OLYMPUSレンズ Olympus関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

マニュアルフォーカスクラッチ機構を一時的にロックするオリンパスの特許出願

【広告】オリンパス直営店でPEN-F+12mm F2レンズキットの在庫復活!

スポンサーリンク

2020年5月7日付けでオリンパスの気になる特許出願が公開されています。誤操作が多いと言われるマニュアルフォーカスクラッチ機構用のロック装置に関する特許となっていますね。個人的にはズームリングのロックが欲しいところですが…。

  • 【公開番号】特開2020-71315(P2020-71315A)
  • 【公開日】2020年5月7日
  • 【発明の名称】レンズ鏡筒
  • 【出願日】2018年10月30日
  • 【出願人】
    【識別番号】000000376
    【氏名又は名称】オリンパス株式会社
  • 【課題】不用意にフォーカスリングの切換操作が行われないように工夫した移動切換機構を備えたレンズ鏡筒を提供する。
  • 本発明は、上述した点に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、マニュアルフォーカスクラッチ機構を備えたレンズ鏡筒において、不用意に切換操作が行われないように、充分な強度を有し、かつ簡単にロック操作及びロック解除操作を行ない得る移動切換機構を備えたレンズ鏡筒を提供することである。

  • 【公開番号】特開2020-71314(P2020-71314A)
  • 【公開日】2020年5月7日
  • 【発明の名称】レンズ鏡筒
  • 【出願日】2018年10月30日
  • 【出願人】
    【識別番号】000000376
    【氏名又は名称】オリンパス株式会社
  • 【課題】不用意に切換操作が行われないように充分な強度を有しかつ簡単にロック操作及びロック解除操作を行ない得る移動切換機構を備えたレンズ鏡筒を提供する。
  • 本発明は、上述した点に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、マニュアルフォーカスクラッチ機構を備えたレンズ鏡筒において、不用意に切換操作が行われないように、充分な強度を有し、かつ簡単にロック操作及びロック解除操作を行ない得る移動切換機構を備えたレンズ鏡筒を提供することである。

オリンパス「M.ZUIKO PRO」レンズシリーズで採用しているマニュアルフォーカスクラッチの誤操作を防ぐロック機構の特許ですね。「マニュアルフォーカスクラッチ」はフォーカスリングを前後にスライドすることでAFとMFを素早く切り替えることが出来る機能です。

マニュアルフォーカスクラッチを知らない人からすると「壊れている!」と誤解する人もいるっぽいので、ロック機能が有ると便利ですね。個人的にはあまり必要ないのですけども…むしろズームリングのロックが欲しい…。

実施例では実際に市販されている交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」を例に挙げ、2種類のロック機構をそれぞれ出願しています。300mm F4にはフォーカスリングの手前に回転するロックリングを、12-100mm F4にはスイッチを配置しています。

このロック機構を搭載するため「現行モデルのII型」が登場するとは思えませんが、今後登場するPROレンズにはこのようなロック機構が備わっているかもしれません。

MFクラッチ機構搭載モデル
スナップショットフォーカス機構搭載モデル

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-OLYMPUSレンズ, Olympus関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.