Canonレンズ Canon標準レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

キヤノン「RF50mm F1.8 STM」徹底レビュー ボケ描写編

このページではキヤノン「RF50mm F1.8 STM」のボケ描写に関するレビューを掲載しています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  •  2020年12月24日 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:5群6枚
  • 開放絞り:F1.8
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:7枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.30m
  • 最大撮影倍率:0.25倍
  • フィルター径:φ43mm
  • レンズサイズ:φ69.2×40.5mm
  • 重量:160g
  • ステッピングモーター駆動
  • コントロールリング搭載

2020年末に登場したRFマウントの低価格な標準単焦点レンズです。高価なレンズが多いRFレンズ群の中では最も安く、最も軽量に仕上がっています。

立ち位置としては、2015年に登場した一眼レフ用レンズ「EF50mm F1.8 STM」のRFマウント版と言って間違いないでしょう。所謂「撒き餌レンズ」です。レンズ設計は一新され、ミラーレス専用設計となり、価格は少し高くなってしまいましたが、手ごろな価格の単焦点レンズに違いありません。

この新しい50mm F1.8はPMo非球面レンズを一枚使用して周辺画質を改善しているとのこと。MTFを見る限りでは、確かに非点収差が良く抑えられているように見えます。四隅は相変わらずと言ったようにも見えますが、フレームの大部分は良好な画質を期待できそうですね。

レンズサイズはEF50mm F1.8 STMと同程度。つまり、EOS Rシステムで使う限り、アダプター経由で使う必要のないRF50mm F1.8 STMのコンパクトさが際立つことになります。これは他社のミラーレス用50mm F1.8と比べても小さく、非常にコンパクトな50mmと言えるでしょう。

さらにEF50mm F1.8 STMから最短撮影距離を5cm短縮し、撮影倍率は0.25倍を実現。とても寄りやすいレンズに仕上がっているのもGood。当然ながら、それだけボケも大きくすることが出来ます。

フォーカスは従来通りステッピングモーター駆動のレンズ繰り出し方式。フォーカス速度はあまり期待しないほうが良いでしょう。とは言え、RFマウント専用設計・ミラーレス専用設計で従来品と比べて改善している可能性あり。

フォーカスリングはRF24-240mmと同じようにコントロールリング共用となっています。レンズ側面に「AF/MF」スイッチの代わりに「フォーカス/コントロール」スイッチを搭載して切り替えることが可能です。無段階操作のため、Lレンズのようなクリック感のあるコントロールリングとはなりません。

価格のチェック

売り出し価格は25,000円前後。撒き餌レンズとしては少し高くなってしまいましたが、それでも手ごろな価格設定と言えるでしょう。問題は在庫であり、2020年12月現在、納期未定の品薄状態が続いています。価格で迷っているくらいであれば、早めに注文して、納品までに貯金しておいたほうが良さそう。

前後ボケ

綺麗なボケ・騒がしいボケとは?

ボケの評価は主観的となりがちですが、個人的には滲むように柔らかくボケるのが綺麗と感じます。逆に、段階的にボケず、急にボケ始める描写を硬調で好ましくないと感じます。

実写で確認1

若干癖のあるボケ質で、正直に言うと滑らかなボケ質ではありません。このあたりは低価格の50mm F1.8に期待すべきでは無いでしょう。

前後の質感に顕著な違いは見られません。基本的にはニュートラルに見えます。EF50mm F1.8 STMとレンズ設計が異なるものの、ボケ質に大きな差はありません。

実写で確認2

屋外にはピント距離を変化させながらテスト。まず至近距離でテストした作例がコチラ。
近距離では後ボケが大きくなり軸上色収差の影響が目立たず、マイルドな描写です。悪くないボケ質ですが、口径食はやや強めに発生します。

F2.8まで絞ると口径食がほぼ解消され、四隅まで均質なボケ量を得ることが可能です。残存する色収差も抑えられるため、見栄えの良い描写です。個人的にはEF50mmと同じくF2.4~F2.8の絞り値がお気に入りです。F4以降は被写界深度の調整で利用すればOK。ただしF5.6以降は玉ボケが角ばり始めるので注意が必要です。

EF50mmと比べて大きな差はありません。

実写で確認3

少し距離が開くと、ハイライトにおけるボケの縁取りが強くなります。恐らく色収差によるものかと思います。このボケ量であれば、まだ目立つシーンは少ないと思いますが、気になる場合はF2.4前後まで絞るのがおススメ。色収差と口径食の影響がマイルドとなり、騒がしさを低減できます。

EF50mmはRF50mmと比べて僅かに縁取りが強く見えます。

実写で確認4

ボケ量が小さくなると、全体的に見て周辺や四隅のボケが硬調に見えます。特にハイライトにおける色収差の影響は顕著となるため、絞りで調整したいところ。

EF50mmとの違いはほとんどありません。敢えて言えば、EF50mmの縁取りが少し強めですがじっくり見比べないと判断付かない程度です。

実写で確認5

さらに距離を開けると、50mm F1.8ではボケが大きくなりません。中央はまずまず良好なボケ質ですが、四隅に向かって悪化します。EF50mmよりも周辺部の描写が良好に見えます。四隅は同程度。

F2.8まで絞ればフレームの大部分はマイルドで良好なボケとなるものの、被写界深度が深く、ボケは大きくなりません。

玉ボケ

口径食・球面収差の影響

口径食が強いと、四隅が楕円状に変形したり、部分的に欠けてしまったりします。これを解消するには絞りを閉じるしかありません。しかし、絞ると羽根の形状が見えてしまう場合もあるので状況に応じてF値を変化させる必要あり。

逆に口径食の影響が少ないと、絞り開放から四隅まで円形に近いボケを得ることが出来ます。これは玉ボケに限った話ではなく、一般的な四隅のボケ描写の質感にも繋がります。口径食が強いと、ボケ量が少なく感じたり、四隅のボケが荒れてしまう場合もあるため、口径食の小さいレンズが好ましい。

球面収差の補正が完璧では無い場合、前後のボケ描写に差が発生します。この場合はどちらかが滲みを伴う滑らかな描写になり、反対側で2線ボケのような硬い描写となってしまいます。

実写で確認1

最短撮影距離付近では口径食が弱く、無限遠では強めの描写。四隅の前ボケが大きくなるシーンでは少し騒がしくなる可能性があります。特にハイライトが混じるとパープルフリンジとして目立つかもしれません。

実写で確認2

コマ収差テストと同じ撮影距離にて、点光源を少しボケした状態で撮影。御覧のように、中央と四隅でボケ量が大きく異なっているのが分かります。特に四隅の玉ボケは縁取りが強く、騒がしい描写となるので気を付けたほうが良いでしょう。

実写で確認3

最短撮影距離付近でF1.8からF22までの絞り値を使って撮影。このピント距離では口径食の影響が小さく、F2.8まで絞ると四隅まで均質なボケ量を得られることが分かります。非球面レンズを1枚使用していますが、その影響は小さく、ムラの目立たない玉ボケ。EF50mmと見比べてボケ質に大きな差はありません。

まとめ

良くも悪くも手ごろな価格の50mm F1.8らしい描写です。EF50mm F1.8 STMから僅かな改善が見られるものの、全体的に見ると変わり映えしない描写と感じるはず。最短撮影距離が短くなっているため、0.3mの撮影距離ならばEF50mm F1.8よりも大きなボケを得ることが可能。この際のボケは色収差の影響も少なく綺麗な描写を楽しむことが出来ます。

その一方で、少し距離が開くと四隅に向かってボケが小さくなり、少し硬調で色収差が目に付く描写となります。特にハイライトのボケが悪目立ちする場合はF2.4前後まで絞るのがおススメ。ボケ量は小さくなりますが、絞り開放を使うより効果的な視線誘導を狙える場合もあります。

購入早見表

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon標準レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,