Samyangレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

サムヤン「AF 85mm F1.4 RF」徹底レビュー ボケ描写編

サムヤンのRFマウント用交換レンズ「AF 85mm F1.4 RF」のボケ描写に関するレビューを公開。少し癖のあるボケ描写ですが、柔らかい後ボケは必見。小ボケ領域は比較的ニュートラルに仕上がっているのが面白いポイント。

まえがき

AF 85mm F1.4 RFのおさらい

レンズ概要

  • 2020年 9月18日 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:8群11枚(EDレンズ1枚・HRレンズ4枚)
  • 開放絞り:F1.4
  • 最小絞り:F16
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.90m
  • 最大撮影倍率:0.11倍
  • フィルター径:φ77mm
  • レンズサイズ:φ88.0×99.5
  • 重量:582g
  • デュアル超音波モーター
  • 防塵防滴
  • アルミニウム外装
  • ウルトラマルチコーティング

2020年現在、サムヤンはキヤノンRFマウントで唯一のサードパーティ製レンズメーカーです。今のところ、超広角レンズ「AF 14mm F2.8 RF」と中望遠レンズ「AF 85mm F1.4 RF」を投入しています。

カメラとの互換性はリバースエンジニアリングで成り立っているため、レンズのファームウェアアップデートには別売り「Lens Station」が必要です。最新ファームウェアアップデートではEOS R5やR6のボディ内手ぶれ補正に対応しています。やや高価なアクセサリーですが、今後もサムヤン製レンズが増えてくると見込んで購入しておくのも一つの手と言えるでしょう。

この85mm F1.4は先行してソニーEマウント用として売り出され、高い評価を得ています。8群11枚のレンズ構成には1枚のEDレンズと4枚の高屈折レンズを使用し効果的に収差を補正。オートフォーカスにはリニア式の超音波モーターを導入して静かで滑らかなAFを実現しているとのこと。さらにサムヤン製レンズとしては珍しく防塵防滴仕様と言うのも嬉しいですね。

価格のチェック

市場価格は7~8万円。純正「RF85mm F1.2L USM」と比べると遥かに手頃な価格設定です。「RF85mm F2 Macro IS STM」とどちらを購入しようか迷うところですが、マクロなどクローズアップが必要であれば純正RFを、明るさやボケ量、そして防塵防滴が必要ならばサムヤンを選ぶと良いでしょう。

AF 85mm F1.4 RF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Lens Station キヤノンRF用
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

前後ボケ

基本的にニュートラル寄りのボケですが、わずかに前ボケが柔らかい描写に見えます。ボケそのものは滑らかで柔らかい描写に見えます。しかし、軸上色収差の影響で前後ともに、ボケに色が乗ってしまい騒がしく見えてしまいます。

この色収差が気になるシーンは少ないですが、小ボケ領域、特に四隅でボケが小さくなるシチュエーションでは気を付けたいところ。

ボケが少し大きくなると、色収差の問題はグッと改善します。

実写 1

F1.4

個人的な見解としては、非常に柔らかく綺麗な描写と感じます。特に中央は縁取りが弱く、滲むようなとても柔らかい描写がGood。ただし、ピント面直後の小ボケ領域は少し騒がしい。

四隅で口径食の影響が見られるものの、特に大きな問題は見られません。

F2.0

軸上色収差や四隅の口径食がグッと抑えられ、バランスが良く高水準な描写。個人的にF1.8~F2.0がスウィートスポットと感じています。

F2.8

ここまで絞ると、中央が僅かに硬さを感じ始めます。それでも、まだまだ良好と言える描写。

実写2

F1.4

特に注目したいのはフレーム四隅の木漏れ日。一般的に、このようなボケ量は四隅で荒れやすくなります。実際に確認してみると、比較的安価な大口径レンズとしては上手く抑えられています。

ただし、軸上色収差の補正が完璧では無いので、全体的にボケへ色づきが発生しているのが惜しい。この点でシグマ85mm F1.4 DG DNが上手。

F2.0

やはりF2まで絞ると軸上色収差が抑えられ、目障りな色づきが低減します。その一方、絞り開放の柔らかい描写が失われてしまうので気を付けたいところ。状況に合わせてF1.4~F2.0を使い分けたい。

F2.8

色収差はほぼ解消。とは言え、ボケ量がかなり小さくなるのが悩ましいところ。この距離感で撮影するのであれば、F2あたりまでに抑えたい。

玉ボケ

口径食・球面収差の影響(例)

口径食が強いと、四隅が楕円状に変形したり、部分的に欠けてしまったりします。これを解消するには絞りを閉じるしかありません。しかし、絞ると羽根の形状が見えてしまう場合もあるので状況に応じてF値を変化させる必要あり。

逆に口径食の影響が少ないと、絞り開放から四隅まで円形に近いボケを得ることが出来ます。これは玉ボケに限った話ではなく、一般的な四隅のボケ描写の質感にも繋がります。口径食が強いと、ボケ量が少なく感じたり、四隅のボケが荒れてしまう場合もあるため、口径食の小さいレンズが好ましい。

球面収差の補正が完璧では無い場合、前後のボケ描写に差が発生します。この場合はどちらかが滲みを伴う滑らかな描写になり、反対側で2線ボケのような硬い描写となってしまいます。

実写で確認

F1.4の大口径レンズらしく、口径食は強め。円形を維持しているのは中央だけで、四隅に向かって急速に形が変化します。

F2まで絞ると、像高5割までは円形に近い形状へ改善。F2.8まで絞ると、四隅の端を除いて口径食はほぼ解消します。F4で四隅まで問題なくなります。

絞り羽根は9枚の円形絞りですが、11枚羽根・13枚羽根のレンズと比べると角ばりが少し目立ちます。

無限遠(前ボケ)はさらに口径食が大きくなります。さらに球面収差の補正が完璧ではなく、玉ボケの縁取りも強いので注意が必要。特に四隅のボケは騒がしくなる可能性あり。

実写で確認2

前後で画角が異なるのはフォーカスブリージングのため。接近時は画角が少し狭くなり、無限遠側では画角が少し広くなる模様。無限遠時における四隅の口径食が強く見えるのはこのためか?

玉ボケを確認してみると、前後のボケで描写に僅かな違いが見られます。前述したように、球面収差の補正が完璧では無いのが原因だと思われます。

撮影距離によって玉ボケの描写にムラがある点にも注意が必要。後ボケは小ボケ領域以外がとても滑らかに描写されるのに対し、前ボケは縁取りが非常に強くなります。(以下の作例は中央をクロップしています。口径食の作例ではないので注意)

作例

柔らかい後ボケは必見

肯定的見解

ココがポイント

  • 前後の違いが少ないニュートラルな小ボケ
  • 四隅のボケが荒れにくい
  • とても柔らかい背景の大ボケ
  • 少し絞ると口径食が緩和

軸上色収差が完璧に補正されていないのは残念ですが、実写で酷く目立つシーンは少ない。小ボケ領域は球面収差を良く抑えたニュートラルな描写。ボケ量が大きくなると、後ボケと前ボケの描写に差が出始め、軸上色収差の影響を覆い隠してしまう非常に滑らかな後ボケを堪能できます。

逆に前景の大ボケは硬調で、色ずれも目立ってしまいますが、そのように前景をフレームに入れるシーンはそこまで多くないはず。

口径食は目立ちますが、85mm F1.4としては平均的な口径食に見えます。四隅でも過度に荒れた描写とならないので使いやすい印象。

批判的見解

ココに注意

  • 軸上色収差の影響あり
  • F1.4としては一般的な目立つ口径食
  • 9枚絞りの形状が見えやすい
  • 前景の大ボケに強い縁取りが発生

気を付けたいのは小ボケ領域の軸上色収差。全身ポートレートのような距離感だと、小ボケ領域が増えるので色収差が目立ちやすい可能性あり。その場合はF1.8やF2まで絞って使うと緩和できます。

今回のレビューで見てきた通り、前景の大ボケは縁取りが強く2線ボケに繋がる可能性が有ります。

総合評価

管理人
満足度は95点。
若干、癖のある使い勝手ですが、個人的には高く評価したい味付け。特に柔らかい後ボケは必見で、この描写のためにこのレンズを買うのは大いにありだと思います。これで軸上色収差が抑えられていれば、シグマ85mm F1.4 DG DNよりも好みのボケ描写。

購入早見表

AF 85mm F1.4 RF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Lens Station キヤノンRF用
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER