Nikonレンズ Z NIKKOR レンズ 機材レビュー 海外の評価

NIKKOR Z 28-75mm F2.8 は少なくとも中央が非常にシャープ

Digital Camera Worldが「NIKKOR Z 28-75mm F2.8」のレビューを公開。隅の解像性能は絞る必要があるものの、中央はズーム全域でシャープで、価格はS-Lineの半値と高く評価しています。

Digital Camera World:Nikon Nikkor Z 28-75mm f/2.8 review: the trinity lens you didn't know you needed

外観・構造:

  • 広角は一般的な24-70mmよりも狭いが、価格が半分の大口径標準ズームレンズだ。
  • 防塵防滴仕様だ。
  • 安っぽくもプラスチッキーでもないが、S-Lineのレンズではない。

携帯性:

  • 軽量でバランスが取れている。

操作性:

  • ズーム操作は高速で正確な操作が可能である。自重落下の兆候は見られない。

フォーカス:

  • フォーカスブリージングは最小限だ。滑らかで無音のAFと組み合わせると動画撮影に最適である。
  • AFは高速だ。Z 9との組み合わせでバスケットボール選手を追いかけることが出来た。
  • 低照度でも問題なく合焦した。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は非搭載だ。

解像性能:

  • S-Lineでは無いが非常に良好な光学性能だ。
  • 中央は絞り開放からズーム全域で非常に良好だ。
  • 隅はF8くらいまで絞る必要がある。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • ボケは非常に心地よい。

色収差:

  • 全ての焦点距離で完全に無視できる。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 通常、歪曲収差は自動補正されるが、ファームウェアアップデート前のカメラでは歪曲収差を確認することが出来る。
  • 28mmでは目立つ樽型となり、50mm以上で中程度の糸巻き型歪曲だ。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

Z 28-75mm F2.8は素晴らしいレンズだ。
小型軽量、超シャープ(少なくとも中央)な光学系で、画角が狭くなる代わりに、望遠側が伸びている。24-70mm F2.8 Sの方がわずかに隅のシャープネスが優れているものの、それ以外は光学的に同程度と言える。そのため、少し風変わりな焦点距離を受け入れることが出来れば、躊躇することなく28-75mm F2.8をお勧めする。

  • 長所
    ・中央解像が良好
    ・防塵防滴
    ・AFが静かで高速
    ・フォーカスブリージングが最小限
  • 短所
    ・焦点距離は一般的ではない
    ・手ぶれ補正がない。

とのこと。
中央と隅の解像性能に大きな差があるものの、S-Lineの半値で購入することができる大口径ズームレンズと高く評価しているみたいですね。よく観察してみると玉ねぎボケの兆候も見られますが、細かいことを抜きにして使うのであれば、28-75mm F2.8は面白い選択肢となる模様。

ニコン NIKKOR Z 28-75mm F2.8 最新情報まとめ

NIKKOR Z 28-75mm f/2.8
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-