Nikonレンズ Nikon広角レンズ Nikon関連の情報 Z NIKKOR カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

ニコン NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

  • 2020-11-06:各種参考リンクを追加しました。
  • 2020-09-16:正式発表されました。2020年10月発売予定とのこと。
  • 2020-09-16:本日「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」が正式発表されると噂されているので専用の情報収集ページを作成しました。

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

型式 ニコン Z マウント
焦点距離 14mm-24mm
最大口径比 1:2.8
レンズ構成 11群16枚(EDレンズ4枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコートあり、アルネオコートあり、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)
画角 114° -84°(撮像範囲FX)
90° -61°(撮像範囲DX)
焦点距離目盛 14、15、16、18、20、24mm
ズーミング ズームリングによる回転式
ピント合わせ IF(インターナルフォーカス)方式
最短撮影距離 撮像面から0.28m(ズーム全域)
最大撮影倍率 0.13倍(焦点距離24mm)
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
絞り方式 電磁絞りによる自動絞り
最大絞り f/2.8
最小絞り f/22
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ) 112mm
※ バヨネットフード HB-97使用時のみ装着可能
フィルター枠 レンズ後部に装備
寸法 約88.5mm(最大径)×124.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約650g
付属品 • レンズキャップ LC-Z1424(スプリング式)
• かぶせ式レンズキャップ LC-K104
• 裏ぶた LF-N1
• バヨネットフード HB-96
• バヨネットフード HB-97
• レンズケース CL-C2

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

関連記事

海外の評価

PhotographyBlog

PhotographyBlog:Nikon Z 14-24mm f/2.8 S Review

  • レンズの紹介
    ・2020年夏に発表された、Zシステムの大口径ズームレンズだ。広角・標準ズームと組み合わせて、14mmから200mmまでの焦点距離をカバーできる。
    ・クラス最軽量のレンズだ。
    ・画角の広いレンズだが、前玉がフラットで円形フィルターも使用可能である。
  • ビルドクオリティ
    ・非常に頑丈な金属マウントを備えている。
    ・14-30mm F4よりも複雑な光学系だ。
    ・3種類の操作リングに加え、OLEDパネルやFnボタンを搭載している。
    ・2つの異なるレンズフードが付属している。一つは日常的に使用する小さなフード、もう一つは円形フィルターに対応した大きなレンズフードだ。
    ・レンズフードに加え、二つのレンズキャップも含まれている。
  • 携帯性
    ・NIKKOR Zシリーズの中では大きなレンズだが、それでもスペックを考慮すると非常に小さい。
    ・この種のレンズとしては650gと非常に軽い。とは言え、Zレンズは軽量なレンズが多いので重く感じるかもしれない。
    ・Z 6IIとの組み合わせでバランスはとれているが、Z 50のようなAPS-Cモデルで使うのは難しいと思う。
  • 操作性
    ・コントロールリングは初期設定で絞り操作に対応しているが、カスタマイズで露出補正やISO感度も操作できる。
    ・OLEDパネルはいくつか重要な設定を素早く確認可能でとても便利だ。
    ・DISPボタンを押すと、焦点距離と絞りの表示を切り替えることが出来る。
    ・ズームリングには14mm、15mm、16mm、18mm、20mm、24mmの焦点距離表示がある。滑らかに動作し正確な操作が可能な抵抗量を備えている。
  • オートフォーカス
  • マニュアルフォーカス
    ・正確な操作を実施するために十分な量の抵抗を備えている。
    ・ピント両端にハードストップは無い。
  • 解像性能14mm
    ・中央はF2.8から非常に良好だ。F4でさらに改善する。F16で少し低下するが依然として優れた性能で、F22まで絞るとソフトとなる。
    ・端はF2.8からF16まで非常に良好だ。F22で少しソフトとなる。
  • 解像性能18mm
    ・中央はF2.8で非常に良好、F4とF5.6でピークとなる。F8でわずかに低下し、F11~F16でさらに低下し、F22で最もソフトとなる。絞り値全域で非常に良好な結果だ。
    ・端はF11からF16で最もシャープとなる。
  • 解像性能24mm
    ・この焦点距離で最もソフトとなるが、決して柔らかい描写ではない。
    ・中央は絞り開放から非常に良好、F5.6で改善し、F8でピークを迎える。F11で少しソフトとなり、F16で再び低下し、F22で最もソフトとなる。
    ・端はF16で最もシャープだ。
  • 像面湾曲
    ・記載なし
  • ボケ
    ・丸みを帯びた心地よいボケだ。
  • 色収差
    ・イメージを等倍まで確認しても色収差を見つけるのは難しい。
  • 球面収差
    ・記載なし
  • 歪曲収差
    ・広角レンズらしく、14mm側で歪みが見える。ただし、全体的に良く抑えている。
  • 周辺減光
    ・14mm F2.8で減光が目に付く可能性がある。実写ではそれほど目立たず、F5.6まで絞ると大きく改善する。
    ・24mm F2.8では減光がほとんど見られない。
  • コマ収差
    ・記載なし
  • 作例集

総評

14-30mm F4は遥かに小さく軽量なズームレンズだが、高い光学性能やF2.8が必要であれば、優れた選択肢となるだろう。もちろんハイパフォーマンスなレンズは安くない。他のF2.8ズームとほぼ同じ価格だが、14-30mm F4と比べると遥かに高価だ。とは言え、予算があれ強くおススメできる素晴らしいレンズである。

Digital Camera World

Digital Camera World:Nikon Z 14-24mm f/2.8 S review

  • 広角ズームを探している大部分のZマウントユーザーは「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」を選ぶことだろう。比較的コンパクトで、優れた画質と優れた汎用性を備えている。しかし、より明るいレンズが必要な場合、このレンズを選ぶことになる。
  • 大三元の一つであるこのレンズはハイエンドな機能を備えている。バイワイヤのフォーカスリングに加え、カスタマイズ可能なコントロールリングやL-Fnボタンを搭載。そして多機能なOLEDディスプレイも備えている。レンズ構成には3枚の非球面レンズや4枚のEDレンズを採用し、アルネオ・ナノクリスタルコートで補強。さらに前面には撥水撥油性のあるフッ素コーティングが施されている。
  • さらにレンズには2種類のフードが同梱しており、1つは通常の撮影用で、もう一つは112mmのフィルタースレッドを搭載した大型レンズフードである。自社ブランドのフィルターに対応しているが、非常に高価なのが欠点だ。例えばC-PLフィルターはZ 50mm F1.8 Sよりも高い。
  • プログレードの価格設定のレンズに期待されるビルドクオリティだ。頑丈で充実した防塵防滴仕様である。それにも関わらず、レンズは比較的コンパクトで軽量だ。
  • 無段階のコントロールリングを使うことで、動画撮影時に無段階の絞り操作が可能となる。
  • DISPボタンを使うことで、OLEDパネルに焦点距離やピント距離、被写界深度などを表示可能だ。
  • 広角レンズとしては中央から四隅まで素晴らしいシャープネスだ。これはズームレンジ全域、絞り値全域に当てはまる。歪曲収差はズームレンジの両端で目立つものの、ボディ内の補正で簡単に修正できる。
  • 倍率色収差や軸上色収差はごくわずかだ。
  • コマフレアは最小限に抑えられているので天体撮影に適している。
  • 電磁制御の絞り羽根は非常に正確で一貫性がある。
  • ステッピングモーター駆動のAFシステムも絞りと同様に信頼性が高い。高速で静かに動作するので静止画・動画どちらにも適している。フォーカスブリージングが最小限に抑えられているのもメリットとなるだろう。
  • ラボテスト
    ・F2.8からF11まで、ズームレンジ全域で驚くほどシャープな中央画質を得られる。
    ・チャートテストでは四隅が苦戦するものの、F5.6からF11まではズーム全域で見事な画質だ。ニコンの光学設計者は素晴らしい仕事をしたようだ。
    ・色収差は実写で目に付く機会はないだろう。絞りや焦点距離に関係なく優れている。
    ・歪曲収差は自動的に補正されるので評価できない。

ゴージャスなビルドクオリティ・ハイエンドな操作性・そして素晴らしい光学性能を備えている。歪曲収差は補正を適用しないと目立つ可能性があるものの、幅広い画角とF2.8が必要な全ての人にとって素晴らしいレンズとなるだろう。ただし、非常に高価だ。素晴らしいレンズだが、コストパフォーマンスが良いとは言えない。

長所:見事な画質・優れた操作性とビルドクオリティ・フード装着時にねじ込みフィルター対応

短所:非常に高価・自社ブランドのフィルターも非常に高価

Xitek

Xitek:Z卡口大灯泡登场 尼康Z14-24/2.8S评测

  • 「大三元」と言えば各レンズ群で最もハイエンドな開放F値固定のF2.8ズームレンズを指し、広角・標準・望遠ズームレンズで構成されている。既にニコンは「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」「NIKKOR Z 70–200mm f/2.8 VR S」を投入しており、そして最後にこの「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」を発表した。
  • 「14-24mm F2.8」はニコンユーザーならばお馴染みのレンズだ。Fマウント用レンズ「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」は2007年の登場以降、長く愛され続けたレンズである。
  • このレンズの特徴は競合レンズの中では最も短く軽量であることだ。さらにニコンは前玉に両面非球面を使用し、前部の凸面を小さくしている。
  • ニコンの開発者によると、大口径・ショートフランジバックのZマウントを活かした小型軽量デザインを目指したそうだ。
  • レンズフードHB-97を使用することで、112mmのねじ込み式フィルターを使用することが出来る。さらにマウント側にリアフィルタも装着可能だ。
  • 外観は「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」とよく似ている。金環は使われておらず、全体的に黒を基調とした落ち着いたデザインである。様々な部位は金属パーツで構成されている。
  • レンズの全長はわずか124.5mm、重量は約650gだ。AF-S14-24mm F2.8G(131.5mm・970g)と比較すると、かなり軽量化されている。システム全体で考慮すると間違いなく差が付くポイントだ。
  • コーティングは24-70mm F2.8 Sと同じく、ナノクリスタルコートに加えてアルネオコートも施されている。さらに前玉にはフッ素コーティングを採用しているので汚れや埃の除去に効果的だ。
  • F2.8ズームらしく、コントロールリングとフォーカスリングが分離した「3リング体制」となっている。
  • フォーカスリングとズームリングのレイアウトはAF-Sと同じだ。回転角度も同程度なので使い慣れた操作性と感じる。
  • L-Fnボタンがあり、カメラ側でカスタマイズ可能だ。
  • レンズはタイ製だ。
  • レンズフードに112mmのフィルターを装着可能だ。角形フィルターと比べると低価格だが、それでも高価な部類のフィルターとなる。さらに112mmをラインアップしているフィルターメーカーは珍しく、選択肢が限られてくる。
  • 14mmの遠景解像はF2.8から優れた中央シャープネスを発揮する。端は少し劣るがAF-Sと比べるとまだヌケが良い描写だ。F4まで絞るとフレーム全域でシャープとなる。F5.6~F8まで絞るとさらに改善するが、大差とはならない。F11まで絞るとシャープネスが低下する。
  • 24mmの遠景解像は14mmと異なり、フレームの端が許容範囲ギリギリまで低下する。F4まで絞ると中央や周辺部や優れたシャープネスがさらに向上するが、フレームの極端はまだ少しソフトだ。F5.6~F8まで絞ると少し改善する。
  • 14mmでは明らかな樽型歪曲があり、24mmでは僅かな糸巻き型歪曲となる。これら収差は自動補正で簡単に修正可能だ。
  • 周辺減光は14mm F2.8で目立ち、F5.6まで絞っても残存する。24mmでも目立つがF5.6で大きく改善する。
  • ズームレンジ全域で軸上色収差は効果的に抑えられている。4枚のEDレンズが役に立っているようだ。
  • 14mmのボケは少し騒がしく感じる、24mmでもまだ少し騒がしいように感じる。
  • コマ収差の影響は見られない。
  • 絞ると18本の光条が確認出来る。
  • 逆光耐性は優れており、レンズフード無しでも良好なパフォーマンスを発揮する。
  • フォーカスブリージングが極僅かに抑えられている。動画撮影で特に重要なポイントだ。

小型軽量でフィルターにも対応しており、風景写真家への訴求力が高まった一本だ。優れたシャープネスの14mmや逆光耐性、色収差補正も身を見張るものがある。動画撮影での使い勝手も良く、全体的なパフォーマンスは業界トップレベルだ。
最大の問題は112mmのフィルターが高価であることだろう。将来的にサードパーティのフィルターメーカーが112mmに対応することを願っている。
高価なレンズに違いないが、キヤノンやソニーよりも低価格だ。

DPReview

DPReview:What you need to know about Nikon's new 14-24mm F2.8 S and 50mm F1.2 S Z-mount lenses

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

  • 標準レンズを探しているニコンZユーザーに朗報だ。新しいZ 50mm F1.2 Sは、手頃な価格で優れた「Z 50mm F1.8 S」とお財布に優しくない「Z 58mm F0.95 S」の間に位置するレンズだ。
  • 明らかに、とてもサイズが大きいレンズだ。フード無しでほぼ6インチの全長、82mmのフィルターソケットを持ち、Z 50mm F1.8のほぼ2倍のサイズと重量だ。光学系は150%大きく、正確にフォーカスするためのデュアルSTMモーターを搭載している。
  • 驚くべきことにキヤノン「RF50mm F1.2L USM」よりもさらに大きく重いレンズだ。
  • AI-S 50mm F1.2Sは重さ400g以下、全長わずか5cmだった。Fマウントの狭い内径に対応するF1.2を作るために妥協を伴い、特に良いレンズでは無かった。この50mm F1.2のほうが遥かに優れている。
  • 光学系は、3枚の非球面レンズと2枚のED(超低分散)レンズを含む15群17枚で構成されており、フレア、ゴースト、コマの発生を抑えるために、ニコンのナノクリスタルコーティングと最新のARNEOコーティングの両方を採用している。
    一方、歪曲収差は良好に制御され、9枚の丸みを帯びた絞り羽根は、広範囲の絞り値で玉ボケを円形に保つのに役立つはずだ。
  • Zマウントの寸法が非常に広いため、レンズの後面が非常に大きくなり、センサーに到達する光線をほぼ垂直に保つのに役立つ。
    ニコンは、このレンズの光学構造を "対称的 "と説明しており、理論的には、フレーム全体で、すべての開口部で高解像度が可能であることを意味するはずだ。
  • デュアルSTMフォーカスモーターを搭載した最新のニコンレンズとなった。従来の超音波モーターよりも静かで電力効率に優れているだけでなく、近距離でのフォーカス精度を高めている。
    最短撮影距離は0.45mで、もちろん大きなフォーカスリングを使ったマニュアルフォーカスも可能だ。バイワイヤだが正確な調整が可能である。
  • ニコンは「最小限の」フォーカスブリージング(レンズのピントを合わせると倍率が変わる)を約束しているので、動画撮影者にとっては朗報だ。

このレンズが大きいという事実は避けられないし、Z6/7はそれに比べてかなり小さく感じてしまう。しかし、オプションのグリップと組み合わせれば、これらカメラとの相性は抜群で、もちろん、将来的にはもう少し重量感のあるハイエンドのZシリーズカメラとの相性も良いのではないかと推測している。

操作面は、最近登場した他のハイエンドSシリーズとかなり似ている。コントロールリングは、露出補正や絞りを直接コントロールできるようにカスタマイズすることが可能だ(他のものもあるが、この2つが最も便利だ)。また、鏡筒上の有機ELのステータスパネルには、フォーカスと絞り+過焦点距離の情報が表示される。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

  • AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」は非常に人気のあるレンズで、何年もの間、最高の広角ズームとして君臨してきた。これはそのミラーレス版だ。
  • AF-S 14-24mm F2.8は、その巨大な前玉のおかげで、大きくて扱いにくいことで有名なレンズである。
    Z 24-24mm F2.8は、より携帯性の高い選択肢となり、かなり軽くなっている(970g/2.1ポンドに対して650g/1.4ポンド)。これは35%の軽量化である。
  • 決して小さいレンズではないが、約5インチの長さで、それは市場で最も小さく、また最も軽い14-24mm F2.8である。
  • 光学的にも、このレンズはFマウント用レンズとは全く異なる。フラットな前玉を見れば一目瞭然で、AF-S 14-24mmの大きくて膨らんだ前玉とは対照的だ。
  • 付属のHB-96フードを取り付ける必要があるものの、112mmの円形フィルターを取り付け可能だ。(もちろん、このサイズのフィルターは安いものではない)
    大きく、コストのかかる112mmフィルターを使わない場合、40.5mmのリアフィルターを装着可能だ。
  • 非球面3枚とED4枚を含む11群16枚で構成されている。50mm F1.2と同様に、ナノクリスタルとARNEOコーティングを採用している。
    ニコンは、「優れた点光源再現性」と「コマやフレアの抑制」を約束しており、広角の天体写真撮影に最適なレンズとなるはずだ。
  • 前玉にはフッ素コーティングが施されており、万が一ガラスに水分や指紋が付着した場合はメンテナンスしやすい。そしてレンズは防塵防滴仕様だ。

ニコンZ 14-24mm F2.8 Sは11月に2399ドルで発売される - 古いAF-S 14-24mmよりもかなり高価だが、うまくいけばその画質で正当化されるものである。

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25

-Nikonレンズ, Nikon広角レンズ, Nikon関連の情報, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER