Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ レンズ

キヤノンRF85mm F1.2L USM驚異的な描写性能だが価格とサイズ・重量への妥協が必要 【海外の評価】

スポンサーリンク

PhotographyBlogがキヤノンのミラーレス用交換レンズ「RF85mm F1.2L USM」のレビューを掲載しています。

Canon RF 85mm f/1.2L USM Review

  • このレンズの重量は1195g、全長は約12cmだ。「EF85mm F1.2L II USM」よりも大きく重いレンズである。
  • EOS RPと組み合わせると過度なフロントヘビーとなる。片手での手持ち撮影は不可能だ。
  • ビルドクオリティはとても優れている。光学手ぶれ補正を備えていないのでシャッタースピードの管理や手持ち撮影の技術が重要となってくる。
  • フォーカスリミッターを備えているので、必要に応じて合焦速度の改善が可能だ。
  • 大きなレンズの塊であることを考慮するとフォーカススピードは非常に速い。被写体を0.15秒で捕捉する。
  • 低照度における集光性能が高いので暗所でもAFの迷いはあまり無かった。USMモーターは静かで動画撮影にも適している。
  • 色収差をとても良好に補正している。テストでは極僅かな痕跡しか見つけることが出来ない。
  • F1.2の状態で周辺減光が目に付く。解消するにはF2.8以上に絞る必要がある。
  • 歪曲収差を良好に補正している。
  • ボケはとても心地よい描写だ。
  • シャープネス:絞り開放から中央もフレーム端も優れた画質だ。F1.4~F11の間では抜群のパフォーマンスを発揮する。F16まで絞ると回折の影響で解像性能が低下する。

非常に高価なレンズではあるが、サイズと重量を気にしなければ価格以上の価値を得ることが出来る。F1.2の絞り開放から驚異的な描写性能のレンズだ。信じられないほど高価だが、おススメするのは簡単だ。

PhotographyBlog:Canon RF 85mm f/1.2L USM Review

とのこと。
絞り開放から非常に優れた解像性能を発揮するみたいですね。2600万画素のEOS RPや3000万画素のEOS Rではもったいない分解能を持つ模様。実写作例を確認してみも、確かにシャープ描写でボケも綺麗。
BRレンズの恩恵も確かにあるようです。条件の厳しい被写体を撮影しても前後のボケに色収差が目立たないのは嬉しいですね。

現在新品価格は約28万円。他社と比べると遥かに高価なレンズとなっていますが、「F1.2」「BRレンズ」「光学性能」あたりを併せ持つレンズ少ない。ベストを尽くすのであれば一つの選択肢と言えます。

RF85mm F1.2L USMのレビュー・作例を集めているページはコチラ

RF85mm F1.2L USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズポーチ LP1424
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード ET-89
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズキャップ E-82 II
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズダストキャップ RF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

スポンサーリンク

関連レンズ

RFマウント

EFマウント

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, レンズ
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~