Nikonレンズ Z NIKKOR レンズ 機材レビュー 海外の評価

NIKKOR Z 28-75mm F2.8はS-Lineほどではないがコスパ良好の選択肢

Amateur Photographerが「NIKKOR Z 28-75mm F2.8」のレビューを公開。全体的にシャープで、小型軽量なレンズと評価しつつ、操作性やコーティングなどを指摘しています。

Amateur Photographer:NIKON NIKKOR Z 28-75MM F/2.8 REVIEW

外観・構造:

  • このクラスのレンズから予想できるように、大部分がプラスチック製の構造だ。
  • マウントは金属製で質感が高い。
  • レンズフードが付属している。

携帯性:

  • プラスチック外装だが軽量化に役立っている。
  • 重量は565gで旅行などに良い選択肢となる。
  • 120.5mmという長さ(ズームを伸ばすと長くなる)は、フルサイズミラーレスと組み合わせた際のバランスが良好だ。
  • APS-Cでも使用することは可能Daが、バランスはあまりよくない。

操作性:

  • レンズにはスイッチ類が一切なく、ボタン類もないため、マニュアルフォーカスとオートフォーカスの切り替えなどは、カメラ本体で行う必要がある。
  • 2つのリングがあるだけだ。
  • 大きい方のリングが鏡筒の約半分を占めていて、ズームを操作するのに使われる。28mm、35mm、50mm、75mmの焦点距離で表記され、目視だけで素早くズームを調整できるようになっている。
  • 2つ目のリングは、鏡筒の3分の1ほどを占める細身のリングで、マニュアルフォーカスから絞り、ISO、露出補正まで、好みの機能をコントロールできるようカスタマイズできる。
  • 2つのリングはファインダーを覗きながら撮影しても混同することはほとんどないはずだ。

フォーカス:

  • Z7 IIと組み合わせて、大部分の状況で高速かつ静かにフォーカスできた。
  • としても静かに動作し、動画撮影時も無音で動作する。
  • 非常に暗いところでは、少しハンチングする傾向が見られるが、大きな問題ではなく、フォーカスの誤認識もない。
  • 動く被写体を撮影する人には魅力的なレンズではないかもしれないが、極端に小さい被写体からフレーム内に大きく写る被写体まで、さまざまな被写体にピントを合わせることができる。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • S-Lineではないので、シャープネスにそれほど期待をしていなかった。しかし、ズーム全域、そしてフレーム全域において、まったく問題のない結果を得ることが出来た。
  • 等倍でじっくり観察したり、複雑なディテールを持つ被写体を撮影したりしないのであれば、このレンズは正しい選択肢となるだろう。
  • 最小絞りであるF22では、ややソフトな印象だ。
  • 最もシャープな結果は、F4からF16の間で得ることが出来る。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • Sシリーズには及ばないが、28-75mmの描写は非常に良く、様々な被写体に対応できる。ボケ味も良好で、心地よい柔らかな描写だ。

色収差:

  • RAWやJPEGに自動的にプロファイルを適用し、色収差の問題を補正している。
  • 全体として、ほとんどの画像でほとんど問題は無いが、フレーム内に高コントラストの領域が多くあるシーンをよく観察すると、色収差の痕跡を見つけることができる。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • RAWやJPEGに自動的にプロファイルを適用し、歪曲収差の問題を補正している。
  • このようなレンズでは歪曲はあまり気にならないと思うが、直線が多い被写体の場合、よく観察してみると若干の歪みが見られる。

周辺減光:

  • F2.8で撮影した場合、無地の壁などを撮影すると周辺減光が目立つことがある。
  • それなりに賑やかなシーンであれば、特に気になるような光量落ちはない。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 他のニッコールレンズのような特殊コーティングは施されていない。
  • しかし、直接太陽に向かって撮影しない限り、大きな問題にはならない。

総評

日常的に使用できる汎用性の高いレンズだ。
焦点距離は幅広い被写体に適しており、デザイン、重量、サイズは旅行に最適で、口径は大きく、価格は比較的安価である。もちろん、妥協したレンズでもあるので、優先順位によっては魅力が半減する。画質は良好だが、(さすがに)高価なZシリーズには敵わない。特殊なコーティングが施されていないため、逆光耐性が完璧とは言えない。

F2.8という大口径の選択肢が欲しいが、24-70mm F2.8までお金をかけたくないという方には、有力な選択肢になるだろう。

とのこと。
ニコン純正のF2.8標準ズームとしては驚くほど手ごろな価格でコンパクトなレンズですね。タムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」との関係性を指摘するレビュワーもいますが、Amateur Photographerは特に言及していません。大口径ズームとしては小型軽量で、良好な光学性能を評価している模様。ただ、S-Lineほどではないと記事中で何度も強調しています。もしも口径にこだわらないのであれば、「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」や「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」も検討してみると良いかもしれませんね。

ニコン NIKKOR Z 28-75mm F2.8 最新情報まとめ

NIKKOR Z 28-75mm f/2.8
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-