Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」レンズレビュー ボケ編

タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」のレビュー第五弾を公開。

まえがき

2018年に登場した「28-75mm F/2.8 Di III RXD」から始まった「フルサイズDi IIIシリーズ」は急速にレンズラインアップを拡大、2020年末までに8本のレンズが登場しました。当初は標準・広角域のレンズが多かったものの、2020年に入ってから「70-180mm F2.8」「28-200mm F2.8-5.6」「70-300mm F4.5-6.3」など、望遠域をカバーするズームレンズを立て続けに投入。着実にラインアップの穴を埋めつつあります。

それでも埋まっていなかった穴が300mmを超える超望遠域。このクラスは他社を見渡しても選択肢はまだ少なく、特に手ごろな価格帯はシグマしかありません。そこに満を持して登場したのが、このタムロン製のソニーEマウント用超望遠ズームレンズ。望遠端500mmと手ごろな長焦点をカバーしつつ、レンズサイズを100-400mmタイプに寄せた携帯性の高いズームレンズに仕上がっています。

概要
レンズの仕様
マウント Sony E 最短撮影距離 0.6-1.8m
フォーマット フルサイズ 最大撮影倍率 1:3.1-1:3.7
焦点距離 150-500mm フィルター径 82mm
レンズ構成 16群25枚 手ぶれ補正 対応
開放絞り F5-6.7 テレコン -
最小絞り F22-32 コーティング BBAR-G2・防汚
絞り羽根 7枚 円形
サイズ・重量など
サイズ φ93.0×209.6mm 防塵防滴 対応
重量 1.725g AF VXD
その他 ズームロック・手ぶれ補正スイッチ
付属品
レンズフード・三脚座・説明書・保証書

コンパクトサイズ

一つ目の特徴はレンズのコンパクトさ。
レンズサイズは100-400mmクラスとほぼ同じで、ソニー純正「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」と比べると遥かに小さく軽い。100-400mmと同程度のサイズに抑えることで、収納するカメラバッグの選択肢が広がり、持ち歩く機会は自ずと増えると思われます。事実、高性能なFE 200-600mmはサイズが大きすぎて常用するには苦痛と感じるレンズでした。(インナーフォーカスで便利なレンズに違いはないのですが…)
このレンズは500mmをカバーする超望遠ズームとしては携帯性に優れていると言えるでしょう。サードパーティ製Eマウントレンズはテレコンなどのアクセサリー提供を禁止されているらしいので、それを踏まえたうえで、400mmよりも長い焦点距離を導入したかったのかもしれません。

豊富なコントロールと機能性

従来の「タムロンDi IIIシリーズ」は「67mmフィルター径・シンプルな外装・手ぶれ補正はボディ依存」などで統一感のあるレンズ群でした。しかし、この150-500mmには豊富な物理コントロールと光学手ぶれ補正を搭載し、フィルター径は82mmと大きなサイズを採用。開放F値を抑えてコンパクトサイズを実現しているのは理解できるものの、従来のタムロンDi IIIシリーズとは一線を画すデザイン。

オートフォーカスにはリニアモーター駆動である「VXD」を採用。「70-180mm F/2.8 Di III VXD」のようなマルチフォーカスシステムではありませんが、高トルクでギアレスの駆動系となるため、静音性の高い高速AFを期待できると思います。全体的に最短撮影距離が短く、ソニー純正「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」と比べて寄りやすいのは強みの一つ。

ズームリングには独自のロック機構「フレックスズームロック」を搭載。任意の焦点距離でズームリングをスライドすることでリングを固定し、レンズを支える左手での誤操作を予防すること可能。また、150mmの広角端でリングを固定する通常のロックスイッチも搭載しています。

手ごろな価格設定

売り出し価格の最安値は「143,550円」。
Di IIIシリーズとしては比較的高めのレンズですが、500mmをカバーする超望遠ズームレンズとしてはまずまず手ごろな価格設定に見えます。買い方次第ですが、12万円台(ポイント還元やクーポンなど)で購入することも可能。果たしてこの価格設定が安いのか高いのか?これから様々な観点からレンズをチェックしてみたいと思います。

前後ボケ

綺麗なボケ・騒がしいボケとは?

ボケの評価は主観的となりがちですが、個人的には「滲むように柔らかくボケる」描写が綺麗と感じます。逆に、「急にボケ始めたり、ボケの輪郭が硬い」描写を好ましくないと感じています。

描写傾向の違いは主に球面収差の補正状態によって変化し、前後どちらかのボケが柔らかい場合はもう片方のボケが硬くなる傾向があります。また「アポダイゼーション光学素子」などを使って強制的に滲むボケ描写を実現しているレンズも存在します。

実写で確認

150mm

前後に偏りのないニュートラルなボケ。滲むような柔らかいボケではないものの、ボケの縁取りや軸上色収差による色づきが少なく、全体的に悪くない描写だと思います。むしろこの価格帯の超望遠ズームレンズとしては評価したいポイント。ピント位置によって若干ながら後ボケが硬く見えるかもしれませんが、基本的にはニュートラルで扱いやすいボケと感じるはず。

500mm

基本的に150mmと同傾向。とても綺麗なボケだと思います。(柔らかいとは言っていない)

玉ボケ

口径食・球面収差の影響

口径食が強いと、四隅が楕円状に変形したり、部分的に欠けてしまったりします。これを解消するには絞りを閉じるしかありません。しかし、絞ると羽根の形状が見えてしまう場合もあるので状況に応じてF値を変化させる必要あり。

逆に口径食の影響が少ないと、絞り開放から四隅まで円形に近いボケを得ることが出来ます。これは玉ボケに限った話ではなく、一般的な四隅のボケ描写の質感にも繋がります。口径食が強いと、ボケ量が少なく感じたり、四隅のボケが荒れてしまう場合もあるため、口径食の小さいレンズが好ましい。

球面収差の補正が完璧では無い場合、前後のボケ描写に差が発生します。この場合はどちらかが滲みを伴う滑らかな描写になり、反対側で2線ボケのような硬い描写となってしまいます。

実写で確認

150mm

レンズには2枚の複合非球面レンズを使用。玉ボケは非球面レンズ未使用のレンズと比べて内側の描写にムラがあるものの、タムロンレンズにありがちな玉ねぎボケ(輪線ボケ)は目立ちません。縁取りも弱く、比較的綺麗な描写に見えます。
口径食は中程度で見苦しさは無いものの、これを解消するにはF8付近まで絞る必要あり。

200mm

150mmと同じく、中程度の口径食で比較的綺麗な玉ボケの描写。F8まで絞ると、円形を保ちつつ口径食の影響を低減することが出来ます。

300mm

全体的に150mm・200mmと同じ傾向です。

400mm

150~300mmと比べると口径食が強くなり、F8まで絞っても僅かに影響が残ります。

500mm

口径食の影響は400mmと同程度。極端に悪くありませんが、四隅のボケが場合によって多少小さくなる可能性あり。

実写のボケ

150mm

小ボケをよく観察すると、玉ボケのわずかな騒がしさに気が付くかもしれません。しかし、それ以外は特に大きな問題もなく。全体的に見栄えの良いボケ描写に見えます。光学3.33倍の手ごろな超望遠ズームとしては良好。

200mm

やはり玉ボケに若干の騒がしさを感じるものの、前後のボケは綺麗で、大きな問題は見当たりません。「200mm F5.0」でポートレートを撮影するのもやぶさかではない感じ。

300mm

ボケが大きくなると、玉ボケの騒がしさは目立たなくなります。広角側と同じく前後のボケはとても綺麗で扱いやすい描写に見えます。軸上色収差などの影響がほとんど見られないのもGood。

400mm

テスト撮影と同じく、300mmまでと比べると口径食が強くなります。ただし、大きなボケを得やすくなるのでボケが必要なシーンで口径食が気になる場面は少ないはず。全体的にボケは綺麗で、柔らかくさえ見えます。全体的なコントラストも程よく、個人的にはとても好ましい描写。

500mm

400mmと同じく口径食が強めに現れますが、ボケが大きくなるので問題と感じるシーンは少ないと思います。口径食はF11まで絞ってもいくらか残り、F16まで絞ると解消します。

今回のおさらい

客観的に見ると、前後に偏りがなく、軸上色収差による色づきが無く、広角~中間まで口径食が小さい、とても扱いやすいボケです。玉ボケや前後のボケ描写は評価が主観的となりますが、ズームレンズとしては滑らかで綺麗な描写に見えます。野鳥やアクション・スポーツのみならず、ネイチャーやポートレートにも使いやすいのではなかなと。

10万円ちょいの超望遠ズームで汎用性が高く、機能的で、解像性能も安定しており、ボケも良い。
これと言った欠点もなく、おススメしやすいレンズに仕上がっていると感じます。

購入早見表

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,