SONYレンズ SONY広角レンズ SONY関連の情報 レンズ 噂情報

3月22日登場のソニー新製品は超広角ズームレンズとなる可能性が高い?

Sony Alpha Rumorsがソニーの新製品に関する噂情報を発信。3月22日に発表と噂されているソニーの新レンズが「超広角ズームレンズ」であると複数の信頼できるソースから確認した模様。

Sony Alpha Rumors:CONFIRMED: Sony will announce a new ultra wide E-mount zoom lens on March 22

三人の信頼できるソースは、ソニーが3月22日に新しい超広角Eマウントズームレンズを発表することを確認した。

とのこと。
まさかの超広角ズームレンズとなるようです。

既にソニー純正レンズが4本、社外製レンズが2本存在する超広角ズームですが、さらにもう一つが加わる模様。どのようなパラメータのモデルとなるのか明らかになっておらず、価格帯や他0-ゲット層も不明です。これまでのところ、噂情報で耳にしたこともありません。

可能性があるとすれば、超広角ズームレンズとしては最も古い「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS」の後継モデルでしょうか?24-105mm F4や70-200mm F4は「G」シリーズのズームレンズが用意されているので、「FE 16-35mm F4 G OSS」が登場したとしてもおかしくは無いように見えます。もしくは「70-200mm F2.8 GM II」のようにG Masterレンズのリニューアルとなるのでしょうか?
個人的にはパナソニック「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」のように、超広角寄りの標準ズームレンズを見てみたいですねえ。いずれにせよ、3月22日に正式発表となると、近いうちに追加情報があるかもしれません。

参考:ソニーEマウント用の超広角ズーム一覧

噂のまとめ

α7R V

  • 2022年に登場する(下半期となる可能性が高い)
  • 半導体不足の影響で2022年後半に登場する
  • 8K 30p 全幅・Super35
  • 4K 60p 全幅・Super35

α9 III

  • 2022年に登場する(下半期となる可能性が高い)
  • 半導体不足の影響で2022年後半に登場する
  • 2022年第四四半期に登場する
  • α7R VやZV-1新型よりも後になる
  • 2400万画素
  • コアのスペックを大幅にアップグレード
  • CameraBetaの情報
    ・2400万画素
    ・新メニュー
    ・チルトモニタ
    ・4K 60p
    ・4999ドル
    ・32000元

その他

  • 未知のモデルが2022年に登場する
    ・既存カメラの後継モデルではない
  • ZV-1派生モデルが2022年Q2に登場する

交換レンズなど

  • FE 28-75mm F2.8
  • FE 24-70mm F2.8 GM G2
    ・2022年前半
  • FE 28mm F1.8 G
    ・過去に真偽不明のリーク写真あり
    ・フェイク画像だった
  • FE 85mm F1.2 GM
    ・2022年前半に登場の可能性が高い
  • FE 100mm F1.4 GM
    ・2021
    ・1599ドル
    ・950g
    ・このクラスでは最軽量
    ・マクロ対応
  • FE 150-400mm F4

ソニー関連記事

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, SONY関連の情報, レンズ, 噂情報