Canonレンズ Canon広角レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノン「RF14-35mm F4 L IS USM」のスペック噂情報

近日登場と噂の「RF14-35mm F4 L IS USM」と思われるスペック情報が出回り始めました。F2.8Lと比べると小さく、軽く、14mmをカバーしつつ、最大撮影倍率0.39倍と汎用性の高いズームレンズに仕上がっている模様。

RF15-35mm F2.8 L IS USMと比べると一回り小さく、軽く、携帯性の良い広角ズームレンズに仕上がっているようです。さらに広角14mmに対応し、35mmで0.38倍の撮影倍率を備えているのは凄いですね。価格設定は今のところ不明ですが、RF70-200mm F4 Lと同程度の値付けとなるのでしょうか?出来れば10万円台前半でお願いしたいところですが…。しかし、利便性向上を考えると10万円台後半の可能性は高そうに見えます。

14-35mm F4 15-35mm F2.8
レンズ構成 12群16枚 12群16枚
最短撮影距離 0.2m 0.28m
最大撮影倍率 0.15倍-0.38倍 0.21倍
絞り羽根 9枚 9枚
フィルター径 77mm 82mm
サイズ φ84.1 x 99.8mm φ88.5mm×126.8mm
重量 540g 840g

噂のまとめ

  • 最新の商品リストに以下の2点が掲載されている
    ・「RF14-35mm F4 L IS USM」(4857C005)
    ・「EW-83P」(4859C001)
  • キヤノンの未発表レンズが認証機関に登録されている
    ・「4857C005」
  • 7~8月に登場と噂
  • 近いうちに以下の2本が登場する
    ・RF70-400mm F5.6-7.1 IS USM
    ・RF16mm F2.8
  • レンズ構成:12群16枚
  • 最短撮影距離:0.2m
  • 最大撮影倍率:0.15倍-0.38倍
  • 絞り羽根:9枚
  • フィルター径:77mm
  • サイズ:φ84.1 x 99.8mm
  • 重量:540g

参考:ニコンとの比較

ニコンは沈胴式ズームを採用し、望遠端を30mmとすることでよりコンパクトに仕上げています。ただし、最大撮影倍率はキヤノンのほうが良好で、重量はそこまで差が無い模様。さらに手ぶれ補正搭載と考えると魅力的な選択肢と言えそうです。

14-35mm F4 14-30mm F4
レンズ構成 12群16枚 12群14枚
最短撮影距離 0.2m 0.28m
最大撮影倍率 0.15倍-0.38倍 0.16倍
絞り羽根 9枚 7枚
フィルター径 77mm 82mm
サイズ φ84.1 x 99.8mm φ89mm × 85mm
重量 540g 485g

参考:EOS R関連の噂情報

EOS Rカメラに関する噂

ボディ

  • EOS R3
    ・開発発表済み
  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS RPに代わる新しいエントリーモデル
    ・EOS RPよりも低価格
    ・2021年前半
    ・999ドル以下
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • EOS RP後継の上位ボディ
    ・EOS RPよりも高価
    ・EOS R6とRPの中間
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • APS-C RF
    ・2021年発表の可能性がある
    ・2021年後半
    ・静止画と動画の両方で訴求力がある
    ・EOS RPより小さくなるわけではない
    ・RF-Sレンズの計画はない
    ・新型APS-Cセンサー
    ・新型APS-Hセンサー
    ・2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
    ・DIGIC Xプロセッサ
    ・デュアルピクセルCMOS AF II
    ・4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
    ・5軸ボディ内手ぶれ補正
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF14-35mm F4L
    ・次に登場する新レンズ
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF100-400mm f/5.6-7.1 IS USM
    ・このコンシューマーグレードのレンズは2021年第2四半期の終わりに発表される予定だった
    ・少なくとも6か月は延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF200-500mm F4 L IS USM
    ・2022年

参考:現行のRFレンズ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon広角レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-