップに含まれておらず、直近で登場する可能性は低いかもしれません。とは言え、ニコンがVlogなど動画ユースな交換レンズを意識しているのは間違いなさそうです。風景撮影でも面白い使い方が出来そうですね。

参考:NIKKOR Zレンズ一覧

Z ズームレンズ
Z 単焦点レンズ
Z DXレンズ

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Nikonレンズ, Nikon広角レンズ, Nikon関連の情報, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER