SIGMAレンズ カメラ レンズ

IMAGING RESOURCEが「150-600mm F5-6.3 DG DN OS」の作例を公開

IMAGING RESOURCEがシグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports」のサンプルギャラリーを公開。6100万画素のα7R IVと組み合わせた作例を公開しており、最後に定点撮影のテストショットを掲載しています。

IMAGING RESOURCE:Sigma 150-600mm f/5-6.3 DG DN OS Sports

シグマは、フルサイズEマウントおよびLマウントのミラーレスカメラ用の新レンズ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports」を発表した。このレンズは、優れた性能と豊富な汎用性を備え、そして高いコストパフォーマンスの見事なレンズである。

野生動物、スポーツ、風景、モータースポーツなど、さまざまなシーンで活躍するレンズとして開発された。15群25枚の最新の光学設計を採用し、高品質な描写を実現している。

150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sportsは、今月末にEマウントとLマウントで発売され、価格は1,500米ドルだ。

シグマのミラーレス用レンズとしては初となるSportsラインのレンズであり、同時に最も長焦点をカバーするレンズですね。光学性能は一眼レフ用からさらなる高みを目指したらしく、4枚のFLDレンズの他にも高級ガラスを贅沢に使用している模様。MTF曲線を見る限り望遠端のパフォーマンスが見違えるように向上しているのが特徴的。

DPReviewのサンプルギャラリーは4700万画素のLUMIX S1Rでしたが、IMAGING RESOURCEはさらに高解像なα7R IVを使用して撮影しています。最後には恒例の撮影地点での定点撮影の結果を掲載。実際に作例を確認してみると、150mmから600mmまで、6100万画素のα7R IVでも非常に良好な結果を得られているように見えます。DPReviewTVのレビューでは600mmの隅が少しソフトと指摘していましたが、あれは近距離でのテストが原因だったのかもしれませんね。
ちなみに接写時でも中央領域は非常にシャープです。長いワーキングディスタンスと高い撮影倍率、そしてシャープな光学性能を活かすことで小さな被写体の撮影もできてしまうのは良いですねえ。ただし、広角端と望遠端で最短撮影距離が2m以上差があるのは慣れが必要かもしれません。

国内での販売価格は不明ですが、海外では1499ドルで販売開始となっています。タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」の売り出し価格が1399ドルだったことを考えると、日本国内では15万円を超えるていどでしょうか?Spotrsラインとしては安く、入手しやすいレンズとなりそうです。

シグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ
-